第15回 公開山行   鎌ケ岳
                       三ツ口谷〜頂上〜長石尾根





写真をクリックすると大きくなります


鎌ケ岳頂上  
お味噌汁とコーヒーでおなかも満腹
これから下山



●場 所 三重県三重郡菰野町
●標高 1161m
●山行日 2004年10月23日
●コース 三ツ口谷登山口〜三ツ口大滝〜武平峠からの稜線〜頂上〜長石尾根〜長石谷登山口
●多治見から
    登山口まで
多治見駅ー名古屋駅ー四日市駅ー近鉄湯の山温泉駅ー三交湯の山温泉バス停・・・三ツ口谷登山口
※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス
●参加者 丹羽 守山 高田 林昭 鶴賀 参加者4名   
●コースタイム
多治見駅
三交湯の山温泉バス停
三ツ口谷登山口
小滝(休憩)
長石尾根分岐(休憩)
頂上
長石尾根の途中で休憩
長石谷登山口
バス停
直通バス
6:41発
9:00〜9:10
9:40〜9:50
10:15〜10:25
11:15〜11:25
12:20〜13:05
13:50〜14:00
15:05
15:35
16:15乗車
地図はこちら


9名で出発

今回の参加申し込みは、5名。
4名は女性。1名は男性。
多治見広報と朝日新聞の記事を見た人からの申し込み。
多治見市以外から4名。
多治見市在住のお友達・・・という関係や大垣からも。

残念なことに、今回の山行のトレーニングをしていて怪我をされ中止した人もいて
結局、一般参加者は4名。


会員は5名。
装備や任務を分担して、電車に乗り込む。

山行湯の山温泉駅で、大垣から車で来られた参加者(男性)と合流して登山口へ。



堰堤の上の小滝

1週間前の下見のときは
ダイモンジソウが
きれいに咲いていたのに
今日はもうほとんど終わっていた


同じく、堰堤の上の小滝

登山口では
注意事項や体操をしていたので
ゆっくりできなかった

家を朝早く出かけているので
おなかも空いてきた



三ツ口大滝

下見のときより水量が多い

ここからの急登も
変化があっていい・・・と好評



写真をクリックすると大きくなります
長石尾根への分岐の辺り
水際の休憩は気持ちがいい

歩いていると汗が流れるが
休憩時は風もあって寒い



やや渋く色づいた黄葉

他の登山者にも会うことなく
静かな山に浸れる

ここからはケルンをたどって進む



武平峠からの稜線に出た

御在所も、伊勢湾もきれいに見える
風が強く、帽子が飛ばされないように
気をつける
こんな風だとガスが使えないかも?

写真をクリックすると大きくなります
頂上は風もなく
予定通り味噌汁を作ってふるまう
お湯を持ってきているので
すぐできる
葱のいい匂いも嬉しい



サブリーダーの手さばきもよく
きれいに分けていただく

ガス2つ、コッフェル2つなので
手早くできる



鎌尾根方面の黄葉もなかなかいい



『しまや』は閉店・・・反省会できず

下りの急坂も、皆さん快調。
途中でトップを交代

ゆっくり確実な歩き方のトップだと
他のメンバーは疲れ知らずで歩ける

キレットで、おっとっと・・・
下り始めてしまう・・・というハプニングもあったが無事軌道修正。
トップの経験も積み重ねるうちに、上手くなってくるもの。


「しまや」でビールで反省会を・・・と思ったが、お店は閉店!!
やむなく、バス停で缶ビールで「かんぱ〜い」。

直通バスに乗り、眠っているうちに名古屋に着

解散式をして分かれる。
今回、7時間ほどの行動時間なので
『健脚向き』として募集したが、元気な人たちばかりだった。



トップページに戻る