8合目から雪山風景〜
   藤原岳 (大貝戸から)

      
   




藤原山荘前

●場 所 三重県いなべ市北勢町
●標 高 1128m  
●山行日 2013年2月3日(日)
●多治見から
  登山口まで
多治見=関ヶ原IC=R306=藤原町(P)・・・大貝戸登山口
※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機
●参加者 丹羽、守山、K.M 
●コースタイム
多治見
関ヶ原IC
藤原町(P)
登山口
8合目

藤原山荘
山荘周辺を散策
5合目
登山口
藤原町
(P)

6:30発
7:20
7:40〜8:05
8:20
10:25
11:35〜12:00
12:00〜12:50
14:10〜14:20
15:05〜15:20
15:30着

 周辺地図はこちら


昨日、多治見は雨
山では雪だったろうかと期待していたが
車から見る山並みには、樹氷もなく白さも少ない

仰ぎ見る藤原岳への稜線も
がっかりするほど雪が少ない




登山口の神社の鳥居をくぐる

どこにも雪はなし




ずいぶん登山道がえぐれているように
感じながら2合目へ





3合目になっても雪はなし




4合目で下山してきた男性の話によると、
『8合目からはラッセルして
9合目まで登って帰ってきた』・・・と

8合目まで行けば雪が楽しめそう〜と分かり
一安心




7合目の上で、
登山道が凍って滑り始めたので
アイゼンを着け8合目へ

本当にここからぐんと雪が増えた





冬道を登る(夏道へ行くパーティーもある)

入り乱れたトレースあり

途中、かなりの傾斜になるので
どこを登るか判断が必要




9合目に到着!
ここで夏道と合流する

8合目から約25分の急登




9合目からも、トレースはもっと入り乱れ
トップは、直登を選びながら山荘へ向かう




藤原山荘に到着 11:35

藤原岳展望丘をパチリ




山荘の中へは、
アイゼンを外さなければならない

風を避ければ4℃のぽかぽか気温
外でランチタイムにする





人通りの多い展望丘はやめ、
静かな天狗岩方面へ進むことにする
山荘の裏手に上がると
一面真っ白な世界

輪かんに履き替えて雪を楽しむことにする

夏道から外れて、近くの小高い丘へと向かう

踏み跡は避けて、新しい雪面を登る

時々は軽く潜るが、輪かんに換えたことで歩きやすくなった

雪の上の風紋も美しい

上を目指してどこでも歩けてしまう




登りきったピークから
天狗岩まではまだかなりの距離があるので
輪かん歩きを楽しんで
適当にぐるっと回って山荘へ帰ることにする

先頭を交代しながら、
『どこでもご自由にどうぞ気分』で歩く


約50分、輪かん歩きを楽しんで山荘へ

ここでまたアイゼンに換えて下山開始

後ろの雪面と小高いピークが、
輪かん歩きを楽しんだ所




山荘から8合目までは
登りよりもっともっとトレースの入り乱れた斜面を下った

8合目下でアイゼンを外し
また茶色と緑の世界へ

ここをクリックすると大きく見えます
ユズリハ(譲り葉:ユズリハ科))
赤い葉柄がこの時期よく目立つ

葉はみな下向きに垂れていた

新しい葉がでそろった後で
古い葉が落ちるという意味で「譲り葉」

2合目〜6合目の間に、たくさんあった




登山口にあった看板

聖宝道 通行止め
H23.10.26〜H25.3月末予定』とあった

登山口休憩所には、
トイレ・足洗い場所があるが
汚れた登山靴やアイゼン、ストックを洗う人が順番待ち

トイレも泥で汚れていた

ホースが2本のみなので、
順番待ちを待たずに入るせいだろう
丹念に何分もかけて洗っている人もいたし・・・

洗い場がもっと増設されるといいのにね




 山行記録(2011年〜現在まで)へ戻る