ハライド新ルートを登る   
ハライド〜国見岳
        

   (朝明〜ハライド〜腰越峠〜青岳〜国見岳〜県境尾根〜根の平峠〜朝明)




国見岳



ヤマツツジ

●場 所 三重県三重郡菰野町千種
●標高 1165.7m 
●山行日 2012年5月27日(日)
●多治見から
  登山口まで
多治見=勝川IC=四日市IC=朝明渓谷駐車場・・・ハライド登山口
 
※ ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス
●参加者 丹羽、守山、中山、堀加
●コースタイム 多治見
勝川IC
四日市IC
朝明渓谷(P)
ハライド登山口

ハライド

県境分岐
国見岳
県境分岐
根の平峠
ハライド登山口
朝明渓谷(P)

6:00発
6:30
7:05
7:25〜7:45
8:00
9:00〜9:20
10:40
11:15
11:45
12:45
13:50
14:05着
周辺地図はこちら    コース図はこちら
               (*縮小・拡大・移動ができます)


  


キブシの実

朝明橋近くで

緑色の実が頭上にぶら下がっていた
教えてもらわなければ通り過ぎていた




朝明橋を渡ってすぐ左折して
朝明茶屋キャンプ場方面へ

橋は増水時に使用






今日は水が浅かったので橋を渡らず
歩いて対岸へ





腰越峠の標識を確認しながら進む

あちこち道が入り組んでいるので要注意




青色の←方面が登山口




腰越谷は2008年の集中豪雨の被害が大きく
通行止め

代わりに作られたのがこの尾根道ルート
大変なご努力に感謝しながら登る

2005年には
公開山行でこの腰越谷を登っている




ヤマツツジ:ツツジ科-1

緑の木々の中に朱色の花が艶やか




薄くガスがかかって遠望が利かないが
釈迦ケ岳方面




もうすぐハライド

今日は三重県の高校山岳部員が
この新ルートを150人程が登っているとか

途中、列の間を追い越させてもらったが
後ろから元気な声が響いてくると
心理的に苦しい






先頭の1団に追い抜いてもらってから
ハライド到着

ハライドにはすでに大勢の高校生がいた
前半のグループらしい
狭い山頂は人でいっぱい

この大勢の人から抜け出すべく
休憩なしで前進しようとした所
既に休憩を終わったらしい前半のグループが
「出発〜」の号令のもと動き始めた




高校生が行ってしまってから・・・と思って待っていたが
次から次へと続き、延々20分ほど待つことになった

急な下りなので遅々として進まない

ハライド・国見岳方面を見ながらひたすら待つ


ベニドウダン:ツツジ科

ずっと繋がって待っているので
写真を撮る暇もある

近くの関係者に
「10人くらいの固まりになって、
『お先にどうぞ』ってなりませんかね」と声をかけた

すると、すぐ無線で「一般の登山者4名を先に通して」
ということになり、若者の間を通り抜けさせてもらった




シャクナゲ:ツツジ科-1

急登の途中でパチリ

追い越させてもらったはいいが、足元がよくなったので若者達のスピードが上がる

後ろから声が聞こえてくるのでゆっくり歩きもできない
せかされるように登るが、これがまた急登に続く急登

どこか平らな場所でやり過ごし、彼らのコースを聞いて他のコースに換えよう・・・
と、決心する

先頭の人に尋ねると、「ブナ清水へ行く」と聞いたのでほっと一安心

その分岐を過ぎれば追われることはなくなると思い、
「こんにちわ」を繰り返しながらやり過ごす

後半のグループとの間が開いたので出発
やっと静かな山道になった





シロヤシオ:ツツジ科

今年はシロヤシオの裏年らしい
木はいっぱいあるのに、花はちらほら

これは、鈴なりに咲いていた、たった1本のシロヤシオの木




「ブナ清水」への分岐

今日のトップらしい高校生グループが待っていた




シャクナゲ:ツツジ科-2

背の高い木を振り仰いでパチリ
盛りを過ぎているので花選びが難しい
展望岩から

緑がいっぱ〜い!




