キナバルに向けてトレーニング
国見尾根へ直登〜御在所岳中道


●場 所 三重県三重郡菰野町
●標高 1212m
●山行日 2003年9月15日
●コース 湯ノ山温泉バス停〜藤内小屋〜国見尾根〜国見峠〜中道経由で湯ノ山温泉バス停
●多治見から
    登山口まで
多治見ー名古屋ー四日市ー湯ノ山温泉⇒湯ノ山温泉バス停
※ ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス Жタクシー 
●参加者 丹羽 林 
●コースタイム
多治見駅
湯ノ山温泉バス停
日向小屋
藤内小屋
ピーク
国見峠
中道キレット
中道登山口
湯ノ山温泉バス停
6:42発
9:00発
9:30〜9:40
10:00通過
10:45〜10:55
12:00通過
13:15〜13:25
14:00
15:15発
地図はこちら


4000m登頂の前にトレーニングを

キナバルの前にトレーニング山行を計画
30周年の記念山行の際は、富士山に登ってトレーニングをしていた
誰でも登れる山とは言うものの、8月24日以来山へ登っていない

藤内小屋では、写真展を開いていた  10:00
初めて出会う企画である
鈴鹿と限らず、北アルプスの山も展示してあった
ざっと見て右折

初めての直登道で

立派な3枚の標識ができている
今日は前から気になっていた国見尾根直登を取る
積雪期の下見でもある
直登であるからきつい登りがいつまでも続く
もうそろそろいつもの岳不動経由の道と合流するか・・・と思ったがまだまだ・・・
ピークで休んだが、まだまだ合流点は先だった 10:45〜10:55

人の声がするな・・・と思ったらそこが合流点
たくさんの人が休憩している中を通り抜けていつもの国見尾根へ
ゆるぎ岩付近の風の来ない岩陰で休憩  11:35〜11:45

いつもの国見尾根より早い早い

さすが直登だけある  早い早い
何度も来ている国見岳頂上はパス
国見峠を12:00に通過  御在所岳頂上もパス
人の多いところは避け、中道に入ったところで休憩 12:10〜12:20

中道は久しぶりだと林さん
本谷を登ったと言う前の団体がキレットで休憩している間に追い抜く
後ろに近づいても「お先にどうぞ」とは言ってくれなかった関西のパーティー

以前にもましてザレがひどくなったのでは?と思いながら登山口へ
14:00に着いてしまった

もちろん「しまや」で反省会


 
 山行記録(2001年〜2005年)へ戻る

 トップページへ戻る