公開山行の下見・・・笹が伸びていて歩きにくい・・・
       ハライド〜国見岳


●場 所 三重県三重郡菰野町
●標高 1170m
●山行日 2003年10月5日
●コース 希望荘〜風越峠〜ハライド〜国見岳〜湯ノ山温泉バス停
●多治見から
    登山口まで
多治見ー名古屋ー四日市ー湯ノ山温泉Ж希望荘(登山口)
※ ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス Жタクシー 
●参加者 丹羽 守山 林 中山
●コースタイム
多治見駅
希望荘(登山口)
風越峠
南コブ
ハライド
国見岳
裏道登山口
湯ノ山温泉バス停
多治見駅
6:42発
8:55〜9:05
9:50〜10:00
10:25〜10:35
12:10〜12:25
14:05〜14:15
16:10着
16:44発
19:15着
地図はこちら


天候よし、風もなし

ちょっと変わった所で・・・と思い、ハライド〜国見岳縦走を公開山行とする。
結構ロングルートなので「健脚向き」とした。

下見は、前回と違って風もなく雨も降らない日となる。

湯ノ山温泉では、中日新聞主催の登山大会があって賑わっている。
そのせいか?タクシーがなかなか来ない。3〜4台待ってから乗り込む。

タクシーで約5分で登山口へ

希望荘までは1030円、玄関前に着いたが当日は登山口・・・と言おう。
9:05発。すぐ登山口。しばらく東海自然歩道を歩く。
今日は水が少なく貯水池は底が見えているし、渡渉地点も楽々通れる。

左に沢の音を聞きながら薄暗い樹林(ツバキが多い)を歩いて風越峠、9:50着。
今日は風も吹き上げない風越峠となった。10:00発。

道を失いやすいので要注意

守山さんがトップで分かりにくい所に注意しながら登る。
自然歩道で足慣らしをしてきたが、それでもこの登りはきつい。
25分間、あえいで南コブに着。休憩を取る。10:25〜10:35。

途中で道が消えた・・・が手分けして探す。
ついでに休憩(11:10〜11:20)。

笹の背が高くなり、下りは姿を見失いやすいので、
姿が見える距離で待つ・・・離れない・・・を鉄則にして歩く。
林さんのストックが消えた??ということもあったが笹に取られたらしい。
戻って探すと・・・あった〜。

ハライドからは分かりやすい

何度か分かりにくいところもあったがやっとハライドに着。12:10〜12:25。
遠くから「おーい」と声が聞こえてくるので応える。
どうやら正面の腰越峠からの登りにいる人達らしい・・・と分かった。
白い服がちらちら見えたから。

ここからの下りが前回分からなかった所。しかし、今日はガスもなく先が見えているので大丈夫。
少し下ってから左側に入っていく。後は道なりに下っていけば遭難碑に着。

何度も来ている道

さあ、これからが今日一番の長い登りが待っている。
守山さんのゆっくりした足取りのおかげで離れることなく揃って1081mピークへ。
ここがピークだ〜とは何の標識もないが多分この辺り・・・というところで休憩、13:15〜13:25。

根の平峠からの縦走路に出てからは、掘割のようなザレた登山道を登って、国見岳に14:05着。
岩の上に登る。見晴らしがい〜い。14:15発。ここからは裏道で下山。

道も乾いているが、ここで事故が起きたので気をつけて下る。
登山口に16:10着。直通のバスには乗れず。
いつものように「しまや」で反省会。
作りたての「ごまどうふ」をいただいてしまった〜
ラッキー〜




トップページへ戻る