屏風 
(瑞浪市)
 
                大草〜仲ケ平〜山頂〜黒の田湿地〜大草

                                 2014年7月19日

                       
                                          『       』内は、図鑑やネット検索からの引用です

 カラスウリ:ウリ科

夜開き、朝にはしぼむ花だが、7:00頃と早かったことと、曇り空だったせいで、まだ完全にはしぼんでいなかった




ヤブカンゾウ:ユリ科

八重咲きの花

別名:ワスレグサ

 
 ノカンゾウ:ユリ科

こちらは一重咲きの花

「カンゾウ」という名前だが、漢方薬の「甘草」とは違うって

別名:こちらもワスレグサ




ノリウツギ:アジサイ科

大きな株になっていた




ノカンゾウ:ユリ科

黒の田湿地にて

遠目には黄色に見えたが、近づいてみたら
ノカンゾウだった




 オオバノトンボソウ:ラン科

これも、黒の田湿地にて

コバノトンボソウがたくさんあった



   黒の田湿地で休憩している頃は晴れていて、遠くでゴロゴロとは鳴っていたが(9:50)
    5分後には空が真っ暗になり雨が降り出したので、大回りコースの大牧へ回らず、すぐ大草へ下山することにした

    雷はすぐ近くで鳴り、雨も強く降り出し、登山道はあっという間に川になり、すごい勢いで流れ始めた

    落ち葉などが溜まって堰になっていた所に雨水が流れ込み、耐え切れずにどっと流れる様は、
    まさにダムの決壊そのものだった

    川になっている凹みに足が入らないよう、登山道の両側に足を置きながら歩いた
    急な坂の所は、滝のようになってしまった!

    駐車場に着く頃(11:00頃)には雨が小止みになった

    こんな強い雨が一気に降ったのを山で体験したのは初めて!


 

                                 
Walking2014のページに戻る