3月の低山ハイキング (多治見市)  
   市之倉〜滝呂〜笠原の山周回               
                          2017年3月9日

                            『       』内は、図鑑やネット検索からの引用です

スズカカンアオイ:ウマノスズクサ科

3枚の花びらのように見えるのは、「萼」  花びらは無い

葉っぱの根元の枯葉をどけて、花が咲いているのを確認




   
コナラかな?:ブナ科

出ているのは、「根」  まず土の中に根を下ろす

中身が赤色の物が多い  緑色や黄色は少ない

これからどうなっていくか・・・
↓  ↓  ↓  ↓

   
4月始めごろ、子葉の間から芽が出て・・・


   
 4月の終わりになると、茎が伸びて葉が出てくる





ここをクリックすると大きく見えま
 
ここをクリックすると大きく見えます
1回目の崖

昨年の1月は、大型機械で山が崩され先へ進めなかったので、ここから引き返した

左  下の方に作られているのは、建物?  それとも、土砂崩れ防止用の何か?

右  手前に、バロー・体育館   遠くに、高速道路などが見える




 
 
ショウジョウバカマの葉先の子ども:ユリ科

地面に接している葉先をそっと触って調べてみると、
上段  まだ親の葉とくっついていた

下段  親の葉は無くなり、独立していた





ここをクリックすると大きく見えます
 
ここをクリックすると大きく見えます
2回目の崖

左  下に丸い緑色のタンク  「ゆっくり回っている」・・・の声

右  さっきまで、あの三角形の頂点に立っていた


「なんだか臭い」・・・の声も  埃っぽいというか・・・確かに臭った




アセビ:ツツジ科

咲き始めたばかり





ここをクリックすると大きく見えます
3回目の崖

見下ろすのは、笠原の町   赤茶色の建物は、笠原中央公民館アザレアホール

「モザイクタイルミュージアム」はその隣




 
コアカミゴケ(小赤実苔):地衣類 ハナゴケ科

左  昨年1月の低山ハイキングの際、ここで休憩したが、
同じ古びた木製のベンチに、やっぱりくっついていた

小さい赤い実のようなものをつける苔…という意味の名前だが、まさにその通り

右  一部を拡大・・・天辺はベレー帽をかぶったようになっているが、モコモコしている

「苔」と名前がついているが地衣類の仲間
          
 『鮮やかな赤色は子器(しき)という植物の花にあたる組織』・・・だって




水道タンクの前で集合写真  今日の参加者21名



★ コースタイムなど

 おりべダム(P)9:00〜9:20頃 ⇒三角点227.7m⇒1回目の行き止まりの崖で展望10:00頃⇒滝呂への分岐まで少し戻る
 ⇒民家⇒大畑分岐線Cの鉄塔下の2回目の崖で展望10:40頃⇒民家⇒車道⇒大畑分岐線@の鉄塔⇒お地蔵さま
 (昼食)⇒林道⇒笠原下石線1の鉄塔⇒瀬戸笠原線56の鉄塔⇒前田陶料KKへの道に降りる(予定の場所とは
 違っていた)⇒少し戻った所から登り返し⇒瀬戸笠原線57の鉄塔(3回目の行き止まりの崖から展望する予定だった
 が、どちらへ行くといいのか分からなくなってしまった・・・)⇒皆は瀬戸笠原線56の鉄塔へ戻り、1人様子を見に
 行きながら崖まで行ってから合流した13:05頃(前田陶料KKへの道に降りる分岐からほんの100mくらいで
 崖だった。
 瀬戸笠原線57の鉄塔の根元を歩かず、鉄塔を見上げながら歩いて行ったので、分岐を見落としてしまったことが
 分かった)⇒滝呂緑地⇒水道タンク13:45頃⇒おりべダム(P)14:30頃着
              行動時間約5時間  19367歩(万歩計より)

 ・このコースは昨年1月に計画したが、山を崩す大工事のため途中でプッツンと途切れてしまい引き返した
  ことがある。
  その後、新しい道ができていることを聞き確かめに行った。
  市之倉・滝呂・笠原の人達がよく歩いているコースなので、踏み跡もだんだんはっきりしてきて標識まで作られ
  ていた。

 ・道が分からなくなった原因は、瀬戸笠原線57の鉄塔位置が地図に書いてなかったから。自分の足で歩いて作った
  地図なので正確さに欠けていた。申し訳ない・・・

 ・咲いていた花・・・ アセビ  花ではないがコアカミゴケ(小赤実苔):地衣類 ハナゴケ科



  「低山ハイキング」に戻る