定光寺自然休養林 (瀬戸市)

 
                              2016年10月20日


                   
                                          『       』内は、図鑑やネット検索からの引用です

ヤブニッケイ(藪肉桂)かな?クスノキ科

青い実がなっていた




 ノコンギク(野紺菊):キク科




 キダチコンギク(木立紺菊):キク科

   
   
ゴンズイ:ミツバウツギ科

『果実は袋果  長さ1cmほどの半月形  果皮は肉質で厚く、9〜11月に赤く熟す

熟すと裂開し、光沢のある黒い種子が1〜2個顔を出す  種子は直径約5mm』・・・と




   
 ヤブムラサキ(藪紫):シソ科

葉っぱの下に隠れているので、持ち上げてパチリ




 ムラサキシキブ(紫式部):シソ科

葉っぱの上に顔を出している

ヤブムラサキより小粒




   
 アラカシ(粗樫)かな?:ブナ科




 サネカズラ(実葛)
別名ビナンカズラ美男葛):マツブサ科





   
アズキナシ(小豆梨):バラ科




 
1
 
2
 
3
 
4
イズセンリョウ(伊豆千両):サクラソウ科イズセンリョウ属(ヤブコウジ科)

1  来年用のつぼみ

2  つぼみと、実

3・4  実は、葉っぱの下に隠れているので、持ち上げてパチリ




   
ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸):ナス科

左  緑色の若い実

右  熟すと真っ赤になる





Walking2016のページに戻る