錦秋の南アルプス林道から甲斐駒へ
  (北沢峠〜仙水小屋(泊)〜駒津峰〜甲斐駒ケ岳〜駒津峰〜二子山〜北沢峠)




駒津峰から
後ろは仙丈ケ岳


甲斐駒ケ岳

●場 所 山梨県
●標高 駒津峰2752m  甲斐駒ケ岳2967m
●山行日 1992年10月17日〜10月18日
●コース 北沢峠〜仙水小屋〜仙水峠〜駒津峰〜甲斐駒ケ岳〜駒津峰〜二子山〜北沢峠
●多治見から
  登山口まで
JR多治見駅=戸台口⇒北沢峠(登山口)
※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ⇔その他
●参加者 伊東、佐藤、犬飼、丹羽
●コースタイム 1日目 10月17日(土)
JR多治見駅
戸台口バス停
北沢峠
仙水小屋(泊)
11:20発
14:10発

15:05
15:43着
2日目 10月18日(日)
仙水小屋
仙水峠
朝食
駒津峰
甲斐駒ケ岳
駒津峰
二子山
北沢峠
5:15発
5:45
6:55〜7:50
8:05〜8:10
9:30〜10:10
11:10
・・・
12:35〜12:50
   周辺地図はこちら


  1日目 10月17日(土)

仙水小屋で自炊泊

11時の約束に遅れそうになって慌ててバス停へ向かうと、すぐそばに佐藤車。
ありがたい!

JR多治見駅11:11着の列車で、伊東さん、犬飼さんが下車。
佐藤車で、11:20多治見駅発。

中央高速はまあまあの混みかげん。2時間ちょっとで、戸台口のバス停に着く。
14:10発。今年2回目のバス。一番前の特等席に座れる。ラッキー。

林道沿いの谷も、向かい の山も、紅葉真っ盛り
陽に映え、鮮やかな色とりどり!
黄色が多めの中に、ちらほらと赤色が混じり、緑 も競って豪華そのもの

「きれい!」「いいねえ!」「仕事をサボってきた甲斐があった!」等々、何度も言い合う。

何といっても、一番前の席だったことがいい。
紅葉の洪水がぐんぐん、ぐんぐん押し迫って来る。
それも谷側の席だったことがまたいい。
前を見、上を見、谷を覗き見れる のでまたいい。
(バスを降りてからもきれいだったが、人工の堰堤が邪魔でシャッタ ーチャンスがなく35分で仙水小屋へ着いてしまったし、帰りのバスは、特等席に座れなかったのでイマイチだったし、朝はまだ暗いうちから歩き始めたし、上のほうは葉がないしで、会心作ができなかったことが残念。)

北沢峠に、15:05着。

広河原に向かって少し歩いてから、左側の細い道へ入る。 すぐにキャンプ場

河原に色とりどりのテントが張ってある。
ここなら水も豊富で 最適の場。
(しかし、仙水小屋のトイレは水洗だったから大丈夫か?と今になって思う。)

そして、北沢長衛小屋へ。
この小屋は、150人の大所帯。

川の上流に向かって右側の登山道を緩やかに登り、堰堤を何度も越え、左側に渡り、 右に渡ればもう仙水小屋に着。(40分のところ33分で着。) 15:43。

水力発電用の施設があり、冷歳庫も、生ビールもあるのには驚いた。

そのうえ、夕食は、ステーキに刺身だというニュースも囁かれた。

宿泊手続きは、名前も書かず、代金を支払っただけでOKにも驚く。

    
      仙水小屋で夕食の準備

小屋の前のテラスに陣取りすぐ夕食の用意
水は竹筒から流れるまま。
「小仙丈」を眺め、明日登る山の稜線を見上げ、紅葉に包まれての食事は最高。

犬飼さんが用意したしゃぶしゃぶと、40分ぐらいならと思って持ち上げたビールの大缶で乾杯!

陽が入ると、とたんに寒くなってきたので、しゃぶしゃぶがなくなり、小屋番さんに呼ばれたのをしおに小屋の中へ入ることにする。

工事現場で使うような2階建てのプレハブで、布団割りはもう終わっていて、3枚の布団に4人という具合。

同室は、埼玉の8人グループと若者の3人グループ。

マットレスの上に毛布1枚を敷き、上からもう1枚の毛布を掛けるという寸法。
(夜中暑くてセ一夕ーを脱ぎ、靴下を脱ぐほどの暑さだったが、他の二人にとっては寒かったらしい。
山小屋シーツの有無の違いか?)

