JR須原駅から往復 糸瀬山





ギンリョウソウ



ベニバナノツクバネウツギ


●場 所 長野県木曽郡大桑村

●標高 1867m

●山行日 2016年6月11日(土)

●多治見から
  登山口まで
JR多治見駅ーJR須原駅・・・林道越坂線・・・しょうぶ平・・・糸瀬山登山口
 
※ ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス

●参加者 丹羽

●コースタイム JR多治見駅
JR須原駅
林道越坂線起点
林道越坂線終点

糸瀬山登山口
松原よこて
イチョウ谷
丸屋の鳥屋
まむし坂
山居の鳥屋
青ナギ坂
のろし岩
糸瀬山山頂
山居の鳥屋
丸屋の鳥屋
糸瀬山登山口
林道越坂線起点
JR須原駅

5:59発
7:21〜7:30
7:50
9:00
9:05
9:50
10:00〜10:10
10:25
10:50
11:15〜11:25
12:10
12:35〜12:45
12:55
13:30〜13:40
14:15
15:00
15:40
15:55着〜16:13発

周辺地図はこちら
     


   JR須原駅〜糸瀬山登山口


JR多治見駅5:59発「松本行普通」に乗ると、
乗り換えなしで、約1時間20分でJR須原駅まで行ってしまう

駅から登る山「糸瀬山」へ、昨年に続きまた来てしまった

昨年は、ひと山越えて登山口まで行ったが、今年は林道を歩いて行くプラン

1/25000地形図を見ながら、登山口まで何キロあるか物差しで測ったところおよそ3.5km 

時間にすれば1時間半あれば着くだろう・・・と計算

林道歩きは、花を見ながら歩けるので、なかなか楽しいものだと、最近思うようになった

風越山の時なんて、約6kmも歩いたが、いろいろな花に出会えて楽しかったっけ




中山道須原宿の中を歩くと、
「水舟(みずふね)」にいくつも出会う




この線路下をくぐって右折する




ホタルブクロ:キキョウ科

広い舗装道路を歩いていると、
山の斜面にホタルブクロが咲いていた




ササユリ:ユリ科

咲いたばかりのササユリにも出会った




坂を登りきる手前で、パンパンと派手な音がし、
山側では、サル?が騒いでいるような声も聞こえてきた
かなりたくさんいるような声だった

何だろうと思いながら歩いて行くと、
数人の男性が爆竹を鳴らしていた

やっぱり、サルを警戒しての威嚇音だった

そこを通り過ぎると、「糸瀬山 左」の標識があった




左に曲がると、「林道 越坂線起点」の看板

ふ〜ん、約3kmね

私の計算も、間違っていなかった

しばらくは、人家と畑が続く

畑は、サル被害防止のためか
ネットやビニールで囲まれていた




ホタルブクロ:キキョウ科

人家が途切れると、林道はガタガタ道になり、
さっそくホタルブクロの群生が出てきた

ここから熊鈴をよく鳴る場所(ザックの一番下)につけた




   
マタタビ:マタタビ科

葉っぱに、白い絵の具を塗ったような、マタタビの葉

花も咲いていた

『雄株には雄しべだけを持つ雄花を、両性株には雄しべと雌しべを持った両性花をつける

花弁のない雌しべだけの雌花をつける雌株もある』・・・と

へ〜え!  画像を拡大して調べてみたら ↓

   
左  黄色い雄しべだけ → 雄花  雄株

右  黄色い雄しべの中央に、何やら白くて広がっているものがある・・・これが両性花らしい → 両性株

『花びらと雄しべがない雌しべだけの花』もあるそうなので、もっと、中までしっかり見てくるんだった・・・!!




キブシ:キブシ科

雌雄異株

た〜くさん、実が生っていた




   
クマイチゴ?:バラ科

ニガイチゴやナガバノモジイチゴより、背丈も葉っぱも大きく、実も大きかった

まだ、青い実の方が多かったが、熟した実を食べてみた   実はポロリと取れ食べ応えのある大きさで、おいしかった




   
クマノミズキ?:ミズキ科

青い実がたくさんなっていた




 ネジキ:ツツジ科

白い花がたくさん咲いていた



   
 落石・土砂崩れ箇所が多い林道




長い梯子が4カ所ほど設置

林業の仕事用だろうか




   
 サルナシ?:マタタビ科

マタタビの仲間なので、雄花・両性花・雌花があるらしい

これは、雄しべばかりなので、雄花 → ・雄株




   
 アブラチャン:クスノキ科

下のダンコウバイやシロモジの実とそっくり   葉は、3裂しない




   
 ダンコウバイ:クスノキ科

葉の形は、ぽっちゃりした3裂型   葉脈は、元部から分かれる




   
シロモジ:クスノキ科

葉の形は、すらりとした3裂型   葉脈は、元部の少し上から分かれる




   
   
 この4枚の画像は、ほぼ同じ場所  8:58  駅から1時間半かかった

上段左  昨年度は、ひと山越えてここへ出てきた
(昨年の山越えでは、8:45に着いた  花が少なかったからどんどん歩いたのかも・・・)

笹が刈られているので、歩きやすくなっているかなあ??

