新しいルートで30周年記念山行交流会
               国見岳(腰越峠経由)       
   (朝明キャンプ場〜腰越峠〜山岳寺跡〜国見岳〜根の平峠〜朝明キャンプ場)



入会以来はじめての大人数での山行

国見岳頂上で



●場 所 三重県菰野町
●標高 国見岳 1165.7m 
●山行日 1996年11月9日〜11月10日
●コース 朝明〜腰越峠〜山岳寺跡〜国見岳〜根の平峠
〜中峠〜ハト峰〜朝明
●多治見から
  登山口まで
多治見=朝明キャンプ場
※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス
●参加者 テント泊(浦本 丹羽 宮田 神戸 玉置 蓑田)
朝集合(中山秀 早川 水野裕 会員外1名) 
 
●コース
  タイム
前日 11月10日
多治見発
朝明キャンプ場
17:05
・・・・
 11月11日
朝明キャンプ場
山岳寺跡
国見岳
根の平峠
朝明キャンプ場
7:15発
9:25〜9:35
11:05〜11:20
12:15〜12:25
・・・・
地図はこちら


海外登山のトレーニング山行

30周年記念・海外登山のトレーニングが目的の山行。
入会以来始めて10人という大人数の参加者となった。

6人は前夜発、テント泊。4人は当日朝発の2部制。
17:05、車2台で出発。通勤ラッシュの間を縫って、朝明ヒュッテのテント場へ。
暗いので標識も見逃したらしく行き過ぎてしまった。
いつものバス道に戻ってからは、1本道なのでカーブだけに気をつけて走る。

テントの中で交流会

朝明ヒュッテのテント場に着。真っ暗の中、先着のテント数張りを避けて2つ張る。
エスパースの張り方なら分かるのでそちらを手伝う。
4人用と2人用の2張り。

大きいエスパースで交流会。6人入って満員
ビールと焼酎とおつまみで。11時頃就寝。

10人で出発

夜中パラパラと雨の音。川の音と風の音が耳に付く。
5:30、起床。雨は止んでいる。温かい飲み物とパンで朝食。
朝発の車が着いた。道路が空いていたからだと。

駐車場には大団体。彼らは鈴鹿7マウンテンのお客らしい。
目的地は釈迦・・・と聞いてほっとする。

登山口はどこ?

我々は、腰越峠経由の国見岳。まだ私が通ったことのないルート
リーダーに進言して決めたプラン。
しかし、登山口が分かり難い。
今まで何回もここにきているがそんな分岐に心当たりがない。

新しい地図を見たり標識を見たりして、やっと橋を渡ってすぐ右へ曲がるらしいと分かった。
「家族歩道」の標識しかない。
とうとう土地の人に聞く羽目。
川に沿って伊勢谷のほうへ進んでいくとやっと壊れた標識に「腰越峠」の文字。

い〜い道  お気に入りになりそう・・・

う〜ん、なかなか良い道。静かだし、谷沿いだし、紅葉もいいし
鈴鹿で好きな道の3本に入れようかと思うほど。

堰堤を登ろうとする時、リーダーから「落石に気をつけて〜」と声がかかる。
ついさっき崩れ落ちたような岩が散らばっている。

あまり人が入っていない

谷を渡り細い急登の道を、枝を掻き分け登る。
ぐんぐん登るので流れはずーっと下の方になった。

ジグザグに登っていく。一山越え、2山越えると涸れた谷に出る。
踏み跡もはっきりせず、テープも疎ら
探しながら、探しながら谷を登る。

腰越峠からいつもの国見尾根へ

急な坂を上ったところが腰越峠。伊勢湾がきらきら光って見える。

今度は「足元注意」地点をトラロープにつかまりながら
急坂を下りたり、滑るように下って山岳寺跡に着、9:25。

こんなに狭いところに寺が???と思われるような鞍部。風の通り道で寒い。
参詣の階段を下りると川を渡り、いつもの国見尾根への道と合流。

何度も来た道。ほかの9人は初めてだという。
ゆるぎ岩や藤内壁や石門などを案内しながら国見岳に着、11:05。

藪漕ぎをしながら下る

ここからの藪漕ぎはすごいしぬかるんでいる。
下って下っての連続で、根の平峠に着。
まだまだ藪が続く。

初めての水晶岳にも登り、中峠、金山、ハト峰を通って最後の下りに注意して林道へ。

やっと気が楽になっておしゃべりしながら駐車場へ。

新しい道を覚えた〜。

 山行記録(1996年〜2000年)へ戻る

 
トップページへ戻る