イワザクラがちょうど見頃!!  
                       舟伏山




舟伏山山頂


イワザクラ

●場 所 岐阜県山県市神崎
●標高 1040m 
●山行日 2012年4月21日(土)
●多治見から
  登山口まで
多治見=可児・御嵩IC関・広見IC=R418=谷合=夏坂谷=みやまあいの森(P)・・・登山口
 
※ ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス
●参加者 丹羽、若尾良、守山、川井、川浦   計5名
●コースタイム 多治見
可児・御嵩IC
関・広見IC
あいの森(P)

阿弥陀仏

山頂
みのわ平
あいの森(P)

6:00発
6:18
6:35
7:20〜7:30
8:30
10:00〜10:20
11:25
12:30着
* 花の写真を撮りながらゆっくり歩きました

周辺地図はこちら    コース図はこちら
  


 駐車場〜西ルート:阿弥陀仏まで

ボタンネコノメソウ?orホクリクネコノメソウ
orヒダボタン:ユキノシタ科


ネコノメソウの仲間はたくさんあり、
地域によって変種もあり、名前を決めるのはとても難しい

これは駐車場付近に群生していた花


実のアップ




キブシ:キブシ科
 【下の2つは、比較の意味で持ってきた  阿弥陀仏手前のあたりに咲いていた】

上の花とそっくりだが、
葉の模様がはっきりしていることと
葉のつき方が違っている


実は、そっくり




ネコノメソウの仲間:ユキノシタ科


花のアップ




沢沿いの西ルートへ




おっと!岩が滑りやすい




フタバアオイ:ウマノスズクサ科


花のアップ




ミヤマカタバミ:カタバミ科

ピンクがかっている





スミレサイシン:スミレ科

葉が大きいのが特徴  花も大きめ




谷を離れて樹林の中をジグザグに登り、
やっと明るい所に出た

蒸し暑く、おまけに花が無いので楽しみも無い




ヤブレガサ:キク科




ヒトリシズカ:センリョウ科    咲き始めたばかり




スミレサイシン:スミレ科

ピンクがかっている花




阿弥陀仏に到着





 阿弥陀仏〜舟伏山山頂まで

エイザンスミレ:スミレ科




タチチボスミレ:スミレ科




スミレサイシン:スミレ科   ピンク系




スミレサイシン:スミレ科   紫系




カタクリ:ユリ科




ネコノメソウの仲間:ユキノシタ科

花のアップ




実のアップ




ガスが濃くなってきた




コバイケイソウ:ユリ科

後ろにあるのは、まだ開いていないヤブレガサ




オニシバリ 別名ナツボウズ:ジンチョウゲ科

鬼をも縛れるほど丈夫な樹皮から命名されたと言われている
また、ナツボウズの名は、夏に葉を落としてしまうからだとか

『雌雄異株で、雄花の方が雌花よりやや大きい』と図鑑にあった
これはどちらか??である




小舟伏山

山頂はもうすぐ




ユリワサビ:アブラナ科




キクザキイチゲ?:キンポウゲ科

花が咲いていれば分かるのだが・・・




えっ?なにこれ?

皮がめくられてしまった木々
鹿が食べた??




エンレイソウ:ユリ科


花のアップ  咲いたばかり




山頂に到着

周りはガスで展望なし



  山頂〜駐車場まで

相変わらずガスに覆われている




カタクリ:ユリ科

葉はあちこちにたくさんあるが、
つぼみがあるのはほんの少し




イワザクラ:サクラソウ科ー1

今年は遅くまで雪が降り寒い日が続いた
まだちょっと早いかも・・・と思いながら訪れたが、ちょうど満開!!

つぼみはちらほらで、しおれた花は皆無
すべての株がきれいに咲きそろっていて見事!!

こんなにたくさんの花に出会えたことは初めて




イワザクラ:サクラソウ科ー2




イワザクラ:サクラソウ科ー3




イワザクラ:サクラソウ科ー4




イワザクラ:サクラソウ科ー5




イワザクラ:サクラソウ科ー6




イワザクラ:サクラソウ科ー7




イワザクラ:サクラソウ科ー8





ここをクリックすると大きく見えます
イワザクラ:サクラソウ科ー9




イワザクラ:サクラソウ科ー10




ニリンソウ:キンポウゲ科  つぼみの時はピンク




マルバスミレ:スミレ科-1  登山道脇に群生




マルバスミレ:スミレ科-2




どんどん登ってくる
狭い登山道なので、すれ違いが大変

(奈良や大阪からのマイクロバスもあった)




ミスミソウ(三角草) 別名ユキワリソウ:キンポウゲ科-1

葉の形が三角形で先がとがっていればミスミソウ、丸くなっていればスハマソウとなるらしいが
中間形もあったりして区別が難しい・・・と




ミスミソウ(三角草) 別名ユキワリソウ:キンポウゲ科-2
この葉先を見る限りではとがっているとはいえない
⇒スハマソウ??



もう実ができ始めていた





フイリシハイスミレ:スミレ科-1   

フイリ(斑入り)・・・葉に筋模様が入っている
シハイ(紫背)・・・葉っぱの裏側の色が紫がかっている




フイリシハイスミレ:スミレ科-2




みのわ平
ジグザグに降りて行く



シロモジ:クスノキ科




マルバスミレ:スミレ科




キブシ:キブシ科

鎖のように、かんざしのように
たくさんぶら下がっていた




ミヤマカタバミ:カタバミ科

曇り空の上に、樹林の中は暗く、全開できない




ミヤマキケマン:ケシ科

林道や駐車場周辺に群生





   2011年5月8日の舟伏山

   2010年5月8日の舟伏山

   2009年4月26日の舟伏山

   2006年5月3日の舟伏山

   2005年5月1日の舟伏山


  山行記録(2011年〜現在まで)へ戻る