南アルプス縦走 10日間     
             畑薙ダム〜光岳〜茶臼岳〜聖岳〜赤石岳〜荒川中岳〜
              烏帽子岳〜塩見岳〜間ノ岳〜北岳〜広河原


 7/26  多治見〜畑薙ダム〜横窪沢小屋

 7/27 茶臼小屋〜茶臼岳〜喜望峰〜易老岳〜光小屋
 7/28 光岳〜易老岳〜喜望峰〜茶臼岳〜茶臼小屋

 7/29 上河内岳〜南岳〜聖平小屋
 7/30 聖岳〜兎岳〜百間洞山の家

 7/31 大沢岳〜百間洞〜赤石岳〜中岳避難小屋
 8/1 荒川中岳〜高山裏避難小屋〜小河内岳〜三伏峠小屋

 8/2 本谷山〜塩見岳〜北荒川岳〜熊ノ平小屋
 8/3 三峰岳〜間ノ岳〜中白根山〜北岳〜北岳肩ノ小屋

 8/4 二俣〜広河原⇒甲府駅ー塩尻易―多治見駅





タカネコウリンカ


●場 所 静岡県

●今日登った山の標高 上河内岳:2803.0m

●山行日 2015年7月29日(水)  4日目

●コース&
    コースタイム
茶臼小屋
稜線
竹内門
上河内岳の肩
上河内岳
上河内岳の肩
南岳
聖平小屋

5:30発
5:45
6:55
7:35
7:45
7:55
9:00
10:45着


    周辺地図はこちら

                   


  4日目  茶臼小屋〜上河内岳の肩から上河内岳往復〜南岳〜聖平小屋

朝食もカラフルなメニュー




外はガス  遠望はできない・・・

小屋前から、一瞬見えた山

上河内岳かな?





   
 茶臼小屋、5:30発

このくらいのガスなら、雨具はいらない




  またお花畑の中を歩いて、稜線へ
稜線に出た

なあ〜んにも見えない白の世界

今日は右折   昨日は左折




 晴れていたら、
富士山も茶臼岳も上河内岳も聖岳も見えるだろうに・・・




シラタマノキかな?:ツツジ科科




稜線から樹林の中に入ると・・・→




ウメバチソウ:ウメバチソウ科

→湿地でもないのに、ウメバチソウが咲いていた




ウサギギク:キク科

ウサギギクも(今回初めての出会い)




 ハイマツ:マツ科

赤い雄花と実

背丈の割に大きな実




イネ科

露に濡れてぐっしょり

イワオトギリ:オトギリソウ科

これも露でぐっしょり




イワツメクサ:ナデシコ科

これも・・・



マイヅルソウ:キジカクシ科(ユリ科)

ここではまだ花が咲いていた

雪解けが遅かったのかも・・・?




ダケカンバ:カバノキ科

まっすぐ伸びられない樹形が面白くて、パチリ





 
コバノコゴメグサかな?:ハマウツボ科(ゴマノハグサ科)

花の奥にある、黒っぽいものはなんだろう??  雄しべの葯かな?




ツマトリソウ:サクラソウ科




 
 チングルマ:バラ科

花と実が同居

他所では、花はすでに終わっていた  雪が遅くまで残っていたのかも・・・?




 ヒメクワガタかな?:ゴマノハグサ科

葉っぱの毛に、露がぐっしょり


 ヨツバシオガマ:ハマウツボ科

1・2日目では、花がほとんど終わっていたが
ここはまだ上の方の花は新しい




   
コケモモ:ツツジ科

咲き残り  花びらは、傷がついたり汚れたり・・・




 ツガザクラ:ツツジ科

これも、咲き残り
   
変わった形の岩峰群が見えてきた  「竹内門」らしい   標識は無し

真っ二つに切ったような岩の間を通り抜けると、面白い模様のある岩・・・褶曲(かな?)

帰ってから調べてみると、『チャート』という岩だって




   
 イワウメ:イワウメ科

この花の花期は早い
八ヶ岳では、6月の半ばに咲いていた

ほんの少し、咲き残っていた




 タカネツメクサ:ナデシコ科

この花に会うと、「夏山に来た〜」と思う


   
チシマギキョウ:キキョウ科

南アルプスの今頃には、多い  あちこちで見かけた




   
 前方が、上河内岳の肩かな?

