岐阜県連主催 雪上歩行訓練      大日ケ岳
      
   




大日岳を目指す


雪洞構築訓練


滑落停止訓練

●場 所 岐阜県郡上市白鳥町
●標高 1709m  
●山行日 2012年1月29日(日)
多治見から
  登山口まで
多治見=高鷲IC=R156=高鷲スノーパーク(P)=ゴンドラで山頂駅へ(登山口)

※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機
●参加者 岐阜県連所属:
・多治見労山17名(Cグループ:勝尾、若尾良、丹羽、中瓦 計4名 他に、A・B・Dグループ)
・みのハイキングクラブ18名
・大垣労山11名
・土岐アルパイン3名
*講師:土岐アルパインより

●コースタイム
多治見
高鷲IC
高鷲スノーパーク(P)

ゴンドラ山頂駅
ラッセル訓練

大日ケ岳山頂
雪洞構築訓練

ゴンドラ山頂駅
滑落停止訓練

高鷲スノーパーク(P)

5:45発
7;00
7:20着
8:10〜8:30
8:30〜9:20
10:15〜10:35
10:35〜12:00
13:30
13:40〜14:45
15:00頃着
                         
   周辺地図はこちら 
 
   ルート地図はこちら
         
            地図の右上の+をクリックすると拡大して見えます



多治見から1時間15分で高鷲スノーパーク(P)に到着

スキー場情報では、
山頂駅付近には2m近く積もっているらしい

全員揃った所でゴンドラに乗り込む

ずいぶん長く感じるほど乗車の後、山頂駅に到着




山頂駅の正面上部に、真っ白な樹氷



その下の斜面は、下山後、滑落停止訓練場となった




開校式、講師の挨拶と注意事項

ザックへのピッケルやストックの付け方注意もあり




斜面には登らず、つぼ足歩行でトラバース

横一列に並んだ所で、ピッケルを用意

目の前にある斜面の雪を
両手で持ったピッケルで掻き落とし
膝で圧雪してラッセルしながら稜線まで登るという訓練

一生懸命雪掻きをしていたので写真は皆無

途中で輪かんを着け、
3〜4人でグループを作り、
ラッセルをしてやっと稜線に出た

そこから1列になって大日ケ岳を目指す

後ろの方の位置なので雪は固められ、
先程のふわふわ雪とは大違いで楽々




まずは、大日ケ岳手前のピークを目指す




いったん下った後、また登り返す




あのピークの向こうが山頂




山頂手前から、左手に見える山々




先頭が山頂に着いた




続々と山頂へ




山頂からの景色-1




山頂からの景色-2  白山方面




三角点と山頂からの景色

山頂に到着した時点では、三角点は雪の下だった


雪の下から掘り出された三角点




                      大日如来と山頂からの景色

             
      雪の下から掘り出された大日如来              2010/6/5の山頂の様子




山頂で早い昼食をとった後は
山頂直下で雪洞を作る訓練

ずるずると滑り降りて訓練場所へ

雪洞構築ーA-1

スコップで斜面に穴を掘っていく





雪洞構築ーA-2

入り口をあまり広げないようにして奥へ掘り進める

外側は雪のブロックを積む




雪洞構築ーA-3

ツエルトを掛けて完成




雪洞構築ーB-1

まず横穴を掘る
中の雪は外へ放り投げる




雪洞構築ーB-2

中へ入って掘り進める





雪洞構築ーB-3

スノーソー(雪を切る鋸)でブロックを作り外へ出す

外にいる人は、ブロックを積み上げる




雪洞構築ーB-3

完成

入り口が狭くなったのでブロックを跨いで外へ出る




雪洞構築ーC-1





ここをクリックすると大きく見えます
雪洞構築ーD-1


それぞれの山岳会で、それぞれに雪洞作り




雪洞作りが終わって、再び山頂へ

白山をバックに多治見労山グループ




下山前に、4山岳会皆で記念撮影




下山前にアイゼン歩行の注意を受ける




アイゼンを着けて下山開始


アイゼンは、やっぱり輪かんより潜りやすい




先頭ははるか遠く




あれ?先頭集団が谷間の方を向いて止まっている?




この斜面で滑落停止訓練を実施するかどうかの
判断をしている所だったようだ

この斜面では急峻すぎるので止めて、他の場所へ




スキー場が見えてきた




ゴンドラ山頂駅に到着

スキー場に頼んで
山頂駅前の斜面を借りられることになった

アイゼンを外して斜面下へ移動




この斜面を大きな滑り台にするため、まずは登る




登った所で、滑落停止訓練の技術について話を聞く
ピッケルの持ち方、打ち込み方など、講師より聞く




模範滑落停止

雪がふわふわ過ぎてうまく滑り落ちない・・・




次々に滑り落ちて訓練




滑り落ちては登り、何度も訓練
     
   ピッケルを上に持って     →→→    体の向きを変え     →→→     ピッケルを打ち込み足を上げて停止




閉校式
「安全に雪山へ行きましょう」
「各会でも、練習を」




ゴンドラで下山

ふわふわ雪のラッセル体験が一番記憶に残った




  山行記録(2011年〜現在まで)へ戻る