八本歯のコルから
                            北 岳              
     (広河原〜二俣〜八本歯のコル〜北岳〜肩の小屋〜二俣〜広河原)



北岳頂上

ぐるり・ばっちり見える





●場 所 山梨県南アルプス市
●標高 北岳  3192.4m
●山行日 1996年9月14日〜9月15日
●コース 広河原〜二俣〜八本歯のコル〜北岳山荘(泊)
〜北岳〜肩の小屋〜二俣〜広河原
●多治見から
    登山口まで
多治見IC=韮崎IC=広河原(P)
※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス
●参加者 丹羽 早川 佐藤本 水の裕 久保
●コースタイム 1日目 9月14日
多治見発
広河原(P)
迂回地点
二俣手前
八本歯のコル
北岳山荘
4:00
8:10
9:50〜10:00
10:48〜11:00
13:55〜14:05
15:30
2日目 9月15日
北岳山荘
北岳
肩の小屋
分岐
二俣
広河原山荘
広河原(P)
6:15発
7:30〜7:50
8:15〜8:30
8:50〜9:00
9:55〜10:20
12:45〜13:00
13:20着
地図はこちら


1日目 9月14日

このページの始めに戻る 1日目 2日目

雨の中、南アルプスへ

佐藤さんから北岳へ行かないかとのお誘い。
5人乗れると聞きあちこち電話をかけて誘う。
天気予報は1日目雨、2日目曇り時々晴れ・・・・だと。

起きてみるとやっぱり雨。駒ヶ根SAで朝食。
韮崎ICで下りてから、今度は間違えることなくスムーズに南アルプス林道に入る。
2ヶ月置いてまた南アルプスに来れるとは嬉しいな。


夜叉神峠からのくねくね道は雨のせいで余計気が抜けない。
が、早朝のためすれ違う車がなく無事に駐車場に着、8:10。



既に駐車場は満車

駐車場はほぼ満車。(帰ってきたら4倍くらいに増えていた)
雨の中で準備を整え、8:40発。
早川さんは長靴で。登山靴も持っていると。



大樺沢沿いにを登る

白根御池小屋の分岐で衣服調節をする。
何しろ暑いので、私は雨具の上を脱ぎ傘をさすことにする。
大樺沢沿いに緩く登っていく。
トモエソウ・ノコンギク・コウシンヤマハッカ・サラシナショウマ
などの秋の花がいっぱい咲いている。



沢の水もゴーゴーと流れ、川のような登山道をざぶざぶと何度も渡り歩いてガレのところに出る。
雨は止んだり、霧雨になったりするので傘を閉じたり開いたりして歩く。
ここから対岸に渡って一山越えて迂回しなければならない。
トリカブトは種、アキノキリンソウくらいしか咲いていない。


迂回して旧の登山道へ合流する急な下りはよく整備されていて、ザイルも付いている。
以前のようにずるずると滑り降りることはない。


ここからはじめっとした薄暗い樹林帯に入る。
沢沿いの明るい花の多い道に出るとほっとして気分も明るくなる。



二俣からは初めての道

二俣に近づくと、上のほうに真っ白な雪渓が見え始める。
水野さんの口数が少なくなってきたし、
花の話をしても返事が返ってこないし、
下ばかり向いているので辛そうだな・・・と分かる。休憩を取る。
ミソガワソウ・タカネグンナイフウロ・タカネナデシコ・ヤマフホタルブクロがまだ咲いている。



しんどそうな2人・・・スピードを落とす

ここからは未踏の地。八本歯のコルに向かって左岸を進む。
久保さんの顔の血の気がなく、しんどそう。高度障害かも。
休憩を取り、荷物を分けて持ち、スピードをさらに落とす。
「付いていこうと思わないで自分のスピードで歩いてね」と言って、2番手にきてもらう。
ゆっくりではあるが花に目をやる余裕があるので大丈夫。


ジグザグの道になり、傾斜もだんだんきつくなってくる。
今度は水野さんがしんどそう。
久保さんが元気になってきたので荷物を返し、今度は水野さんの荷物を持つ。
沢を渡り、また渡り返して、ジグザグに詰めていき、やっと右へ入る道に取り付く。



梯子・梯子・梯子

梯子の登場。早川さんはいくつ出てくるか数えると。(20までは確かにあった
ナナカマドの葉が紅葉し始めており、霧雨が葉っぱについて銀色に光り美しい光景。


後から後から出てくる梯子にいいかげん飽きてきた頃、やっとコルに出る。
天候がよければ素晴らしい景色だろうなあ・・・・と想像するのみ。
ここからも梯子と大岩を登って、北岳への分岐に出る。



