アカヤシオのピンク色に染まって 
  馬の背尾根〜鎌ケ岳〜武平峠〜湯の山温泉









●場 所 三重県三重郡菰野町
●標高 1161m 
●山行日 2009年4月19日
●コース 馬の背尾根登山口・・・馬の背尾根・・・頂上・・武平峠・・・三ツ口谷分岐・・・三ツ口谷登山口・・・三交湯の山温泉バス停
●多治見から
  登山口まで
JR多治見駅ーJR名古屋駅ー近鉄四日市駅ー近鉄湯の山温泉駅=三交湯の山温泉バス停・・・馬の背尾根登山口(山岳寺)
 
※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス
●参加者 丹羽、林、守山
●コースタイム JR多治見駅
JR名古屋駅
近鉄湯の山温泉駅
三交湯の山温泉バス停

馬の背尾根登山口

頂上
武平峠

三口谷登山口
三交湯の山温泉バス停

5:53発
6:28〜6:51
8:07〜8:12
8:25〜8:30
8:40
12:25〜12:45
13:35〜13:45
14:55
15:30〜15:44
地図はこちら


登山口を過ぎるとイワカガミがあちこちに咲き始めた
(登るにつれ、蕾→葉っぱだけ・・・と
変わっていき、まだ2週間は楽しめそう)




シキミ

びっしりと花をつけている大きな木もあった
イワウチワ




コバノミツバツツジ
アカヤシオの花が落ちているな・・・と
思いながら登っていくと
だんだん見頃の木が増えてきた

頂上直下は蕾が多かった




アカヤシオ
アカヤシオと御在所岳山頂




アカヤシオ

見上げるような高い木ばかりだったが
これは、たまたま目の前に花が付いていた




アカヤシオ

じっくり中をのぞくことは、滅多にできないのだが
これは丁度うまく目の前に咲いていた




アカヤシオと青空
アカヤシオ
バックは御在所岳




山の斜面にアカヤシオがいっぱい!
どこまで行ってもアカヤシオ




馬の背尾根から見上げる鎌ケ岳とアカヤシオ
頂上を過ぎ、武平峠へ下る途中の
アカヤシオと鎌ケ岳




ゴヨウオウレン

既に種ができ始めていた





フデリンドウ




武平峠から下り始めるとすぐ
谷の様相が変わっていた

大きな木が横倒しになり
白々とした大きな岩がゴロゴロしていた

いったんスカイラインに上がると
左斜面から崩れ落ちた土砂や木々やコンクリートなどで
道路はあちこちで寸断され、登山道もなくなっていた

スカイラインを歩きながら
昔の登山道が残っていないか見下ろしていると
見覚えのある道とテープがあった

ガードレールをまたいで降り、歩いていくと
以前は小さな沢だったところが
大きくえぐれ前進できなくなっていた

やむなく、またスカイラインに戻り
またしばらく歩いて、登山道に降り・・・を
繰り返して三ツ口谷分岐に着いた

ここから三ツ口谷登山口までは
まあまあの道だった

長石谷や三ツ口谷、稲森谷はどうなっているだろう??
しばらく鈴鹿とはご無沙汰だったが
確かめに行かなくては・・・と思った





トップページに戻る