各務野自然遺産の森周辺 
(各務原市)
 
                                 2014年2月6日


                                            ルート図はこちら
                       
                                          『       』内は、図鑑やネット検索からの引用です


1

2

3
テイカカズラ:キョウチクトウ科

1 細長い鞘が2つに割れてぶら下がっていた

2 その先に、綿毛のようなものがくっついていた
よく見ると綿毛の先に細長い種が2つくっついていた

3 道に落ちていたよ・・・と、種を見せてもらったのでパチリ

今がちょうど鞘が割れて風に乗って飛んでいる頃のようで
あちこちで、1つ、2つ・・・と見つけた




アセビ:ツツジ科

咲いていたのはこの株だけ




 
シキミ:シキミ科

なんて早い! シキミの花がほころび始めていた(この株だけ)




 イズセンリョウ:ヤブコウジ科-1
イズセンリョウを見るのが今日のメイン

『静岡県伊豆半島に多く、センリョウに似ることからイズセンリョウと呼ばれる。』と

伊豆ではないが、こんなに群生しているとは驚き

左  全体の様子 1mくらいの低木
細長い葉は、皆、水分不足のように垂れ下がっているのが特徴

右  実が生っている様子
『雌雄異株・花期4〜5月 果期1〜2月』だって  あれれ・・・カメムシが・・・




イズセンリョウ:ヤブコウジ科-2 
実が生っている様子

真っ白ではなく、ピンクがかった白色で、褐色の薄い線が入っている
『萼が全体を包んでいて、先端に花柱が残る』と
頭のてっぺんにある




 
イズセンリョウ:ヤブコウジ科-3 
蕾の様子   葉の脇に蕾をつけていた




カナメモチ:バラ科

頭のてっぺんにある黒いものは
ガクの名残りらしい




 クチナシ:アカネ科

このコースには、クチナシが多い




ドウダンツツジかな?ツツジ科

左 カップのように皆上を向いていた
右 赤い芽が、つんつんと上を向いていた




 
フクジュソウ:キンポウゲ科

駐車場のそばの囲いの中に咲いていた




タマミズキ:モチノキ科

遠くからでもそれと分かる真っ赤な実

今日は曇り空なので色が映えない・・・




 
 御岳   金山山頂より




 
能郷白山方面  大岩展望台より




 
 中央アルプス  大岩展望台より




 
 伊吹山  大岩展望台より




                                 
Walking2014のページに戻る