右の方から突然人の声・・・?
下山者らしい  が、すれ違っていない

「茶臼はこっちですか?」と尋ねられた

どうやら、ガスで登山道が分からず
コースを離れてしまった人らしい・・・と分かった




上河内岳の肩  7:35

前回は上河内岳へ行っていないし、
今日は時間のゆとりがあるので行くことにしようっと
 
 
 上河内岳  「肩」から10分で到着   なあ〜んにも見えない

咲いていたのは、ミヤマダイコンソウとイワツメクサくらい

ガラガラの道を往復して、また「肩」へ





   
 ミヤマダイコンソウ:バラ科

この花の花期は早い

殆どが終わっている中、これはまだ花が残っている方




   
 ミツバオウレン:キンポウゲ科

咲き残り




コイワカガミ:イワウメ科

まだ咲いていた


 
   
 チングルマ:バラ科

チングルマとコイワカガミは仲良し
よく一緒に咲いている

雪が遅くまで残っていたのか、咲き残りの花が多い




 ヨツバシオガマ:ハマウツボ科(ゴマノハグサ科)

きれいどころがそろって咲いていた


   
 アオノツガザクラ:ツツジ科

他所では花が終わっていたが、まだ残っていた




ムカゴトラノオ:タデ科

下の方に「ムカゴ」ができている


 
 
 
 ミヤマナナカマドかな?:バラ科

タカネナナカマドは、花も実も垂れるって




   
 タカネバラ:バラ科

下を向いて咲くので撮影が大変   重いザックは背中を押すし・・・




   
 ミヤマウイキョウ:セリ科

左  全体の様子   右  小さな花のアップ




   
 シコタンソウ:ユキノシタ科

最盛期は過ぎていた




 キバナシャクナゲ:ツツジ科

これはまだ新しい花で初々しい

今まで、萎れた花や、傷んだ花ばかり見てきた




  
 イワオウギ:マメ科

突然、斜面いっぱいのお花畑になった!!

今まで無かった種類の花がど〜っさり




   
 
タイツリオウギ:マメ科

イワオウギに似ているが、なんとなく雰囲気が違うマメ科の花

10日目、北岳からの下山時に、ぷっくり膨らんだ実を見つけて、やっとわかった

実を見れば一目瞭然だが、花だけだと分かりにくい




   
 
タカネマツムシソウ:マツムシソウ科

百花繚乱…といった感じで、思わず足が止まってしまった

登山道は狭く、右側は急斜面になっていて、すれ違いもできない場所

前にも後ろにも人がいなくて、思う存分鑑賞し、シャッターを押した



ところが、こんな所でバッテリーがなくなった  交換しようにもザックを下ろしたり持ち上げたりに一苦労

注意に注意を重ねて、無事交換完了  これで、どんどん撮れる




   
タカネコウリンカ:キク科

黄色とチョコレート色のきれいなこと!   花の中も可愛い〜




   
 テガタチドリ:ラン科

お初にお目にかかります!




ミヤマオトコヨモギ:キク科

地味色の花も一興


 
   
 ミヤママンネングサ:ベンケイソウ科

鮮やかな蛍光色!




ミヤマミミナグサ:ナデシコ科




 
  
 お花畑ー1

黄色は、大型の花 マルバダケブキ   紫色は、トリカブトの仲間




 
 お花畑ー2

紫色は、トリカブトの仲間   白色は、タイツリオウギ




 
 お花畑ー3

黄色は、マルバダケブキ  紫色は、トリカブトの仲間




   
 トリカブトの仲間:キンポウゲ科




   
エゾムカシヨモギ:キク科

背丈10cm程  花の直径8〜9ミリ程の小さな花




   
 タカネナデシコ:ナデシコ科

左  全体の様子

右  花のアップ・・・花びらの先が細かく裂けていて、付け根の辺りには紫っぽい毛が生えている




   
 
 ミネウスユキソウ:キク科

ウスユキソウの仲間はいろいろある

よく似たミヤマウスユキソウは東北地方の山に咲くんだって




   
 イワオトギリ:オトギリソウ科

何度も出会ったね




タカネグンナイフウロ:フウロソウ科

花の最盛期は過ぎて種ができていた


 
 
 イワベンケイ:ベンケイソウ科

キリンソウに似ているが、こちらは高山性で葉が肉厚




   
 ゴゼンタチバナ:ミズキ科

白い花びらのようなものは「苞」   中央にある黒っぽいものが雌しべだって




   
 ミヤマクワガタ:オオバコ科(ゴマノハグサ科)

