黒部源流へ花好きの3人で
黒部五郎岳・三俣蓮華岳・雲ノ平 

1日目  7/27   自宅〜太郎平小屋



2日目
黒部五郎岳






3日目
三俣蓮華岳




●場 所 長野県
●標高 黒部五郎岳   2840m
●山行日 1998年7月27日〜7月30日
●コース 折立〜太郎平小屋〜黒部五郎岳〜黒部五郎小舎〜
三俣蓮華岳〜雲ノ平山荘〜薬師沢小屋〜太郎平小屋
〜折立
●多治見から
   登山口まで
多治見=高山=神岡=有峰湖=折立
※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス
●参加者 丹羽 中山恭 平野明
●コースタイム 1日目 7月27日(月)
多治見
朝食休憩
折立
三角点
太郎平小屋
3:30発
5:20〜5:50
8:45〜9:30
11:30
14:15着

2日目 7月28日(火)

太郎平小屋
北ノ俣岳
黒部五郎岳
黒部五郎小舎
5:25発
7:25〜7:40
11:10
13:50着

3日目 7月29日(水)

黒部五郎小舎
登りきったところで
三俣蓮華岳
テント場の水場で
登りきったところで
雲の平山荘
薬師沢小屋
5:50発
6:25〜6:35
8:00〜8:10
9:00〜9:10
10:50〜11:00
13:10〜13:15
16:20着


4日目 7月30日(木)

薬師沢小屋
太郎平小屋
折立登山口
5:45発
9:20〜9:30
13:00着〜13:40発
地図はこちら


気合いで熱が下がった?

出発の前々日、『風邪・熱・咳の為、行けれない』と平野さんからTEL。
そうか、なら、のんびり2人で行こうか・・・と1日目だけ自炊で、
2、3日目は小屋の食事でもいいか・・・と考えていたら、
前日またTELがあり、『熱が下がった』・・・と。

う〜ん、そうすると3人分か。またもとの計画に直して食料を買いに出かける。
その後のTELでも『行きたいです』・・・と。
『具合が悪ければ、太郎平小屋で待っていればいいわ』・・・ということで決定。



私としたことが・・・

朝、玉子焼きを焼いて、ささげの胡麻和えを作って、味噌汁用のお湯を沸かして・・・
と、メモどおりに動いて、3:15頃家を出発。

駐車場を3:30発。
ところが少し行ってからあれ?朝食用の荷物が足りない!・・・と気づく。
あわててUターンしてもらって駐車場に着くと、
荷物もだが、なんと車のライトに光るバイクのカギが見えた!!。

なんということ!戻ってよかった・・・とほっとする。
無事朝食用の荷物もカギも持って今度こそ出発。8分のロス。



有峰湖から折立へ

途中こぎれいなトイレあり・ベンチありの道の駅?で朝食。5:20〜5:50。

下呂、高山、平湯を通り、栃尾で左折して神岡方面へ。
今度は、双六谷の北ノ俣岳登山口方面へ右折して
大規模林道を通って有峰湖へ。

有料のトンネルを通ると、もうそこは富山県。8:05通過。

有峰湖の右側はまだ工事中らしく、ぐるりと左側を回らなければならない。


 中山さんが車酔い・・・

折立に8:45着。
運転を平野さんに代わってからカーブの連続で、どうも中山さんは車酔いしたらしい。
話しかけても返事が無いな・・・と思っていたら、やっぱり気分が悪かったらしい。
顔色も悪い。

少し休んでから・・・と思い、登山口へ向かう。
大勢の人でごった返しているところをぶらぶらする。


気分が良くなった所で出発

9:30、顔色の良くなった所で出発。
笹がきれいに刈ってあって明るい雰囲気。
アカモノの実がど〜っさり。緑色の葉っぱに赤色が映えて美しい。
マイヅルソウの実はメノウ風。
見慣れた風景の坂道を登っていく。


早めに休憩を取りながら太郎平小屋へ

@ 休憩  10:09〜10:15。中山さんの胃を気遣って早めに休憩を取る。
いつもはすぐ食味する彼女も、アカモノの実を「帰りに食べるわ・・・」といって我慢している。

A 10:55〜11:05。カレー味のパンを食べる。
初めての太郎坂ではここらあたりでへばっていたなあ・・・と思い出す。

三角点、11:35通過。大勢の人が休んでいる。ここから湿原になっていくはず。

B 小広場で休憩、12:00〜12:10。雨が降りそうなので雨具を上の方へと指示。
やっぱり降ってきた。雨具を着る。

C 休憩 12:50〜13:00。小雨になった。


湿原の花に会う

湿原のところは、イワショウブタテヤマリンドウがいっぱい。
敷石の道は歩きにくい。
木道は滑らないように・・・と気をつけて歩く。
池塘もこんなに水不足では乾いてしまっているのでは?と心配になるほど。

雨も止み、暑くなったので雨具を脱いでザックにかけて干しながら歩く。
もう少しで小屋・・・というところでまた雨
私は傘をさして歩き、2人はそのまま太郎小屋へ。14:15着。


多治見労山のパーティーに出会う

宿泊の手続きをしていると玉置さんに出会う。
「何時に着いたの?」と聞くと、「ばらばらで着いた」・・・という返事。へ〜え・・・。
彼らは我々とは反対周りで、ここから下山の予定。

部屋は蚕棚の2階。3人そろうように交渉する。OKが出る。
あと1人は男性。でも、布団1枚に1人だからいいか・・・。

中山さんは着替え。
平野さんと2人で大きいビールを買って、長谷川パーティーの個室に参上
女性3人がいて再会を喜ぶ。

大谷さんは薬師の登頂へ。長谷川さんはそこらを散歩中・・・だと。
平野さんと2人で「かんぱ〜い」。よく冷えたビールがおいしい。
そうこうするうちに中山さんも登場。
彼女は一口だけで今日は我慢。
あとの男性2人もそろってこれで全員集合の9人。


昼寝のあとは夕食つくり

朝が早かったので・・・と昼寝に帰る。
うつらうつらしていると夕方になり、おなかも空いてきたので自炊室へ出向く。

昼寝をしたあとは頭もすっきり。
自炊室は畳敷きの広い部屋。おまけに蛇口から水が出て使いたい放題。
流しもあり机もあるといった快適な部屋


中山さんのおなかも心配したほどではなく
あっさり焼きにした、いつものベジタブルステーキと
ほうれんそう入りのソーセージもおなかに収まったらしい
それにひじきの簡単煮物も。

中山さんのおなかを考えてお粥にする。
暖かくていい・・と好評。


自炊室で寝るパーティーもいる

隣に男性パーティーが来たので机を半分譲る。
彼らは折立から入山して槍ヶ岳まで行くそうな。
遅く着いたのでこの自炊場が彼らの寝室になるとか。
いいねえ、広くて・・・とうらやむ。

「私達は明日4:00に来ますが」・・・と断って、お先に失礼する。
明日の天気予報を見ると、「午前10%、午後40%の降水確率」


夜中じゅう、雨の音に悩まされる。



次のページへ

トップページへ戻る