19:00の消灯。

それまで、佐藤さん持参のウイスキーをお湯割りにしてダベリ ング。(佐藤さんは、ビール大缶+普通缶一+ウイスキーのせいか翌日足が重くて喉が乾いて仕方が無かったらしい。それでも、コースタイムは遅れるどころか早くなって いるところのほうが多いので、中高年も捨てたものじゃないと言い合う。)

雪は全然なく、暑いくらいの気温なので(北岳だけはあると、電話での情報)、駒ケ岳に登ることにして就寝。

 
  2日目 10月18日(日)

下山は二子山経由で

朝、8人グループの起きる気配で目を覚まし、我々も身支度を整え、まだ外は暗いが出発。5:15。

空は雲が多いけれど月も星も見える。
ランプをつけ、下を照らし、周りを照らし(道標の見落としがないよう)て登る。

右にも左にも道がありそうなところを勘で進む。
石にペンキの矢印があったり、紐 が木にぶら下がっていたりするとほっとする。

樹林帯を通り、石ごろごろを通り(暗くて踏み跡がわからなくてケルンだけを頼りに登る。)、そろそろ30分になる頃、仙水峠に着。5:45。

ぱあ〜っと視界が開け、日の出もまじかで空は茜色。

左上方の目の前にどーんと、岩ごつごつの猛々しい山が覆いかぶさってくる。

魔利支天とその向こうの甲斐駒である。
ここからはかなりの急登。朝早くの急登は息切れがしてつらい。

若者の団体を先に通し、ゆっくりゆっくり登る。
そのうちに陽も上がったらしく木洩れ日がちらちらと 見える。
30分たった頃、佐藤さんより「休憩」の声が掛かる。
喉が乾いてしょうがないとのこと。多分、昨日のアルコールのせい。6:20〜65:25。

また30分ほどたった頃、「おなかが空いてしょうがない」の声で、朝食とする。
野菜入りカラーメンを食べ、コーヒーを飲み、水を軽くする。

後ろを振り返ると、白い雪の見える北岳・間の岳、それに富士山も。

鳳凰三山、そして少し離れて仙丈も。

這い松が出始めて暫くして駒津峰頂上着。8:05〜8:10。

  
             駒津峰から  後ろは仙丈ケ岳
  
甲斐駒がますます大きくなって迫って来る。

  
    駒ヶ岳への直登コース

ここから、一度下って、登って、下って、右へ巻いて頂上へと、ルートがはっきりわかる。

直登をしている人も赤い点のように見える。

ガイドブックには、雪のある時以外は巻き道をと勧めているので直登をさける。

六方石の分岐から右へ、花崗岩の白ザレの道をトラバースして、魔利支天との分岐からはジグザグに稜線まで登って行く。

佐藤さんがえらそうなので水飲み休憩やジュース休憩を取る。

黒戸尾根からの道と合流してすぐ、甲斐駒頂上着。9:30。
朝食1時間を除けば、3時間のところを2:45で来ている。
  
頂上には祠もあり、ちょっとした広場もある。
快晴。空は真っ青360度ぐるりが全部見える。
富士山、鳳凰三山、北岳、 問の岳、仙丈、御岳、中央アルプス、北アルプス、八ヶ岳

  
            駒ヶ岳山頂

  
         駒ヶ岳山頂から八ヶ岳を望む  1週間前に登っている

  
         駒ヶ岳山頂から北岳を望む

ゆっくりのんびりしてから下山。10:10発。

駒津峰までは安全を考えて元の道を下ることにする。
峠から偉大に見えた魔利支天も、「駒」の頂上から見れば低い山にしか見えず、通過しても何の心残りもない。

駒津峰11:10着。
  
こんなに早いのなら、もしかして前のバスに乗れるかも?と、伊東さんに時刻を調べてもらう。
13:30にある。
ここからの下山は、2:00とも1:30とも、どちらもガイドブックには書いてある。

13:30とすれば今から出発してぎりぎりの時間。
よし、出発。11:20。

双子山の軽い登りも難無く通過して、後は下るだけ。
なんと、バス停に12:35着。

12:50発。(お客が多いので定時より早く何台もバスを出しているらしい)

戸台口では、思わぬハプニング。「車にランプが点いていた」との紙が置いてある。
近くの人や、バスの運転手さんなどに手伝って貰って無事帰ることができた。

  山行記録(1991年〜1995年)へ戻る

  トップページへ戻る