こんな素晴らしい紅葉に今度はいつ出会えるだろうか・・・
       紅葉・黄葉に染まって歩いた 志賀高原
              (高天原を起点にして、3泊4日の温泉連泊で志賀高原をあちこち歩く)


1日目 2日目 3日目 4日目


 1日目 6/7 周辺散策 「せせらぎコース」



高天ケ原バス停前のスキー場


志賀パークホテル


●場 所 長野県下高井郡山ノ内町 
群馬県吾妻郡嬬恋村
●標高 本白根山 2171m   岩菅山 2295.0m
寺子屋峰 2126.0m  東館山 2030m
横手山 2305m     高天ヶ原湿原 1700m 
田の原湿原 1610m  
●山行日 2011年10月11日(火)〜14日(金)
多治見から
  登山口まで
多治見駅ー名古屋駅=一宮IC=名神=中央道=長野道=上信越道=信州中野IC=R292=県道471=志賀高原「高天ケ原 志賀パークホテル」へ
※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機
●参加者 丹羽、他41名(クラブツーリズムのバスツアー)  但し、行動中は単独
●コースタイム 10/11 1日目
多治見駅
名古屋駅
高天ケ原ホテル
周辺散策

6:47発
7:30〜8:15
14:05着
2時間ほど
  
周辺地図はこちら
  ルート地図はこちら


名古屋から4時間弱で高天ケ原に到着

バスから眺める志賀高原の紅葉は
素晴らしい!の一言




志賀高原の地図を購入し
どこへ行こうか計画を立ててきた

1日目は、近場の「せせらぎコース」散策
部屋に荷物を置いてすぐ出かける

湿原を歩くコースだが、枯れた草ばかりで
今の時期、花は無し




花はないが、いろいろな紅葉・黄葉が美しい
カエデの仲間




ナナカマド




大きな葉っぱ




シラタマノキの実も、どっさり



「アカミノイヌツゲ」
木の札がかかっていた




ハナヒリノキ?




ミヤマシキミ




カエデの仲間



一の瀬からスキー場を突っ切り
林道を歩いていくと、
鮮やかな紅葉の道となった




眩しいほどの鮮やかさ!
スキー場では
オヤマリンドウの咲き残りにも出会った




陽がかげり始めたので引き返す





  次へ続く

  山行記録(2011年〜現在まで)へ戻る