やっと楽な下りになる

ここからトラバース道。下りの楽なこと〜。水野さんも言葉が出るようになってきた。
岩場や左の急斜面で気は抜けないが、草紅葉が美しい
シナノキンバイ・ヤナギラン・ハハコヨモギ・キタダケトリカブト・ベンケイソウ(赤い色)などを見つける。

ガスで周りの景色が見えないと先が見えないので道のりが遠く感じられる。
尾根へ出れば分かりやすいかと思い、道を代える。
ウラシマツツジの紅葉が見事。予想はあたり、山荘がガスの合間にちらと見えた。
15:30、着。



献立はしゃぶしゃぶ

入り口の左に濡れたものの水切り場。
早川さんは寒さを訴えるので着替えを勧める。
布団あり・食事無しの手続きをする。


水切り場の奥が自炊場。早速場所の確保。
久保さんは手の先が痺れるという。指先も冷たい。
たぶん雨に濡れて冷えたからだろう。着替えを勧めても断るので手袋を貸す。
食べれば暖かくなるので急いで支度をする。
献立はしゃぶしゃぶ。みんな少食なのかお肉と野菜が残る。
お肉に火を通しておいて、自炊道具は自炊場の片隅に置いておき、寝室へ。



ふわふわ布団と毛布でぽかぽか

はじめのうちは1枚の布団に2人だったが、
しばらくして放送で1人ずつで良いとあったのでゆっくりできる。
お布団もふわふわ。毛布もふわふわが3枚ずつ。快適。
(夜中ぽかぽか暖かいのでズボンも靴下も脱ぐ)


女性は早々と就寝。



2日目 9月15日

このページの始めに戻る 1日目 2日目


朝、山荘の横から見る
雲海と富士山




天気が良い!!

早朝外へ出てみると、満天の星。天の川もはっきり分かる。

朝食は、雑炊・味噌汁・ポテトサラダ。
昨日残ったお肉はおかずにする。
終わりかけた頃、日の出。ちょっと置いておいて見に行く。


富士山も雲海も御来光もみ〜んなきれい。
6:15、発。

防寒具は必需品

稜線伝いなので涼しい。寒い人は1枚羽織る。

ウラシマツツジの紅葉がきれい。すれ違った女性パーティーから、
向こう側の方がもっときれいだと聞かされ、胸が躍る。


休憩時にはフリースがないと寒いほど。
耳が痛いと久保さん。フリースの帽子を貸す。



展望良し・・・

頂上、7:30着。
富士山・鳳凰三山・甲斐駒・仙丈・槍など、ぐるり・ばっちり見える


下山、7:50発。肩の小屋に来ると、鳳凰三山が低くなって、
仙丈がどっしりと大きくなってきた。




素敵なウラシマツツジの紅葉
本当に真っ赤

後ろは鳳凰三山
オベリスクも見える




ウラシマツツジの真っ赤な絨毯

小太郎尾根まではなるほど、ウラシマツツジの饗宴
バックを地蔵岳のオベリスクに合わせ、手前にウラシマツツジを持ってきて写真を撮る。


続々と登山者の列。


二俣までの道は、もうちょっと早ければ花・花・花だったろうが
今では、アザミとタイツリオウギの実とリンドウくらい。




北岳をバックにウラシマツツジを入れる

今日は北岳山荘は混みそう・・・

快晴で雲一つなし。下る身は気持ちいいが、登る身になれば暑くてバテそうな陽気。


二俣でお湯を沸かし温かい飲み物をおなかに入れゆっくり休む。
9:55〜10:20。


まだまだ登山者は続々と北岳を目指す。



名残惜しい・・・が、下山

昨日雨の中涼しく登って小屋も空いていて、
今朝こんな快晴に恵まれるのも最高な登り方だったかも・・・と話し合う。

昨日歩いた大樺沢沿いの道を味わって歩く。
昨日ほどではないが、しぶきを上げて流れる沢、
登山道を川のように流れる水、ノコンギクの群生。
それらとも分かれて広河原山荘に着、12:45。


帰りの車道にはトンネルの手前の道まで駐車してある。
村営の温泉で汗を流し、そばをおなかに入れて帰る。



このページの始めに戻る 1日目 2日目


トップページへ戻る