白と風の世界 八方尾根 








●場 所 長野県
●標高 第3ケルン 2080m
八方池山荘 1830m
第2ケルン(息ケルン:やすむケルン)2005m
八方ケルン 2035m
●山行日 1992年3月20日〜3月22日
●コース 八方池山荘・・・第3ケルンまで
●多治見から
   登山口まで
JR多治見駅ーJR白馬駅⇒八方⇔ゴンドラとリフトで第一ケルン・・・八方池山荘
※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ⇔その他
●参加者 林、丹羽
●コースタイム 1日目 3月20日(金)
JR多治見駅
JR白馬駅
八方駅
8:54発
11:49〜12:10
12:15
・・・八方ケルンまで下見・・・ 八方池山荘(泊)
2日目 3月21日(土)
八方池山荘
午後近くを散歩
八方池山荘(泊)

14:50〜15:35

3日目 3月22日(日)
八方池山荘
第3ケルン
八方駅
640発
7:55
10:30
            周辺地図はこちら  八方尾根ルート地図


1日目  3月20日(土)

あっという間の1時間で雪の世界へ

   

多治見が8:54発と、のんびりとしたスタート。何といっても白馬直通は便利。
眠っている間に雪国へ入り込んでいた。
山は勿論、田んぼも白。この辺りの人は、いつもこんな景色を見ているんだなあと羨む。

白馬の駅の真ん前にドカーンと真っ白な白馬三山。バス6分で山の麓へ着。

アダムという名前のゴンドラ。伊吹山にあるものと同じタイプの6人乗り。
荷物料金は、10キロを越えると100円。10キロごとに100円増し。14キロだった。
食料、ガスなどが入っているが、新しいザックのせいか、日頃の訓練のせいか重いとは感じず。

それ程待つこともなく乗車。我々以外は皆、スキーヤー

林の上をぐんぐん登って行く。雪の上には、兎の足跡がくっきり。
16分ほどでうさぎ平。ここからは、リフト利用。ちょうど、選手権大会のようで、
選手がこないのを見計らって通行可。

料金所まで、たくさんの人、人、人。
ザックを担いでいるのは、前の方に2人のみ。

現金払いは、我々だけ。スキーヤーの後にくっつき少しずっ、少しずつ前進。

大きなザックを目敏く見付けられ、「登山者の方はこちらへ。」とザックを持ってもらい
リフトに乗せて貰ってからその横へ座る。

降りるときも素早く監視室から出てきて、まず、ザックを下ろして「早く降りなさい。」
と声が掛かる。

ここまでは、セーターも手袋も必要無かったが、ここからまたリフト。
寒くなりそうなので、防寒具を用意する。

右側には、白馬三山とその連なり
左側は、鹿島槍・五竜とその連なりが真っ白に見える。

ここで待っている人の中には、登山客は1人もなし。

同じようにリフトに乗り、また降りる。すぐ前に、八方池山荘。
ゴンドラに乗ってからここまで約1時間。あっというまに、こんな高いところまできてしまった。

猛烈におなかが空いてきたので、山荘の少し上で昼食とする。最高の場所!

太陽はあるが、雲が多く、青空でないのが残念。
青い空と白い雪山といきたいが、白い空に白い山では写真に綺屋に写らないだろう。

まだ時間は早いので、散歩に行くことにし、カメラ・ストックを持ちアイゼンを着けて出発。

上へ行けば行くほど、どんどん新しい山が見え始め、第2ケルンからは不帰の嶮
鋭いV字型や、唐松岳が正面に見えてきた。

後方もぼんやりとではあるが見え、文字通り360度ぐるりの展望をおおいに楽しんだ。

翌日、翌々日とは天侯に恵まれなかったが、この日・ここで見た白い雪山の連なりが
見えただけで、はるばる遠くまで来た甲斐があった。

太陽は雲の中に入りそうで白く丸く見える。

下ってまた登ったところにケルンが見える。
右よりには、避難小屋?も見える。

  
周りは真っ白。どこを歩いてもOK。新しい1歩を踏み出してもそれ程は潜らない。

アイゼンがキュッ、キュッといい音をたてる。

避難小屋に見えたのは、実はトイレだった。木造でがっしりとした造り。
(翌々日、本当にここが避難場所になった。)

