多治見植物の会3月例会

                
西高森山麓周辺
 
(春日井市)
 

                                 2014年3月22日

                       
                                          『       』内は、図鑑やネット検索からの引用です

ホトケノザ:シソ科

斜面に、大群生地があった

『下の唇は3つに裂ける』とあるが、2つは見たことがあるが、3つはないなあ・・・





1
 
2

3

4
ハルリンドウ:リンドウ科

1・2  花が開いたばかり  雄しべがくっついている(このころの雄しべはピンクがかっている)

3・4  雄しべは花粉を出し、外側の花びらにくっついている  中央の雌しべは開いて受粉の準備




シデコブシ:モクレン科

つぼみが膨らんできた   あと、数日で開きそう




ヒサカキ:ツバキ科

赤っぽい花  雄しべがいっぱいなので、雄花




オオイヌノフグリ:オオバコ科

陽が当たるとパッと開く1日花
(たった1日咲いただけでほろっと落ちてしまう)

雄しべ2本 雌しべ1本




 スズカカンアオイ:ウマノスズクサ科

枯れ葉がそこだけ退けてあって、花が見えるようになっていた





1

2
 
3
 
4
 
5
 
6
ショウジョウバカマ:ユリ科

1 咲いたばかりでまだ背が低い  2 1の拡大画像  雌しべの先端は3つに分かれていて白っぽい

3 これも、咲いたばかりでまだ背が低い  4 3の拡大画像 こちらの雌しべは先端が赤っぽい

5 背は低いが、花粉はかなり出ていて白っぽくなっている  6 5の拡大画像 雌しべの基部が赤い




                                 
Walking2014のページに戻る