ヨーロッパアルプス シャモニーからツェルマットへ
  
    オートルートを歩く 


 出発前日 7/19 1日目 7/20 出国 2日目 7/21 エギュー・ド・ミディへ 
 3日目 7/22 ハイキング ① 4日目 7/23 ハイキング ② 
5日目 7/24 ハイキング ③   6日目 7/25ハイキング ④
7日目 7/26ハイキング ⑤  8日目 7/27ハイキング ⑥ 
9日目 7/28 ハイキング ⑦  10日目 7/29 ハイキング ⑧ 
11日目  7/30 ハイキング ⑨  12日目  7/31 ハイキング ⑩ 
 13日目  8/1 ハイキング ⑪ 14日目  8/2 ハイキング ⑫ 
15日目  8/3 ハイキング ⑬  16日目  8/4 ハイキング ⑭ 
17日目  8/5 ハイキング ⑮  18日目  8/6 ハイキング ⑯ 
19・20日目  8/7・8/8 移動・出国・帰国  全行程 


 前日・1日目 7月19・20日(水・木)
     【出国→アルジャンティエール(フランス)へ】

JR多治見駅14:37発ーJR名古屋駅・・・近鉄名古屋駅15:30発ー近鉄大阪難波駅・・・南海難波駅18:12発ー関西空港駅18:57着・・・関空内ホテル(ファーストキャビン)で宿泊

                  ※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機  ⇔その他

  前夜泊は、関空内のファーストキャビンで
明日の集合時刻が朝の8:00
当日自宅発では間に合わないので、
空港内の「エアロプラザ」にある「ファーストキャビン」で前夜泊することにし、メールで申し込んでおいた


ベッドがほとんどを占める小さな空間ではあるが、
清潔で居心地がいい
部屋の出入りはシャッターを上下させるだけ
カギはない(セキュリティーボックスはある)
パジャマからスリッパ、大浴場もある
通常1泊6200円の所、
オープン直後に予約したので、3000円!


廊下の左右にズラリと部屋が並んでいる


  出国≠KLMオランダ空港でアムステルダム経由≠ジュネーヴ空港へ
日の出前、外へ出てみた


朝食は、24時間営業のお店で和食定食


階段を降りて通路を渡ればすぐ、国際線出発ロビー
朝からセミがうるさく鳴いていた
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
両替 1スイスフラン=約120円  1-ロユ^=約130円
ランチ代や、夕食の付かない日があるので、それらの費用をを見込んで約3万円をスイスフランに両替した
ユーロを使うのはフランスだけなので、前回の残りを用意したので、両替は無し


 
 空港宅急便で送っておいたバッグを受け取り、
航空会社カウンターで係員に会う
関空からの出発は、3名だとのこと
1名は、ランタン谷・アオスタで一緒だった女性
もう1名は男性だとか


 オランダ航空は青と白が基調



   
 アムステルダムまで、およそ12時間の予定
フライトの様子がよく分かる画面で
前方・右側・左側などの様子が分かるのが面白かった

ファミリー向けアニメを見たり
うとうとしながら時間を過ごした


 アムステルダムで乗り換え
ここで成田からの男性とも合流し、4名となる
ゲートB4の前で待っていたが
それらしき人が分からない・・・
案内板を確認すると、B4からB1に変更されていた


   
 搭乗



 飛行機は小型になった
キャビンアテンダントの制服も、青と白


  ジュネーヴ空港=アルジャンティエールのホテルへ
   
 ジュネーヴ空港に着いた  19:10
添乗員の女性に出迎えられ、
ここでやっと今回のメンバーが分かった



 バッグを運ぶカートは有料 2フラン
細かいコインを持っていなかったので、
同室の女性から借りた
どこの空港でも無料なのに
ここジュネーヴ空港だけは有料だった
(帰りのチューリッヒ空港は無料)
お迎えの車でアルジャンティエールへ  19:30


   
雨が降ったり、晴れたり、虹が見えたりしながら
宿へ着くまで、約2時間  20:55着
シャモニーの町を通り過ぎた所が、アルジャンティエール
ここで2泊する

今回のホテルは皆、ポーターなし
いつも持って行く大型バッグは
自分で運ぶのはとても大変だった・・・
 ベランダから展望するモンブラン方面
夜9時過ぎでも、まだこの明るさ  21:10

 ・・・・・・・・・・・
ここのホテルは、古い木材を効果的に使ってあった
しかし、ドアの開け閉めの際、ギギーと大きな音がするし、
鍵の開閉も一筋縄ではいかなかった・・・  もっと単純な操作で簡単にしてほしいと強く思った

洗面所やトイレはとてもおしゃれにできていた
しかし、シャワー室とバスタブは離れていて、
シャワー室にはガラス扉があるが、バスタブにはシャワーカーテンもない不思議なつくり
おまけに手洗いの水を受ける「ボウル」がとても浅く、水ははねるし、もちろん洗濯はできないという代物


 次のページへ

 トップページへ戻る