その境に、雪の高さを利用して雪洞が掘ってあり、雨具やロングスパッツが
木の枝に掛けてある。誰か住人がいるらしい。
(翌日、すれ違った人に「昨日はどこの泊まりでしたか?Jと聞くと、「雪洞です」と返って来た。

そして、「まだ使えますよ。」と勧めて貰ったが、そのまた翌日行ってみるとツエルトで
入り口が塞いであった。)

トイレのそばにケルン。「息(やすむ)ケルン」という名前。昭和12年に遭難した息子を
悼んで父親が建てたとか。

次のケルンまで緩い登り。八方ケルン。まだ新しい。

      
天気図もかかなければいけないし、夕飯は自炊だし、雲も厚くなってくるしで
引き返すことにする。
(次の日から天気が悪くなると知っていたならもうすこし足を延ばしたのに‥・と悔やむ。)

下りは、私にとっては快適そのもの。体の重みで、足を踏み出しさえすれば
ずずっ ・ずずっと下っていけるから。

宿泊手緩きをして(2段ベッドの上)天気図をとる。前線をともなった発達中の低気圧が
近付いてくる
とわかった。
しかし、夕方からは、回復してくるとわかり下山しないで停滞になりそう。

夕食は、土間で作り食堂のテーブルで食べる。(食事付きの人の食堂とは場所が違う)

入浴!(これには驚いた。)就寝7:30。

2日目  3月21日(日)

八方池山荘で停滞

朝、5:30起床。
天気が気になりトイレへ行ったついでに戸を開けると横なぐりの雪
だいぶ積もっている。『ああ、今日はだめだ』と諦める。

6:00前の天気予報を聞こうと食堂へ降りる。
結局、ずう〜っと12:00までそこに陣取り、9:00の気象情報を聞いて天気図を書いたり、
「山渓」の雑誌を見ながら、5月の連休の計画を立てる。

四国沖に低気圧が近付いてくること、75キロの早いスピードで東北沖へ行くこと・・・が
分かったが、前線を引き摺っているので影響がいつまで残るかを心配する。

5月連休の候補地「燕岳」。時刻表を見て計画書を作る。

また、小屋利用では行動範囲が限られるので、テント泊ができるように広告を探す。

2〜3人用で、ゴアで、軽いテントを探した結果『イシイ・ゴアライトテント』と、
『アライテント・ゴアライズ・2』のふたつが候補に上がった。どちらも1、65kgと軽量。

こんな日でもスキーヤーが来て、段々食堂が込み合って来たので2段ベッドへ退散。

行動食とビールで昼食。そして、惰眠を貪る。

14:50、雪が小降りになってきたので散歩に出掛けることにする。

  

所が、少し尾根へ出ると風がびゅんびゅん吹き、強烈な地吹雪もあり、第二ケルンの
手前のヤセ尾根で吹き飛ばされそうな危険を感じ引き返すことに決定。
約40分の散歩に終わる。

16:00、またまた天気図を取る。
「明日には、低気圧は遠ざかり天気は回復するが風が強いだろう…と分かった。

話好きの三重県の女性といろいろ話すなかに、中高年の無謀登山(遭難一歩手前所
かまさしく遭難そのもの)の話を聞き、「未踏」では考えられない!・・・と、
後で二人になった時話し合う。   
夕食18:00。 入浴19:00。 就寝20:00。

3日目  3月22日(月)

強風の中を第三ケルンまで

 
風が段々強くなり、寝ていても小屋がみしみし・ゆさゆさと揺れる。
ごお一つという音と共に小屋全体が揺れ、まるで地震かと思うような揺れ方で目が冴える。

年末の北八ツで、夜中は風が強くても朝になったら静まったので、ここもそうなりますように
・・・と祈る。

朝が近付いてくると、ごお〜っという揺れと揺れの間隔が間違になったような気がして
安心したのか少しうつら・うつらできた。

起床5:40。
昨日、寝る前に空を見上げたら、
雲の切れ間が覗いていたので、期待して起きる。
ザックを持ってすぐ下へ。
窓ガラスが明るい。晴れだ! 戸を開ける。懐かしい青空と白い雲

