ダブルストックと細身のわかんの威力
                        藤 原 岳 
                  (西藤原駅〜藤原山荘〜西藤原駅)




藤原山荘の前で

ほとんどの人はここから引き返す






●場 所 三重県藤原町
●標高 1165m
●山行日 2001年1月21日
●コース 西藤原駅〜大貝戸道〜山荘〜聖宝寺道〜
西藤原駅
●多治見から
    登山口まで
多治見駅ー名古屋駅ー富田駅ー西藤原駅
※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス
●参加者 丹羽 中山 林 
●コースタイム
多治見駅
西藤原駅
山荘
水場
西藤原駅
6:42発
9:15頃発
12:10〜12:35
15:10
15:50〜16:10
地図はこちら


明日はきっと新雪を歩ける・・・

前日の土曜日、12時ころから降り出した雪はずっと降り続け、
見る見る間に10cmほど積もった。

翌日曜日の天気は晴れ!!

しばらく来ないうちに富田発の時刻が変わっていた。
いつもより15分ほど遅れて出発。


多治見より雪が少ない・・・

ラッセルができると喜んでいたが
藤原町の積雪は多治見より少なくがっくり!

雪の多い坂本谷は通行止め。
やむなく大貝戸道を登る計画。

8合目あたりまで泥と雪のミックス状態。
やっと8合目から真っ白な世界に入った。



藤原岳山荘から天狗岩方面へ



8合目から銀世界

8合目からは冬道を登って藤原岳山荘へ。

ここからわかんを着けて天狗岩方面へ進むと
誰も歩いていないふわふわ雪の世界。


しばらくそのあたりで遊んでから山荘へ戻る。




藤原岳山荘上から雪景色を楽しむ



幅の狭いわかんとダブルストックで楽々・・・

下りは聖宝寺へ下る。

合宿ならどの辺にテントを張ろうか?などと考えるが
適地がない。


6合目の上でアイゼンを採って下山。

今回藤づるで作られた昔の幅広いわかんは止めて
幅の狭いアルミのわかんを使ったが「なんて歩きやすいの!」
と、感動・・・

その上、また今回からダブルストックにしたが
これまた「何で楽なの!!」とダブルの感動だった。





トップページへ戻る