小原 四季桜の里 
(豊田市)
 

                                 2014年11月23日

                       
                                          『       』内は、図鑑やネット検索からの引用です

                                                     豊田市「小原四季桜まつり」のチラシはこちら

  川見(せんみ)四季桜の里
  
駐車場探しと順番待ちに手間取ったおかげで
多治見から約1時間後、やっと歩き始めることができた




 駐車場から、歩道を歩いて川見(せんみ)の
四季桜公園へ向かう

紅葉の赤と四季桜の白が見事!




   
  
ピンクの花と白色の花が同居

よ〜く見ると、ピンクの花の雄しべは茶色になり(白い花は黄色い花粉が見える)
雌しべの先が茶色っぽくなっているものもある

どうやら、咲いたばかりは白色で、日にちが経つとピンクがかってくるようである


・・・・・・

今頃咲くサクラの違いはなんだろう?・・・図鑑やネットで調べてみた↓

シキザクラ(四季桜)
 
春は、3月中頃〜4月上旬
秋は、10月下旬〜12月上旬の
年2回花が咲く

秋に満開、春は控えめに咲く
春は花と同時に葉が出て、花の数も秋に比べてかなり少ない

見頃は、11月上旬〜11月下旬

花弁は5枚の一重咲き 淡紅白色

秋の花は直径1.7〜2cmでやや小さく、
春の花は直径2〜2.8cm

萼筒は細い

ジュウガツザクラ(十月桜) 春3月下旬と秋から冬10月〜12月の年2回花が咲く

秋に咲く花に比べ、春に咲く花は大きく、雌しべが1本長く突き出る



 
花は淡紅色

花弁の先に濃いピンク色が残る

花弁は八重10〜20枚

萼筒は壺型で紅色

フユザクラ(冬桜) 花期は10〜12月頃と4月頃の年2回花が咲く



花弁は一重

淡紅色で、のちに白色

萼筒は紅色で太め

コブクザクラ(子福桜)

春と秋の年2回花が咲く

花弁は八重20〜30枚

白色

散りぎわに紅色を帯びる

普通八重咲きは結実しにくいが、1つの花に複数の雌しべがあるために複数の実(1〜3個)をつけることから、「子福桜」の名前が付けられた・・・と

萼筒が漏斗型





 川(柿ケ入沢)沿いの道ー1

 
 川(柿ケ入沢)沿いの道ー2

 
 川(柿ケ入沢)沿いの道ー3




   
 薬師寺への階段の下は、
五平餅やうどん等のお店が並んでいた

皆は、ここで昼食を注文するために長い列に並んだ

私はいつものようにお弁当持ちなので、お先にランチタイム




 そして、周りを散策-1
 
 周りを散策-2

 
周りを散策-3

 
 周りを散策-4

 周りを散策-5

   
 ランチの後、川見(せんみ)薬師寺への長い階段を登る




 山門が見えた
   
 山門をくぐった所




本堂はこの上 
   
本堂に登るにはまだ階段があった




 本堂
   
 さて、四季桜を近くで見に行くことにする

長い階段を下って左折すると・・・→




 ・・・→登り坂になった

 
 上から眺めるのもまた一興




 
 今日は14名の参加者(階段がきついから・・・と2人は下で散策)
後から1人が参加で、計15名 (大洞の四季桜へは15名で)




 
 上の記念写真を撮った所と同じ広場

ここからぐるっと回るコースもあるが今日はカットして、下る




 
 バックが、黄葉の山もいいねえ・・・




下った所は、車道




車道横の歩道を歩いて、駐車場へ戻る
 この時間になっても、あちこちにある駐車場は満車

駐車場が空くのを待つ車の列




 帰りは、「柿ケ入沢」沿いの遊歩道を歩く

 モミジのトンネルで、足元は沢(柿ケ入沢)   対岸は四季桜と車道

赤と白の饗宴を十二分に堪能できた!




   大洞の四季桜

 車で「大洞公民館」駐車場へ移動
甘酒をごちそうになった(鍋が空になった・・・)

チラシを見ると、ウォーキングコースもあるとか

すぐ近くにある「てんのうさん」公園へ登る

見事なイチョウの大木と四季桜

 川見(せんみ)地区より小規模  四季桜の木もまだ小さい




 
   
 ここの四季桜も、ピンクっぽい花(上の段)と、白色の花(下の段)がある




   
 左  白い花  雄しべに黄色い花粉がある

右  ピンクの花  花粉は見えない

やはり、咲いたばかりは白色で、日にちが経つとピンクがかってくるようである




 
 大洞地区の四季桜ー1

 
 大洞地区の四季桜ー2

 
 大洞地区の四季桜ー3




                                 
Walking2014のページに戻る