シャクナゲ:ツツジ科-3

色が薄め




きのこ岩へ立ち寄る




大岩の向こうに頭だけ出しているのが
きのこ岩の笠の部分




きのこ岩全体像 県境稜線分岐に到着




手にとまってじっとしている蝶

数分間もとまっていた




国見岳を遠望する
国見岳手前の青岳

手ごろで平らなスペースがある

1人はここで待っていることになった




フデリンドウ:リンドウ科-1

あちこちに咲いていた
フデリンドウ:リンドウ科-2

右側に伸びているのがつぼみ

この形が「筆」に似ているから命名されたとか





イワカガミ:イワウメ科-1

稜線では咲き始めたばかり

このあたりは大群落を作っている
イワカガミ:イワウメ科-2

色が薄めの花や濃いめの花などいろいろ




フイリフモトスミレ:スミレ科






国見岳山頂に到着

同じ場所にあるのに、
標高の異なる2種類の標識があった

こちらは高い方




山頂の岩の上で

青岳も遠くに見える
ハライドがなんだか低く見える




青岳で待っている人がいるので早々に下山開始

青岳は「大人数の登山者に明け渡してきた」そうで、
登山道で合流

2度目の県境稜線分岐標識

下山は直進




歩きやすいたらたら道が続く




シャクナゲ:ツツジ科-4

またシャクナゲに会った




雨乞岳を遠望




どんどん下って「根の平峠」着
伊勢谷に沿って下る




ヤマツツジ:ツツジ科-2

朱色が眩しい




今日は水量が少ない

橋を渡らなくても岩伝いでも行ける




サラサドウダン:ツツジ科

うっかり花を見過ごす所を呼び止められた

今日初めてのサラサドウダン

この仲間も今年は裏年のよう




「旧千種街道」の標識

ここ千草から近江へ抜けるルートで
江戸時代以前、商人の往復が多かったそうである




ウリカエデの実:カエデ科

こんな赤い実は珍しい




タニウツギ:スイカズラ科-1

対岸では真っ盛り




立派な登山口の看板

これなら間違うことはない

ここからは車道を歩いて駐車場へ




タニウツギ:スイカズラ科-2

ちょうど満開!




駐車場に到着

まだ車がいっぱい
朝明駐車場は早朝だというのに車が多い。
三重岳連の清掃山行があるから・・・と駐車料金を集めている係の人に聞いた。(根の平峠付近の一斉清掃のようだった)
また、三重県の高校山岳部の大会とかで釈迦ケ岳へ50名、ハライドへ約150名が入山しているとも、三重岳連の人から聞いた。

ハライド方面への高校生は7:30に出発したとか(我々は7:45発)で、あたりにそれらしい気配はなかった。が、すぐ追いついてしまったので、先に追い越させてもらった(これが後半のグループらしい)

追い越させてもらったはいいが、若者の声が追いかけてきて、いつぴったり後ろにつかれるか分からないので焦る。

10人ほどなら、「お先にどうぞ」で譲れるが、50人もいては、大変。

結局、ハライドの山頂で前半のグループに遭遇してしまい、待っている間に後半グループも到着したので、前半と後半の間に入って下りることになった。

腰越峠からは、前半グループを追い越させてもらったが、後ろから声が追いかけてくるし足も早いので、休憩を取り、やり過ごすことにした。

結局、ブナ清水方面へ進んでいったので、それ以後は焦ることもなくマイペースで歩くことができた。

こんなに大勢の若者が、大人の登山者予備軍にいるということが分かり、とても頼もしく感じた。(150人の中に紛れ込んだり、後ろにつかれた時は、困ったけどね)




2005年10月22日「公開山行 国見岳」はこちら

2003年10月25日の「公開山行 ハライド〜国見岳」は、こちら

1996年11月9日〜11月10日の「腰越峠経由の国見岳」はこちら


  山行記録(2011年〜現在まで)へ戻る