突き出ている長い雄しべと雌しべが特徴




 ウメバチソウ:ウメバチソウ科

左のウメバチソウ  咲いたばかり

右のウメバチソウ  咲いてから5日以上たっている

雄しべが伸びている数で、開花後の日数が分かるんだって




  
 南岳に到着

登山者が1人もいない静かな場所で、ゆっくり花が観察できて、良かった〜

南岳を過ぎると、広大な斜面のお花畑は終わり・・・→




   
 →ガレ場が現れた  注意してそろりそろりと歩く

聖岳の展望がいい・・・と地図にはあるのだが、残念





   
 ミヤマホツツジ:ツツジ科

ガレ場を避けるように樹林の中へ下りていくと、
見慣れた樹林の中の花にかわる




 セリバシオガマ:ゴマノハグサ科




   
 樹林の中もガスで、展望がきかない




 ツツジ科

実になりかけているが、なんの実だろう?




   
 スノキ:ツツジ科




ヤマブキショウマかな?:バラ科

トリアシショウマかも?

判別が難しいので、お手上げ〜




   
 サラサドウダンの仲間:ツツジ科

地面に赤っぽい花がたくさん落ちていた

見上げるとこの花

鈴鹿あたりのサラサドウダンとはちょっと違う




ゴゼンタチバナ:ミズキ科

木々の根元にたくさん咲いていた


 
   
 クロウスゴ:ツツジ科

木曽駒の登りで、たくさん食べたっけ




 モミジカラマツ:キンポウゲ科




   
キソチドリかな?:ラン科

「千鳥」には見えないなあ・・・




   
 調べ中

ラッパのような形をしているきのこ(?)




 調べ中

セリ科の花は甘い匂いを放つ

虫も誘われるようにしてやってくる




   
 聖平小屋への分岐点  10:40
標識の左横にあるネットの中は
ニッコウキスゲ




 聖平小屋へ続く木道

以前この辺りは、お花畑だったそうな

今は見る影もなし




   
 聖平小屋到着  10:45

早いので、部屋はがら空き

玄関前には、水場(蛇口をひねれば水が出てくる)




ウェルカム・フルーツポンチ

暑い時の冷たいつるりとした食べ物は、有難い




 
   
 聖平小屋の正面

「聖平植物復元活動の紹介」という大きな看板が立っていた

人が原因と思われること・・・登山道を外れて歩く・踏み荒らし

ニホンジカの食害・・・トリカブト・キオン・マルバダケブキなどは嫌いなので食べないらしく被害がない


・・・・・・・・・・・・・・・・

トイレはずっと離れた場所にある  洋式も和式もあるが、洋式はピッカピカの便器で水洗!!

除菌ウエットティッシュを持って行けば、超快適!!

(15年前は、臭い暗いトイレだった)

ちょうどおなかも空いた頃なので、昼食用にビールとカレーをもらう

同じバスで下りたテント泊の男性は、乾燥米を30袋持ってきて、水を入れて約1時間待ってご飯にしていると聞いて、
卵雑炊の作り方を伝授

これなら、するするっと食べられて、お腹にも優しい

光小屋で使っただけで、まだガスは残っているはず

明日の宿「百間洞山の家」まで貸すことにした  私のザックも軽くなるし・・・

ついでに、昼食用として持ってきたインスタント味噌汁なども少々お裾分け




   
 夕食まで、食堂は解放されているので
本でも読もうかと本棚を探すと、
「遠山郷に生きる植物たち」という面白い本を見つけた

ふんふんなるほど・・・とメモを取りながら、楽しく読めた

家へ帰ってから、もしかして手に入るかもと思い
ネットで探したが、ダメだった

こんな時間の余裕のある時にでもと思って持ってきた
「数独」より、よっぽど面白かった

まだ時間があったので
宮部みゆきのミステリーを読み始めたが、
さすがにこれは読み切れなかった




 夕食

ご飯とみそ汁はいつもお替り自由だったが
ご飯は8分目に減らしてもらっていた

具だくさんの豚汁は、とってもおいしかった!



・・・・・・・・・・・・・・

だんだん宿泊者は多くなったが、
頭と足を逆にして寝れば、それほど窮屈ではなく
まあまあ我慢ができるほどだった
 
 次へ続く
 

 山行記録(2011年〜現在まで)へ戻る