三度鳳凰三山へ
               地蔵〜観音〜薬師 
                  (青木鉱泉〜鳳凰小屋〜三山〜青木鉱泉)





観音岳頂上
この素敵な青空!!




●場 所 山梨県
●標高 地蔵岳   2764m      観音岳  2840m   
薬師岳   2780m
●山行日 1998年10月3日〜10月4日
●コース 青木鉱泉〜鳳凰小屋〜地蔵岳〜観音岳〜薬師岳
〜青木鉱泉
●多治見から
    登山口まで
多治見IC=韮崎IC=青木鉱泉
※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス
●参加者 丹羽 林 中山 佐藤
●コースタイム 1日目 10月3日
多治見発
韮崎IC
青木鉱泉
鳳凰の滝
鳳凰小屋
4:10
7:05
7:45〜8:03
11:15〜11:25
14:25
2日目 10月4日
鳳凰小屋
賽の河原
観音岳
薬師岳
青木鉱泉
5:40発
6:25
8:30
9:40
14:10着
地図はこちら


1日目 10月3日

今シーズン初のいい天気

早朝発なので、林さんは前日から泊まっている。
4:10発、空は嬉しい青空。今年の夏・秋は天候不順だったが、
今シーズン初のいい天気となった。


韮崎のICからは中山さんが青木鉱泉に電話して聞いておいたルートで無事に着。
ナイトー工場の中を通るなんて聞いておかなければ分からなかった。
舗装も無しのがたがた道。すれ違いも困難で「崩壊の危険」の看板もある。
運転に強い佐藤さんと一緒でよかった。



ドンドコ沢を登って滝見へ

青木鉱泉下の(P)、7:45着。すぐ鉱泉のおじさんから駐車料金の徴収。
8:03登山届を出してドンドコ沢ルートへ。
「川のほうへ下ったほうが山ルートより30分は早くなる」と聞いていたが、
何のことはない、工事中でキャタピラ跡のついている広くて暑さジリジリの道。あ〜あ。


堰堤を渡り、いつまでこんな工事中の広い道を歩くのかと
ゲンナリしていたらやっと山道に入った。
急な山肌をジグザグに登って上へ上へと忍の一字で足を出す。
細いトラバースのザレザレの道。岩場よりも嫌な下り気味のザレ。



ヤマブドウの色づいた葉っぱがびっしりと空を覆っている。
「実はない?」と中山さん。
青空をバックにじっと眺めているとぽちぽちと小さな丸い実が見える。
たくさんある〜。この実で作ったお酒はおいしいんだって。

トゲトゲの角のあるブナの実もたくさん落ちていて、中には三角の形をした種が入っている。



南精進の滝



滝の連続・・・

小さな滝・豊富な水量の滝と続いた後に、「南精進の滝」。
少し左に入り込んで滝見物。10:15〜10:20。
ドードーと流れる立派な滝。滝見の場所が狭いので交代に覗く。




鳳凰の滝



分岐に戻って今度は「鳳凰の滝」を目指す。
沢を渡った所からぐんぐん登り、また分岐にザックを置いて滝見に出かける。
う〜ん、良い眺め・・・。11:15〜11:25。



登りがきついのは白糸の滝をめざす時

分岐に戻り次は「白糸の滝」へ。
ここの登りが一番きつかった。やっと、「白糸の滝」に着。12:20〜12:25。



五色の滝



次は「五色の滝」へ。


北御室小屋跡は、いいところにあったが
今では朽ち倒れた小屋の残骸があるのみ。


沢沿いに登って14:25、鳳凰小屋に着。
きれいな小屋で水も豊富。テント場はさらさらの砂の上。良いテント場である。



ビール片手に自炊は楽しいな

手続きをして早速小屋の前のテーブルでビール。
暑いからと日陰を選んだがすぐ寒くなってフリースを着る。
ビールを飲みながらの夕食つくりも皆手馴れたもの。
献立はいつもと同じポテトサラダと干し大根の煮物、それにほうれん草ソーセージ。
山へ来て気のあった友人とビールを飲みながら食事を作るのって好きだなあ・・・。
ビールは流れる水の中に冷やしてあるので十分に冷たくておいしい。
寒くなってきてからは熱燗に切り替える。



食事を終え2階へ上がると、布団わりをするまでは布団は出さないように
と言われているらしく皆ゴザの上に寝転んだり座ったりしている。
疲れてここまで登ってきたお客を布団にも寝せずごろ寝をさせておくとは・・・。


そのうち夕食が始まったらしく、波が引くように下へ下りていってしまい
残ったのは数えるほどの人数。



南アルプスの小屋は待遇がちょっと・・・・

夕食が終わってから、布団敷きの采配をする小屋番さんが上がってきた。
ザックは階段の横へ、布団2枚に3人、掛け布団はなくシュラフが1枚ずつ、
それでも寒かったら毛布を使うように・・・と。
それも右半分が空いているのに左側に詰めて入れて
布団1人に1枚ではないとはいったいこの小屋どうなっているの!!



