定光寺自然休養林 
(瀬戸市)
 

                                 2014年9月4日

                       
                                          『       』内は、図鑑やネット検索からの引用です

ホウチャクソウ:イヌサフラン科(ユリ科)

大きな実ができていた




チゴユリ:イヌサフラン科(ユリ科)

ホウチャクソウよりやや小さめの丸い実


オトギリソウの仲間:オトギリソウ

下のオトギリソウより背が低い  上の方では枝分かれしない

黒点は花びらの縁にちょっぴり

葉は、下のオトギリソウより短くまるっこい




   
オトギリソウの仲間オトギリソウ

上のオトギリソウより背は高い  上の方で多数枝分かれしていた

花びらや萼に黒点が目立つ

上のオトギリソウより、葉は、長め




チドメグサの仲間かな?:ウコギ科

左  葉と花の様子   右  目立たない花が咲いていた 実になっているものもあった




ミツバアケビ:アケビ科

昨年と同じ場所に生っていた




ゴンズイ:ミツバウツギ科





リンボク(別名ヒイラギガシ):バラ科

高木に、びっしりと花が咲いていた




  ヤマノイモ:ヤマノイモ科




   
 アキノウナギツカミ:タデ科

湿地に咲いていた

茎には小さな棘があり、触るとざらつく

葉が細長く、茎を抱くのが特徴




   
 ガマ:ガマ科

湿地に咲いていた

フランクフルトソーセージのような部分が『雌花群』

その上に突き出ているのが『雄花群』

雄花は、6月ごろ咲くらしいが、見たことがない

これよりもっと小さい「コガマ」や
『雌花群』と『雄花群』の間が離れている「ヒメガマ」もあると
花好きの友人から聞いた




 ミソハギ:ミソハギ科

湿地に咲いていた



 
  
  ノアズキ:マメ科

面白〜い花の形をしている

黄色の蝶形の花で、『中央の竜骨弁はねじれ、左の翼弁と一緒に上をむく  右の翼弁は竜骨弁の基部をとり巻く』だって

豆果は、さやえんどうそっくりな形




                                 
Walking2014のページに戻る