池田富士周辺 
(多治見市)
 

                                 2014年5月20日

                       
                                          『       』内は、図鑑やネット検索からの引用です

ニシキギ科

5月1日には、花が咲いていたが、3週間ほどたった後に来てみると、こんな実ができていた


花はツリバナにそっくりだったが、ツリバナの実はこんなんではない  では、何の実??




 ミツバツチグリ:バラ科

花が『集散状(主軸の先端に花がつき、少し下から横枝が出てその先に花がつくような状態)』に咲いているので、ミツバツチグリ




 
ヘビイチゴ:バラ科

副萼片が萼片と比べて小さいので、ヘビイチゴ




ウシハコベ:ナデシコ科

とても大型なハコベの群生があった

花柱が5個あるのでウシハコベ    よく似たハコベは、花柱が3個




タチキランソウかな?:シソ科

地面に張り付くようには広がらず、立ち上がりながら広がっていた ⇒タチキランソウ

上唇ははっきりしない ⇒キランソウ

両方の特徴を備えている・・・




タニギキョウ:キキョウ科

薄暗い場所を好むよう




 フタリシズカ:センリョウ科

まだ、「ヒトリ」だがそのうち「フタリ」になる




ショウジョウバカマ:ユリ科

左  角を3つ、つまみ出したような形の実が裂け始めた  中には種がびっしり

右  今にもこぼれそうになってきた種  もうすぐ風に吹かれるとさらさらと落ちていく

茎を、手でぽんとたたくと、さらさら・はらはらと落ちる




ヒメウコギかな?:ウコギ科

『雌雄異株』『日本では雄株は知られていない』だって

では、これらは皆、雌株・雌花?





1

2

3 2014/5/1 池田富士周辺で撮影
  
スルガテンナンショウ:サトイモ科

3  つい3週間前には、『仏炎苞(ぶつえんほう=ペロッとした物が覆いかぶさっている部分)』をめくって  
『肉穂(にくすい=棒のようなもの)花序』のてっぺんの白い部分(付属体)の先がどうなっているか調べていたのに
1  今日は、すでに『仏炎苞』は枯れて薄汚れていた

2  びりびりとその『仏炎苞』をやぶると、緑色の実ができていた




ヤマハゼ:ウルシ科

『雌雄異株』」だって

淡黄色の小さな花がたくさん咲いていた

『雄花は花弁が5個、5本の雄しべと、退化して小さくなった雌しべがある』と   では、これは雄花・雄株




   
   
ナワシロイチゴ:バラ科

つぼみがある・・・と思ったが、拡大して見ると、これが花  つぼみは、とげとげの萼に包まれた丸いもの

星形に広がっているのは「萼」  その真ん中に桃色の花びらが固まっている

この花びらは、『上部で閉じており、先端部から雌しべ柱頭が覗く
雌しべが成熟し終わると花弁が落ちて、成熟した雄しべが現れる』・・・・だって

へ〜え、そうなんだ・・・  満開でも、こんな花びらが閉じた状態の花とは、不思議!

『ちょうどイネの種を蒔く「苗代」を作る頃に果実が熟すので、ナワシロイチゴの名が付いた』そうである




   
 ナガバモミジイチゴ:バラ科

赤い実ができ始めていた

しかし、この実は取ろうとすると、
ポロリと取れずに、ぐちゃりとなってしまうので困りものである




 ナツハゼ:ツツジ科

赤いつぼみが並んでいた

   
タツナミソウの仲間:シソ科

タツナミソウの仲間は同定が難しい

葉に紫色の筋があるので、シソバタツナミソウと思われるが、決め手は『茎の毛が上向きで長さがそろう』ことだそうである




   
   
ユリノキ:モクレン科

保育園の傍に咲いている高木だが、橋の上からだとちょうど見やすい位置になる

花の基部のオレンジ色が素敵なアクセントになっている




   
センダン:センダン科

生協のお店の脇に咲いていた  何年も利用しているのに、今まで花が咲いているのに気付かなかった・・・

高木に、薄紫色の花がたくさん咲いていた

『花弁は5枚で、中心部には紫色の筒状のものがある

これは雄しべが合着して筒状になったものであり、葯の数から、10本の雄しべが合着したものであることがわかる』と




  
 イトトンボの仲間




                                 
Walking2014のページに戻る