シュラフは湿っぽいと聞いたのでいっぺんに使う気がなくなり毛布だけにする。
夜中、「あわぶくたった煮え立った・・・」などと嬌声が聞こえてきた
消灯が8時といやに早いのは従業員の娯楽のためか??
と勘ぐってしまうほどの大声であった。



2日目 10月4日

木々が茜色に染まる・・・

4:00起床。自炊小屋に入って雑煮を作る。
手作りの草もちを冷凍庫から持ってきたがなかなかやわらかくならずこれは失敗だった。
やはり新しいお餅は早く煮える。


5:40発。樹林の中を歩いている時丁度朝日が出て、
モルゲンロート(茜色の朝日)で木々が赤く染まって神秘的な光景に出会った。
ほんのわずかな時間だけで茜色は終わってしまい、いつもの夜明けとなった。




地蔵岳のオベリスク前で

辛抱して着いた地蔵岳からは素晴らしい景色!

白ザレに出てからは丁度雪の上を歩くように
ザック、ザックと足を踏み出し稜線までは(賽の河原)辛抱・・・と思って黙々と足を出す。
中山さんは「頭痛と吐き気」の高度障害が出たらしく
遅れ始めたので、順序を変える。
少し休んでスピードを落としたら良くなったという。



賽の河原の岩の所から、北岳が・・・。岩の裏側から甲斐駒・仙丈が・・・はっきり見える。
6:55発。




鳳凰三山の稜線で
雪のように真っ白に見えるが
雪ではない


アカヌケ沢の頭からは、るんるんの稜線歩き
白砂青松」の言葉どおり真っ白な雪かと思うばかりの白砂。



コケモモ酒にしよう

途中で、コケモモの緑の葉っぱの中に
点々と赤い色の実を見つけてからは夢中になって採集をはじめる。


ダケカンバの葉っぱは台風のためもぎ取られたり傷ついたりで
美しい黄葉とはならずにどうやら秋は終わってしまうらしい。

るんるんと歩いて観音岳に着。8:30〜8:45。最高の景色。



あとは薬師だけ。薬師からは下山。
あまりにももったいないのでゆっくり休もうと提案。
丁度コケモモの実がびっしり付いているのを発見してしまった。
採集し始めると後から後からと目に入り止めることができなくなってしまった。
9:15〜9:35。まだまだあるが、そんなに取っちゃあ悪いからと止めることにする。



すぐ薬師に着。9:40。ここからは嬉しい初めての道。
林さんと中山さんはナナカマド酒を作るからと採集。



静かな道・・・だけど退屈

大きな岩の間を通って気持ちの良い黄葉の道を下る。
今度はシャクナゲの道に変わり、ついで薄暗い樹林の道へと変わっていく。
「難路」とあった道も山らしい静かな道で気に入ったが、
同じような景色が続くと退屈してくる。



「御座石」からも、代わり映えのしない、しかし静かな道をせっせと下る。
いつのまにか笹も出てきて、里も近い・・・
と思ったがなかなか里には出ない。
一度林道に出てからまた山道に入るが、沢はまだまだずっと下の方
いいかげん嫌になりながらどんどん下る。


やっと林道に出る。こういう道は足が痛くなる。
どこで沢を渡るのか??と思いながら歩いていくと、壊れかけた橋。
赤い大きな矢印もあるが、橋は安全なのか?なぜ立ち入り禁止になっているのか?
青木鉱泉への標識がないのはなぜか?と思い悩みながら
もう少し先まで林道を歩くことにする。
向こう側は昨日歩いた工事用道路。




川を渡ってショートカット

やっと青木鉱泉への標識を見つける。
「増水のときはもっと先の橋を渡るように・・・」の注意書きがある。
沢の様子を見に行き、梯子があり河原へ下りられる。飛び石伝いなら行ける・・・と判断。
ぐらつく石を避けながら「せいのっ!」で飛び移る。
林さんは片足水の中に入ってでも安全を取る。彼女らしい。


向こう岸に着くとすぐ青木鉱泉着。14:10。
入浴料金1100円は高すぎると思い、水で濡らしたタオルで体を拭いて済ませる。
せめてビールぐらいは・・・と壜ビールを頼む。お・い・し・い・・・・。




トップページへ戻る