下段右  落石注意の越坂林道から歩いてきた  ここはちょうど三叉路になっている




 「糸瀬山へ」の標識はいくつもあるので、迷うことはない」

1/25000地形図の登山道は間違い


ツルマンネングサ:ベンケイソウ科

ツルが縦横に伸びていた




 
コアジサ:アジサイ科

薄紫色から白っぽい色までいろいろある




糸瀬山登山口  9:05発

山行届に記入して出発
 
  糸瀬山登山口〜山頂〜JR須原駅

   
まず、薄暗い樹林の中を登る


 
 フタリシズカ:センリョウ科

花が終わった後は、ぐったりと倒れる




  
   
 ギンリョウソウ:シャクジョウソウ科-1

登山口から少し登ったところで、ギンリョウソウに出会った

昨年は、ず〜うっと上の方からしか咲いていなかったので、びっくり

中を見ると、群青色と薄青色と黄色の配色




   
 イチヤクソウ:ツツジ科-1

落ち葉の中に数株あった

まだつぼみ




 ここから、トラバース気味の登山道になる


   
 イチヤクソウ:ツツジ科-2

おやまたあった   写真を撮っていると後ろから単独の男性

車がないのに、登山者がいたので驚いたよう

私の熊鈴がうるさいので(よく鳴るようにしてある)、先に行ってもらう




   
 こういう標識は珍しい

たいていは、釘で穴を開けてある




 トラバ−スはここで終わり
ここから急な登りになる


 
   
ツクバネ:ビャクダン科

雌雄異株  これは雌花・雌木  枝先に1つつく  こんな枝先がた〜くさんあった

枝先についていないのは雄木だろう  花が咲いて、花粉を飛ばして、落ちて終わり・・・




 
 イチヤクソウ:ツツジ科-3

おやまたあった   皆、つぼみ




「松原よこて」

ここからしばらくは、たらたら歩き


   
   
   
 ギンリョウソウ:シャクジョウソウ科-2

歩きながら左右を見ていると、あっちにもこっちにも白い花=ギンリョウソウ

今日一番多かった

1株2株なんてざら   十株以上の塊にも何度も出会った

枯葉の下から、ちらっと覗いているものもたくさん

あまりにありすぎて、数える気力も失せた

中を見るのも、飽きた・・・

下段右  汚れたような古い花の中はどうなっているのか??と思って調べると、
群青色と薄青色がなくなっていた




   
クルマバハグマ:キク科

まだ、つぼみ




オニドコロ:ヤマノイモ科

小さな緑色の花


   
 「イチョウ谷」

たらたら道もここで終わり、登りが始まる

登りの前に、休憩タイム


 「胸突き八丁」

しばらく急登が続く

左は深い崖




   
 急登が終わると、「丸屋の鳥屋」   ほっと一息つく




   
ギンリョウソウ:シャクジョウソウ科-3

ざっと20株ほどがかたまっていた

一番新しそうな花の中を覗くと、群青色と薄青と黄色がくっきり!

こんな塊が、左右にうじゃうじゃある




  
 ヤブレガサ:キク科




  
   
ミヤマナルコユリ:ユリ科

花は葉っぱの下に隠れているので、見逃しやすい

あれ?この葉っぱ・‥もしかして?と裏返すと、花があった

花柄が葉脈に沿ってしばらく伸びてから、花が垂れ下がるのが特徴




 
 「まむし坂」

このあたり、ヤマツツジがたくさん

だんだん急登になっていく




   
 
