醒ヶ井養鱒場〜柏原駅  霊仙山縦走





シロダモの実



本霊仙山 山頂


●場 所 滋賀県米原市・犬上郡多賀町

●標高 本霊仙山:1084m 
霊仙山最高点:1094m
北霊仙山(経塚山):1040m

●山行日 2016年10月10日(月・祝日)

●多治見から
  登山口まで
JR多治見駅ーJR名古屋駅ーJR大垣駅ーJR醒ヶ井駅=湖国バスで醒ヶ井養鱒場バス停へ・・・榑ケ畑登山口
 
※ ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス

●参加者 丹羽

●コースタイム JR多治見駅
JR名古屋駅
JR大垣駅
JR醒ヶ井駅
醒ヶ井養鱒場バス停
榑ケ畑登山口
汗拭峠
4合目
7合目
本霊仙山
霊仙山最高点
北霊仙山(経塚山)
避難小屋
6合目
4合目
2本杉(新2合目)
登山口(コンクリート橋)
鶏小屋
JR柏原駅


5:25発
6:06〜6:10
6:49〜6:52
7:21〜7:48
7:55〜8:00
9:00
9:20
9:45〜9:55
10:25〜10:30
11:10〜11:30
11:45
12:00
12:10
13:15〜13:20
13:55
14:30
15:15
15:30
16:02^16:14

 周辺地図こちら
     


   バス停〜登山口
JR醒ヶ井駅からバスで醒ヶ井養鱒場へ

ここから歩く

フクジュソウのシーズンでもないのに
何台もの車が追い抜いて行った

登山口手前の駐車場は満車
道路脇や、第2・第3の駐車場にもたくさん停めてあった




まだ谷山谷は通行禁止




   
シロダモ:クスノキ科

あれ?

丸く黄色っぽいい粒々(シロダモのつぼみ)や、赤い実がたくさん生っていた

『雌雄異株

シロダモの実は、翌年の秋に赤く熟す

雌株では、赤い実と黄色い花とを、同時期に見ることができる』だって





2016/3/26撮影
フサザクラ:フサザクラ科

あれ〜??  何か地味色のものがぶら下がっている

この辺り、ぶら下がっていたものといえば、「フサザクラ」

へ〜え、こんな実になるんだ

右  フサザクラの花  2016/3/26撮影  比較のため借りてきた




トリカブトの仲間:キンポウゲ科

トリカブトは数株

林道歩きのおかげで出会うことができた

山には1本もなし




   
2015/4/18撮影
ヤブサンザシ:スグリ科

低木に赤い実が生っているのが見えた

確かこの辺りにスグリの仲間があったっけ

ちょっと遠くて手が届かなかった

右  2015/4/18撮影  比較のため借りてきた




  
ヤマシロギクかな?(別名イナカギク):キク科

左側の崖から、しなだれて咲いていた




ミツバベンケイソウ:ベンケイソウ科

今年の9/3 伊吹山でも出会っている




   登山口〜本霊仙山〜霊仙山最高点〜北霊仙山〜登山口
登山口  バス停から1時間かかった  9:00

計画書をポストイン

車も人も多い

チェーンの横を通って、もっと先の林道に車が止めてあったが
あれは工事車両用のため
一般車両は良くないのでは?




汗拭峠  2合目  9:20

もう2合目!

