向山〜権現山 
(各務原市)
 
                              2016年3月17日


                   
                                          『       』内は、図鑑やネット検索からの引用です

                                                  地形図はこちら

   
 ウメ:バラ科

麓はウメが満開(やや盛りを過ぎた所)




 アオキ(青木):ミズキ科

こんなに赤い実は少ない

殆どは黒くなったり萎びたり落ちたりしていた




ショウジョウバカマ(猩々袴):ユリ科

水が滴り落ちる場所に群生




 ヒサカキ:モッコク科

時々、ふうわり〜と匂ってくる

まだ咲き始め




シハイスミレ(紫背菫)?:スミレ科

3〜4株、咲いていた  まだ咲き始め




 
コバノミツバツツジ(小葉の三つ葉躑躅):ツツジ科

数株花が咲いていただけ  これは大きな株で、花もたくさんついていた




   
 シキミ(樒):シキミ科

シキミの木は少なかった




 
 タテハチョウの仲間




   標識

 岩坂峠からの稜線歩きは、いくつもの、ピークを越えていく

いったい幾つピークがあるのか、1つ目の登り・・・1つ目の下り・・・などと数えながら歩いた

1つ目は高圧電線の鉄塔が立つピーク

6つ目のピークから90度に曲がって、急な登りが始まるときに、直登か巻道かに分かれていた

1人は直登・2人は巻道へ

その巻道の途中にあったのがこの「岩坂トンネル」へ分岐する標識

このすぐ後、いい展望地があった





ここをクリックすると大きく見えます

須衛山頂にあった標識と案内図  須衛は、7つ目のピーク

地形図にはない面白そうな道が書いてあった




   
 向山見晴台 8つ目のピーク

遠くに、能郷白山が白く見えた

下山はここから下る




 向山山頂 11番目のピーク

見晴らし台から約15分


・・・・・・・・・・・・・・・

実際に数えていたピークの数は、地形図より多かった

向山は13番目だった

少しでも下り始めれば、
「ピークから下りている」ことにしたので多くなったと思う




   
 左折すると桐谷坂へ下りる

13番目のピークから下りた鞍部

直進は、「アルプスハイキングコース南コース」

しかし、地形図には登山道は書いてない




県道17号線の桐谷坂を素早く渡って
しばらく林道を歩くと、「権現山登山口」標識に出会う




 
   
 芥見権現山手前のT字路にあった標識

地形図にはない登山道がはっきりあって
どっちへ行こうか迷った所

縦走している際、
見当をつけていたピークは左前方だったので、左折




 芥見権現山山頂  桐谷坂から5番目のピーク

向山見晴台から2時間弱

桐谷坂から1時間15分



    展望

 
 須衛山頂直下の展望地から

右から、御嶽・乗鞍・笠ヶ岳
(左の山並みに、尖った山が見えたので「槍」かと思っていたが、
芥見権現山頂で出会った男性から「笠」だと教えてもらった)




 
 同じく、須衛山頂直下の展望地から

中央アルプスの山並み




 
 向山見晴台から  能郷白山

車から、美濃太田あたりで加賀白山が大きく見えた

歩き始めるとだんだん見えなくなってきた・・・




   コースタイム
      多治見8:35発=福祉の里(P)9:30〜9:40・・・トンネル手前登山口9:50・・・岩坂峠10:10・・・須衛への直登と巻道分岐
      ・・・岩坂トンネル分岐11:00・・展望台11:05・・・須衛山頂11:08〜11:13・・・向山見晴台11:20〜11:30・・・向山11:48
      ・・・桐谷坂分岐12:03・・・桐谷坂で道路横断12:10・・・権現山登山口12:17・・・芥見権現山13:24〜13:42・・・
      T字分岐13:54・・・桐谷坂で道路横断14:40・・・向山15:13〜15:18・・・向山見晴台15:35〜15:40・・・鉄塔16:00・・・
      福祉の里(P)16:15着
      


Walking2016のページに戻る