体力と気力充実の南アルプス大縦走
広河原〜光岳〜畑薙ダム
  (広河原〜間ノ岳〜塩見岳〜荒川岳〜赤石岳〜聖岳〜茶臼岳〜光岳〜畑薙ダム)


1日目(自宅〜広河原山荘)
2日目
広河原山荘〜北岳山荘)


1・2日目 3・4日目 5・6日目 7・8日目 9・10日目


1日目
多治見〜甲府〜広河原


2日目
北岳山荘へ
雨の中北岳山荘へ
カメラを取り出す気も薄れる



3日目
間ノ岳〜熊ノ平小屋へ

熊ノ平小屋手前
マルバダケブキの群生



4日目
塩見岳〜三伏峠へ

塩見岳西峰より
東峰を振り返る


5日目
荒川中岳〜荒川小屋へ

崩壊の激しい荒川前岳(奥の山)
やっと登りついたピークより



6日目
赤石岳〜百間洞山ノ家

雨・ガス・強風の中黙々と歩く


7日目
聖岳〜聖平小屋へ

兎岳から聖岳へ続く道


8日目
茶臼岳〜光小屋へ

雨の中、湿っぽい道を光小屋へ


9日目
光岳〜横窪沢小屋へ

雨、とうとう稜線を離れる


10日目
畑薙ダムへ
 延々250kmを家まで送ってもらう
●場 所 山梨県・静岡県
●標高 北岳   3192m   間ノ岳   3198m
塩見岳  3047m  荒川岳   3083m
赤石岳  3120m  聖岳    3013m
茶臼岳  2604m  光岳    2591m
●山行日 1999年7月20日〜7月29日
●コース  (広河原〜北岳山荘〜間ノ岳〜塩見岳〜荒川岳〜
    赤石岳〜聖岳〜茶臼岳〜光岳〜畑薙ダム)
●多治見から
   登山口まで
多治見駅ー甲府⇒広河原
※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス
●参加者 丹羽
●コースタイム 1日目 7月20日(火)
広河原山荘で泊
多治見
甲府
広河原
10:22
13:59着〜14:05発
16:00頃着

2日目 7月21日(水)

八本歯のコル〜北岳山荘へ
広河原山荘
北岳山荘
4:40発
11:15着

3日目 7月22日(木)

間ノ岳〜熊ノ平小屋へ
北岳山荘
間ノ岳
熊ノ平小屋
5:00発
6:30着
11:55着

4日目 7月23日(金)
塩見岳〜三伏峠へ
熊ノ平小屋
塩見岳
三伏峠小屋
5:08発
9:25着
14:20着

5日目 7月24日(土)
荒川中岳〜荒川小屋へ
三伏峠小屋
荒川中岳
荒川小屋
4:55発
13:10着
14:25着

6日目 7月25日(日)
赤石岳〜百間洞山ノ家へ
荒川小屋
赤石岳
百間洞山ノ家
5:55発
8:20着
10:35着

7日目 7月26日(月)
聖岳〜聖平小屋へ
百間洞山ノ家
聖岳
聖平小屋
5:00発
10:00着
13:15着

8日目 7月27日(火)
茶臼岳〜光小屋へ
聖平小屋
茶臼岳
光小屋
4:45発
8:20着

13:10着

9日目 7月28日(水)
光岳〜横窪沢小屋へ
光小屋
光岳
横窪沢小屋
5:20発
5:32着
12:00着

10日目 7月29日(木)
畑薙ダムへ下山 お迎えの車で帰宅
横窪沢小屋
畑薙ダム
自宅
5:00発
8:35着

22:00頃着

北岳〜農鳥付近の地図はこちら

塩見岳〜赤石岳付近の地図はこちら

茶臼岳〜光岳付近の地図はこちら


1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 8日目 9日目 10日目


ついでにぐるっと周ってしまおう


南アルプスは遠い。稜線へ出るまでに長い。降りてくるのにも長い。
それならいっそ
、縦走してしまおうと決める。
どこから入山するのがいいかと考え悩んだが、広河原からが便利。
数回来ているので様子がわかっている。
ここからず〜っと、光岳まで行ってしまおうと決める。帰りは静岡へ下山。



何冊ものガイドブック、登山地図、電車やバスの時刻、山小屋の情報などを集める。
もしかしてのエスケープルートも考えて、ルート概要も手書きで書く。
1枚で足らず4枚となった。
ツエルト・ガス・コンロ・コッフェルも持ち、万が一に備えた
無線よりも携帯の方がいいかと中山さんからドコモも借りた。