柏原コースに比べて、○合目の間隔が短い



4合目で1回目の休憩  9:45〜9:556




調べ中

あれ? 地面に赤い実が落ちている・・・  なんだろう??と見上げると、この実

実がついている柄は、実の大きさの倍はある

なんだろう??  葉っぱは、すらりと長くて細身

この後、数回この実に出会った




5合目  10:02

琵琶湖が見える見晴台




6合目  昔の直進する道は草に隠れてしまっていた



  
6合目上から見下ろす、琵琶湖




 
 7合目まではジグザグに登る




 
 7合目手前から北霊仙方面を望む




   
 7合目  2回目の休憩 10:25〜10:30

ここから谷道へ降りる




こんな陥没した跡が、いくつもある

また、以前より大きくえぐれた箇所もあった

今の時期、シダや枯れ草が生い茂っているので
積雪期や、草のない時期の様に直登とはいかず
谷道を進んで、本霊仙山への登山道に合流した




  
北霊仙を振り返る   左に伊吹山




 
 本霊仙山




 
         三角点
本霊仙山到着  3回目の休憩  11:10〜11:30


 
本霊仙山から最高点を望む


 
 本霊仙山から西南尾根・南霊仙山を望む




 
霊仙山最高点  11:45  15分で到着

遠いように見えて近い
 
遠くに伊吹山   手前の稜線には、北霊仙山と避難小屋




 
 北霊仙へ向かうショートカット道が立派になっていた




   
 北霊仙山  12:00

15分で来てしまった

遠いように思えるが近い




避難小屋  12:10

こちらへ降りる人は少ないだろうと思い、
熊鈴をつけた

避難小屋からの道は、以前は笹の中を歩いた記憶があるが、
今は、笹もなくなり見晴らしがよくなってしまった

このコースですれ違ったのは、
避難小屋下で高校生?の団体だけ




   
 谷山谷分岐(新8合目)   通行禁止のロープも張ってある  12:25

ここからは「マツカゼソウ」の大群落

草丈が伸びて、登山道が隠れてしまい、道を失うほどだった





   
 旧8合目  12:35




 アブラチャン:クスノキ科




   
 マツカゼソウ:ミカン科

花は殆んど終わり、種ができ始めていた

種はカリカリに乾いていたので、お土産に持って帰ろうとして折ると、なんだか臭う・・・

『一種の香気がある』・・・という説もあるが、私の感じでは、「臭い」

この臭いのため、鹿に食べられず大繁茂するらしい

それでは期待していたリュウノウギクの姿がなかったのは、
あの香気のせいで食べられてしまったのだろうか??!!




   
新7合目  旧「継子穴」  12:55




   
旧7合目 梓河内への分岐  13:00




   
 調べ中




 新・旧6合目  4回目の休憩 13:15〜13:20
   
  
アカトンボの仲間  (アカトンボといっても赤くないものもある…って)

10/9〜10/11に「たじみの自然展」が開かれた
「むし」のコーナーでトンボの標本を見たら、なんとまあ、
いわゆる「アカトンボ」と呼ばれているトンボの仲間がた〜くさんあることが分かり
気軽に名前を付けられなくなった・・・

翅の色や模様、胸や腹の部分の色や模様、腹部の先端の形、顔の模様などで、名前を調べるんだそうな・・・

コンパクトデジカメで、そこまで写すのはとっても大変!至難の業!

植物は近寄ってじっくり見て観察できる(遠い所・高い所のものは無理だが)
動く「もの」は、近寄ろうとすると飛んで行ってしまうので無理!無理!無理!

お手上げで〜す・・・




   
 5合目  13:40

この辺り、枯れたシダが繁茂し、登山道が見えにくい




4合目の避難小屋  13:55

戸は、壊れたまま

このコースを下りたのは、
私を含め3パーティー4名だけ

榑ケ畑コースの1/20くらいかな

歩く人が少ないから、草も茂ってくる




   
新3合目  14:05




新2合目 旧1合目  14:30 
  
 新1合目  14:48




   
   
   
 アケボノソウ:リンドウ科

ここにこんな大群落があるとは今まで知らなかった!!




   
 ハダカホウズキ:ナス科




 コンクリートの橋(ここを登山口と思っている)  15:15
   
メハジキ:シソ科

今年、9/3に伊吹山でたくさん咲いていたっけ




  
 鶏小屋前  ここから舗装路になる  15:30




   
カナムグラ:アサ科

ビールのホップに似た花  雌雄異株  これは雌花


・・・・・・・・・・・

電車は、15:14発  まだ余裕があるので、駅の近くに缶ビールを売っているお店はないかと捜し歩いたが見つけられず

駅前の自販機は、ジュースるのみ

駅員さんに尋ねてみたが、「遠い所なら酒屋さんがある」・・・と

汗をかいた後の一口がおいしいのに・・・  あきらめた・・・






トップページへ戻る