ヤマツツジ:ツツジ科

登山道にいっぱい花が落ちていた   まだ咲いているのお??という感じ




 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 ギンリョウソウ:シャクジョウソウ科-4

まだまだギンリョウソウは続く

1  枯葉の下に真っ白な花が見えた

2  そっと枯葉をどけていくと、出るわ出るわ・・・  二十個ほどの大集団

どこまでが茎で、葉っぱはどれ?  どこからが花で、花びらはどれ??  よく分からない

『茎の先に包葉につつまれた下向きの花を1つつける

花びらは3枚  おしべは10本   葉は、鱗片のように茎について、葉緑体がない

根は、こげ茶色の大きなかたまりになり、1つの株から数本の茎がでる』・・・だって

3・4  つまり、外側にあるのが「包葉」で、それの内側にあるのが「花」だろう

「包葉」は、はじめのうち「花」にぴったりくっついているが、だんだん開いていくようである

5・6   群青色と薄青色の部分は、雌しべ   黄色い部分が雄しべらしい

・・・・・・

実や種はできるのだろうが、古びて汚れている株は、殆どが、ぐちゃり・・・と崩れるようにつぶれてしまっていた




「山居の鳥屋(さんきょのとや)」   ここで休憩




   
マイヅルソウ:キジカクシ科

苔の上で咲いていた




   
ミドリユキザサ:キジカクシ科

殆ど寝るような態勢で咲いていた

12時前に、下山中の男性とすれ違った

心臓に負担の無いように歩いているし、花の写真も撮っているから、どうしてもペースは遅くなる・・・

これで、この山は、私1人だけとなった




  
 青ナギからの展望   雲が多く、どれがどの山だか・・・?




 
   
   
 ベニバナノツクバネウツギ:スイカズラ科

青ナギの足元が狭い場所の左右に咲いていた

どういうわけか、このあたりだけ

『日本固有種で、関東地方から中部地方の標高1000m〜2000mの山地に生え』るって

紅色が濃いものと、薄めのものがある

白いツクバネウツギより、花はやや小さめ




   
 スノキ:ツツジ科

角(かど)がなくつるっとした花




 あと15分!  12時半には着けるだろう


   
右下に青い水・・・伊奈川ダムかな?

越百山へ行く時通ったっけ




   
 「御料局 三角点」

本当の糸瀬山の三角点はもう少し先




「しらび平」

山頂付近は名前のように「平」になっている



 
    
ここをクリックすると大きく見えます
 今日は、見晴台は後回し

先に「のろし岩」へ





「のろし岩」に到着  12:35

登山口から3時間35分

駅から5時間05分

ここで昼食休憩とする




   
「のろし岩」の標識は横たわっていた

「又の名を くすべ岩」   今までこの標識には気づかなかった




   
コヨウラクツツジ:ツツジ科

小さな可愛い花   ここだけに咲いていた




   
イワカガミ:イワウメ科

まだ咲いているだろうかと期待して来た

昨年(5/30)は2番目に多かったが、これらは残り花

山頂の裏側だけに咲いていた

山頂付近は、岩と苔と針葉樹で、踏み跡が入り組んでいて迷いやすい




   
 山頂の三角点

大きな岩の上にある

岩に穴を開けて埋め込んだのだろうか??




 「マタキテネ糸せ山へ」を見ながら下山開始  13:00
 
 登りに見た展望より、少し良くなってきた

中央のどっしりした山が「空木岳」   その右が「南駒ケ岳」だろう




   
 下りは、同じ道

足元に気を付けるので、登りほど左右に目がいかない

ひたすら下る




「山居の鳥屋」  13:30

下山開始から30分でここまで来た


 
   
 タツナミソウの仲間:シソ科

登りに気づかなかった




「丸屋の鳥屋」  14:15

下山開始から1時間15分



   
 ここから「胸突き八丁」の急な下りが始まる




雨で落ち葉が流れた後は、滑りやすいので要注意


 
   
 「イチョウ谷」

ここから「松原よこて」まで、たらたら道が始まる




「松原よこて」

ここからまた、急な下りになる


 
   
 急な下りはここまで

ここからトラバース




ウツギ:アジサイ科

撮るのを忘れていた



 
   
 ここから樹林の中を下れば登山口の鉄階段




登山口  15:00

下山開始から2時間で到着




   
 電車は16:13発

登りは1時間半かかったが、
同じ道を花に目をくれないで歩いたら
もしかして1時間で歩けるのではないか・・・と胸算用

速足で歩くことにした

・・・・・・・・・・・

人家が見えるところで熊鈴を外した

お世話になりました!

同じ日、高山でクマに襲われたニュースを見た
あわわ・・・




15:40  ここから広い舗装道路になる

25分あれば駅まで行ける!とふんだ

来る途中、
住宅の中の道を通れば多少のショートカットになる・・・と
覚えておいたので、住宅街の中を歩いた




   
線路沿いに歩いていて、ふと右を見やると
踏切が見えた

・・・ということは、人が通ってもいいということ

線路の下をくぐるよりショートカットになる!




線路のすぐ脇を歩いていたら
あれ?駅の屋根が見えた

こんなに近かったんだ!

トイレの横へ出た   15:55着

行動時間  8時間25分

顔と手を洗って、下山報告の電話をかけてもまだ時間がある

駅前のお店へ行って、「缶ビールはありませんか?」と
尋ねると、「ない」って

「この近くに売っているお店はありませんか?」と
再度尋ねたが、返事はノー

健全な町なんだ・・・

・・・・・・・・

あきらめて、プラットホームで帰り支度をしながら
電車を待った





 山行記録(2011年〜現在まで)へ戻る