5月の低山ハイキング     
          岩巣山   480.5m    (瀬戸市)  
                          2016年5月12日 


                              『       』内は、図鑑やネット検索からの引用です

岩巣山山頂へ行く途中、名古屋駅前方面を望む




岩巣山山頂の三角点のはず  以前木にかけてあった山頂標識がなくなっていた




   
   
 ミヤマシキミ(深山樒):ミカン科

雌雄異株  これらは雌株

赤い小さな実から緑色の実になり、それが大きくなって、秋に赤くなる・・・という順番??  ホント?




モチツツジ(もち躑躅):ツツジ科

甘い香りがしていた




ツクバネウツギ(衝羽根空木):スイカズラ科






 
ここをクリックすると大きく見えます
 
ここをクリックすると大きく見えます
 タカノツメ(鷹の爪):ウコギ科

雌雄異株だが、川の向こうにあるので、細部は分からず

左  花がびっしり(雄花・雄株かも?)   右  ややまばら(雌花・雌株かも?)  隣同士に大きな木があった

↓ これは2016/5/4に撮影した雄花(左)と雌花(右)

   
 雄花も雌花も、遠目にはそっくり

雄しべがあれば雄花(左)   雌しべだけで雄しべがなければ、雌花(右)




   
 瀬戸大滝

今日は、ドードーと流れ落ちていた

沢の渡渉が気になる・・・


鳥原川の川沿いに歩く

以前あった橋は流れ、今は岩の頭を踏んで渡渉

昨日朝までの雨で水量が増え、1回目が一番ひやりとした

2・3回目は、慣れたのでスムースに渡れた




   
 ヤマツツジ(山躑躅):ツツジ科

数少ないうちの1つ




 タニウツギ(谷空木):スイカズラ科

 
   
 コツクバネウツギ(小衝羽根空木):スイカズラ科

ツクバネウツギより小型  萼が2枚(ツクバネウツギは5枚)

下段左  コツクバネウツギ(白地にオレンジ色の網目模様) 2016/5/13撮影   比較のため借りてきた

下段右  ベニバナコツクバネウツギ(全体にオレンジ色  網目模様も色が濃い) 2016/5/13撮影   比較のため借りてきた

上段  ここのコツクバネウツギのつぼみ

先端が色づいているので、ベニバナかも?




  
今日の参加者  計9名

展望地(「元岩巣山」という名前があるらしい)で最後の休憩 

遠くに白山を眺めながら、静かなひと時を楽しんだ




★ コースタイムなど

  多治見9:00発=岩巣山登山口駐車スペース9:15着〜9:30発・・・岩巣山10:35・・・鉄塔下で休憩
  ・・・岩屋堂で昼食11:45〜12:15・・・元岩巣山13:55〜14:05・・・岩巣山登山口駐車スペース14:45着

  ・雲ひとつない青空! 眩しい木々の緑! 爽やかな風! ハルゼミや鳥の声! ・・・4拍子揃った
   ハイキング日和だった。
  ・「岩巣山」の山頂標識がなくなっていた。
  ・平日なので、いつも賑わっている岩屋堂も静かでお客も少なかった。
  ・昨日の雨で沢が増水していたら、沢道をやめ尾根道を行くつもりだったが、予定通り沢道を歩くことにした。
   沢の渡渉が3ケ所あったが、なんとか渡り終えることができた。これ以上増水していたら渡れない
   ギリギリの水量だった。
  ・ホウノキ・タニウツギ・モチツツジ・ツクバネウツギ・ヤマツツジ・タカノツメの花(大木でどっさり
   咲いていた)やミヤマシキミの若い実、大きなホウノキの葉(ホウバ)が印象的だった。

    
 


 「低山ハイキング」に戻る