1日目 7月20日(火)

半日かかって登山口へ

特急「しなの」を使ってトントンと調子よく行っても、広河原山荘へ着くまでに半日かかる。
朝早く立ちたいので、どうしても前日までには登山口に着いていたかった。



2日目 7月21日(木)

また、花の山北岳へ

ここの食事は早い。4:00には始まり、4:40には出発できるので有り難い。
外は小雨。まだ薄暗い樹林に足を踏み入れる。北岳へは何度来ただろう。
何度来ても胸がときめく。どんな花に会えるかと・・・。


5:25〜5:30。青空が少しのぞき始めた。




センジュガンピ
朝早いので
こんなに暗くなってしまう




センジュガンピ・オニシモツケ・ヤマホタルブクロ・ミヤマハナシノブ
・タカネグンナイフウロ・クサボタン・バイカウツギ(コレハイッパイアッタ)・
タニウツギ・クガイソウ・イブキトラノオ・イボタノキ・タマガワホトトギス・
キツリフネソウ・カイタカラコウ
など次から次へと花が出てきて嬉しくなる。



ガレ場からは、クルマユリ・サンカヨウの実・オニシモツケと変わってくる。


迂回した右岸から左岸へ渡る川には、今回水が少ない。
雨が強くなってきた。二俣の手前の樹林帯で雨具の上下を着る
ここらには、ミヤマハナシノブ・ミソガワソウ・カザグルマ・カラマツソウ・
ミヤマガラシ
などの花が咲いている。



二俣に着、7:05〜7:15。対岸にトイレが新設され、モーターの音が聞こえてくる。
雪渓は小さくなっていて、アイゼンの出番はなし。
二俣からはきれいなお花畑になっていて、今までになかった花が
急に現れた・・・・といった感じ。


ミヤマハナシノブやミヤマガラシの他に、タカネナデシコ・ヨツバシオガマ・
イワオウギ・ミヤママンネングサ・ミヤマオダマキ・キバナシャクナゲ
などに会う。


7合目に8:10〜8:15。


9:00〜9:10、階段を上って尾根に出たところで休憩。
ミヤマキンポウゲ・シナノキンバイ・オクモミジハグマなどの花を見つける。
前回着たときよりしっかりした新しい梯子になっている。


9:35、八本歯のコル通過。タカネビランジはないかと探しながら歩く。
あった、あった。しかしまだつぼみは固い。
稜線は風もそれほど強くなくてほっと一安心。
大きな岩の頭をたどる所も、雨で滑るかと思ったがそれほどでもない。



10:05〜10:10。北岳山頂とトラバース道の分岐で。
雨の中、ガスの中、強風の中、頂上へ行っても仕方ないか・・と思ってパス。



ハハコヨモギ
銀色に見えるのでよく目立つ
ガスの中でぼんやり写った




キンロバイ
北岳には多い


トラバース道は、梯子や橋がしっかりとかけなおされていて
不安感などなし。


キンロバイ・ミヤマオダマキ・ハクサンイチゲ・キバナシャクナゲ・
コイワカガミ・ツマトリソウ・ゴゼンタチバナ・シコタンハコベ・クロユリ・
ハゴモロソウ・ハハコヨモギ・ミヤマクワガタソウ(蕾)・ミヤマキンバイ・
ミヤマキンポウゲ・オヤマノエンドウ・ミヤマシオガマ・ムカゴトラノオ・
タカネヤハズハハコ・アオノツガザクラ・ツガザクラ・タカネクロヤギソウ・
コケモモ・イワオウギ・ミヤマムラサキ
などの花を見ながら、北岳山荘へ。



雨も止んできた。時々強い風の通り道もあったがトラバース道は
稜線よりも穏やか。北岳山荘に11:15着。ドコモは通じない。
雨具の乾燥室は前回より待遇が悪くなって、雨が吹き込むただの水きり場。
自炊室は前と同じ場所だが、半分水きりコーナーになっていて
狭くなっていた。



到着が早いので、明るいほうの部屋に通される。
時間つぶしのため、ストーブの前に陣取って、雨具や手袋を根気よく乾かす。
トイレは水不足のため時々使用禁止となる。そういう場合は外のトイレへ。


お客が多く、食事は3回戦まであるらしい。


明日の行動用のお茶を沸かしておく。


次へ

このページの始めに戻る

1・2日目 3・4日目 5・6日目 7・8日目 9・10日目


トップページへ戻る