屏風山

 
                              2016年9月11日


                   
                                          『       』内は、図鑑やネット検索からの引用です

ヤマジノホトトギス(山路の不如帰):ユリ科

下の方にあって水平に開いている6枚の花びらのようなものは、『花被片(かひへん)』

*『花被片=花弁と萼が形態的に類似していたり、ほとんど区別できない場合、それらをまとめて花被片という』

確かによく似ている  多少幅広のもの3枚と、幅の狭いもの3枚がある

幅が広いのは、外花被(萼)   幅の狭いものは内花被(花びら)・・・らしい

花被片には紫色の斑紋がある

先端(柱頭)が3つに分かれ、さらに2つに分かれ、紫色の斑紋と縁に透明な水玉のようなものがあるのが、雌しべ  

黄色っぽくてくるっとまがっているのは、雄しべ 6本

この花を見ると、「秋が来た〜」と感じる




アジサイ科のような・・・

下の画像のクサアジサイと似ているが、
 @ 装飾花がない             
A 葉っぱの鋸歯がはっきりしている
       B 葉は、対生に付いている             
・・・ことから、違う花だと思う




 クサアジサイ(草紫陽花):アジサイ科

ピンクや緑の装飾花があった




 キバナアキギリ(黄花秋桐):シソ科

今年はまだ早かったのか、
これ1つきりしか咲いていなかった




 ギンリョウソウ(銀竜草):シャクジョウソウ科

もう崩れている頃だと思っていたが
まだ、シャキッと立っていた



   
キク科

花びらは細長く、花びらと花びらの間に隙間がある

葉は、長楕円状披針形で先はとがっている  鋸歯は小さい  茎は抱かない

シラヤマギク・ヤマシロギク・イナカギク・シロヨメナ・ノコンギクなど、よく似た花があって判別が難しい・・・!




  
キク科

上の画像の花より、花が小さい

葉には大きな鋸歯がある

シラヤマギク・ヤマシロギク・イナカギク・シロヨメナ・ノコンギクなどよく似た花があって、判別が難しい・・・!




   
   
   
モミジバハグマ(紅葉葉白熊):キク科

『頭花は3個の小花からなり、小花の花冠は白色で細く5裂する  3個の雌しべが長く突き出す』・・・と

寿老の滝のそばにたくさん咲いていた




   
 ツルリンドウ(蔓竜胆):リンドウ科

白に近い紫色




 ツユクサ(露草):ツユクサ科

花びらは3枚、上方にある大きくて青い花びら2枚
下の方の1枚は小さくて無色(小さめでとがっている部分)

左右にある半透明の部分は、萼

『雄しべは6本  上方の3本は、
「π」字の雄しべ

中間に
「人」字形の雄しべ1本

下方には、
長い花糸の雄しべが2本

撮影時は、9:25なので、まだ巻き上がっていない




   
ツリフネソウ(釣船草・吊舟草):ツリフネソウ科

濃い紅紫色の花



   
ツルニンジン(蔓人参):キキョウ科

蕾の方が多く、咲いていたのは2輪のみ




   
 メナモミ(雌なもみ):キク科




 スズカアザミ(鈴鹿薊):キク科




   
オトコヨウゾメ:レンプクソウ科(スイカズラ科)

左  麓近くではこんな黄色

右  黒の田湿地の付近では、きれいなオレンジ色になっていた




   
ゲンノショウコ(現の証拠):フウロソウ科

このあたりは白花が殆ど (伊吹山には白も赤も両方あった)

左  雄しべの時代

右  雄しべの役目は終わり、今度は雌しべの柱頭が開いた雌しべの時代

「雄性先熟」の花




   
 アキチョウジ(秋丁字):シソ科




 イヌトウバナ(犬塔花)かな?:科




   
ウナギツカミ(鰻掴み)(アキノウナギツカミ):タデ科

葉の基部が矢じり形で茎を抱くいているので、ウナギツカミ




   
ミゾソバ(溝蕎麦):タデ科

葉の基部が耳状に張り出しているのが特徴 (別名「ウシノヒタイ」)

ママコノシリヌグイやウナギツカミより花が大きめ




   
 キブシ(木五倍子):キブシ科

大きな実がずらりとぶら下がっていた



 シロモジ(白文字):クスノキ科

びっしり実がなっていた




  
   
マツカゼソウ(松風草):ミカン科

葉や花を見た時、「カラマツソウだ」・・・と思ったが、違っていた




   
 ヤマノイモ(山の芋):サトイモ科

雌株・雌花




 ツクバネ(衝羽根):ビャクダン科






 
   
イワショウブ(岩菖蒲):チシマゼキショウ科

『花は1か所に2〜3個ずつつく   花びらは6枚 (細長い楕円形で、内側に巻いている)

花の真ん中にある緑色のものは雌しべの根元(花柱は3個・・・2個のものもある)

雄しべは6本』




   
シラタマホシクサ(白玉星草):ホシクサ科

黒の田湿地は水が少なくなり、乾いていた

左  シラタマホシクサは湿地の真ん中あたりに小群落を作っていた

右  水のある所では、大きな「シラタマ」になっていた




    
サワギキョウ(沢桔梗):キキョウ科

これは残り花




 ミズかな?:イラクサ科

『やや小型で鋸歯はとがらず数も少ない
葉先は尾状にならない』・・・と

よく似たアオミズは、
『鋸歯がとがり、葉先が尾状にとがる』・・・だって




 
 葉っぱの縁に水があふれている様子が面白くて、パチリ

隣にあった葉は、あふれていなかった




これは↑ 2015/8/4 南アルプス大樺沢で

葉っぱの名前は分からないが、
この木の葉っぱだけ、どういうわけか水滴がいっぱい溜まり
集めれば、かなりの量の水が得られるのではないかと
思えるほどだった

雨が降っているわけではなく、
他の木の葉っぱは、
水滴なんて知らないわ…という感じだった

(比較のため借りてきた)




  
寿老の滝





Walking2016のページに戻る