何度アップダウンがあったことだろう・・・ 
   岩古谷(いわこや)山〜鞍掛山 




岩古谷山 山頂

急な階段や岩場を登るコースだった


●場 所 愛知県北設楽郡設楽町
●標高 岩古谷山 799m   鞍掛山 883m
●山行日 2011年4月3日(日)
●コース 堤石トンネル手前駐車スペース・・・登山口・・・岩古谷山・・・荒尾分岐・・・御殿岩・・・障子岩・・・塩津分岐・・・鞍掛山・・・塩津分岐・・・塩津:鞍掛山登山口・・・荒尾・・・和市・・・堤石トンネル手前駐車スペース
●多治見から
  登山口まで
多治見=瑞浪=岩村=上矢作=稲武=設楽町=和市=堤石トンネル手前駐車スペース・・・登山口まで約2分
 
※ ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス
●参加者 若尾良、丹羽、大川陽、西尾
●コースタイム 多治見        
堤石トンネル手前駐車スペース
岩古谷山 山頂

鞍掛山 山頂
塩津 鞍掛山登山口
堤石トンネル手前駐車スペース

5:30発
7:30〜7:45
8:25〜8:35
11:00〜11:15
12:10
13:45着

    周辺地図はこちら
      コース図はこちら
                        *青い線は登山道
                         *赤い線は車道
                       (縮小・拡大・移動ができます)


堤石トンネル
手前右側に登山口がある

トンネル近くには5台ほど駐車可能な駐車スペースがある


もっと手前の和市から堤石峠経由で登る登山口には
広い駐車場があった

堤石トンネルから登るコースの方が険しいそうなので
あえて、こちらを選んだ




こんな階段が延々と続く



大きな大きな岩が聳え立つ

岩の間を潜り抜けながら登る




電信棒ほどの太さの木の根っこ

岩が硬くて地面に潜れず、
土を探しながらどんどん伸びたのだろう・・・・が
話し合いの結果




幅の狭い石の階段

靴を斜めに置きながら登る




岩場・鎖場・・・こんな所が大好きな人ばかり



岩古谷山に到着
これから鞍掛山へ向かう




岩古谷山 山頂

後ろに形のいい山が見える・・・明神山か?




岩古谷山山頂からいくつものアップダウンが続く

1/25000地図に現れているだけでも13回!
小さなアップダウンまで含めるといくつあるのだろう




途中にあった分岐の標識
「荒尾集落」の文字





登りやすいように、凹みが作ってある岩場




どこまでも続く木の階段



「御殿岩」から、岩古谷山とここまで続く稜線が見える

「御殿岩」は、狭い岩場
先端まで交代に覗きに行く




同じく「御殿岩」から、
反対側の鞍掛山方面を望む




塩津への分岐
鞍掛山へ登った後、ここまで戻ってから
「塩津温泉」へ向かう




鞍掛山への最後の登り





鞍掛山山頂

展望なし
テーブルとベンチ、防火用水、
すぐ下に屋根つきの休憩舎があった

30分はゆっくり休むつもりだったが
寒くて15分で腰を上げる




塩津の鞍掛山登山口

稜線の分岐から、ザレた急な道をどんどん下った

ここから舗装された車道になる



前方の岩古谷山を目指してきれいな車道を歩く

スタート地点の駐車スペースまで、約1時間半かかった




 
 出会った花

アブラチャン?




アセビ




その他

ショウジョウバカマ

シロモジ

キブシ


キランソウ?






  山行記録(2011年〜現在まで)へ戻る