頂上へ行って戻って、多治見まで帰るには早く出発しなくてはと気が焦る。

日の出をカメラにおさめる。
4人パーティー・単独・単独・・・と先を急ぐ人達。

青空も瞬時に様相が変わり、雲に覆われたかと思ううとまた現われてくるといったように
目まぐるしく変わる
何枚も何故も写真を撮る。

さあ、出発。6:40

尾根へ出ると風が強くなる。
ほんの少し前に出掛けたパーティーの足跡も、単独行の人の足跡も、ピッケルの先の
穴だけ残して全部消えてしまっている。

しかし、ここは前に下見がしてあるところ。自信を持ってトップを歩く。

昨日、退散した地点も無事通過。
右から吹いてくる風に逆らって、足を踏ん張り1歩1歩確実にゆっくり登る。
右手は、白馬三山。前方は青空。

しかし、風に逆らって下を向いてぐいぐい歩いているので、上体を起こして
前方を眺めるのはほんの一瞬。ルート確認のついでに見るだけ。

たったそれだけでも、雪が目に付き刺さり「わあっjとなる。
覆面スタイルでも鼻水が後から後から出るし、
(ハンカチで拭きウエストベルトに縛っておいたらあっというまにカチンコチン
右のほっぺは針で刺されるように痛いし、油断するとバランスが崩れふらふらっ
なるし(ストックでは耐風姿勢ができない。ピッケルを持ってくるべきだった。)で、
1歩1歩が気が抜けない。

やっと第2ケルン着
ここからは新雪が深く、ずぼっと潜ってしまう。
できるだけ風で雪が飛ばされてしまう稜線を選んで歩く。

第2ケルンで少し休んでいたら、痛みのなくなったほっべが、また右からの強い風で
痛み出すので高所帽をぐっと引っ張ってできるだけほっべを隠すようにして歩く。

  

次はトイレで休むことにする。
しかし、小屋の陰でも風は舞い狂い、休むにははど遠い。
待っていても風は弱くならないので出発。

次は「息(やすむ)ケルン」
風が雪に模様を作っている。
ケルンに張り付くようにして、アメを口にいれる。

次は八方ケルン。「息ケルン」と八方ケルンの間は、雪原というような感じで平らな場所。

平らな雪の原の上を、大量の細かい雪が風に流され、まるで川の中を歩いているような
錯覚をしてしまう。幻想的で心に残る現象だった。

また、歩いた足の跡だけこんもりと雪柱のように残り、後は風に飛ばされてしまった所も
不思議な現象だった。

八方ケルンで下山パーティーと合う。
「どこまで行けました?」と尋ねると、「第三ケルンまで。」との答え。

ここからはまた一段と風が強くなり、ケルンが見えているのになかなか進まない。
ヒュ一一ヒューでもなく、ビュービューよりもっともっともっと強い風が吹き荒れている。

何と形容したらいいのだろう。「命の危険を感じるような風」とでもいえるだろうか。
一歩聞達えば、はるか下の谷底まで落っこちてしまう。(鹿島槍では1人転落と
ニュースにあった。)

1歩1歩踏ん張って、風の力に対抗してやっと第三ケルンに着。7:55。

前方に丸い山。空はやっぱり青空。風さえなければ・・・と何度も何度も思う。
右下に鳥居。それにテントを撤収しているパーティー。「こんなところで、まあ」
と驚く。

ここからはもっと風が強くなると恩われるので撤退することに決定

ケルンにへばりついて風を避ける。すぐ出発。

帰りは後ろから押され、体を反らせるようにして風と対抗する。

第三ケルンからは風が少し弱まり、第二ケルンからはまたまた弱まり、無いのも同然
ぐらいになったので、休憩とする。
 
  

行動食を食べたり、写真を撮ったりしていると、ひゅ〜と風。
なんと!手袋が谷底へ。一瞬のこと。

山荘の前では、無風状態
「出発が早すぎたかしら?」「もう一度挑戦しようか?」
「上は吹き荒れていると思いましょう。」などと悔やんだり、慰めたり。

さあ、下山。スキー場を歩く。

下へ行くほど視界が悪くなり、数メートルがやっと。

追突されないか気が気でなかったが、やっぱり追突。怪我はなし。

どんどん降りる。膝がきくっ、きくっとなるくらい。
リフトの下なら比較的安全だろうと思い歩く。
降りるにつれ、視界も徐々に良くなり下界が見えてきた。10:30着


  「山行記録1991年〜1995年」に戻る

  トップページに戻る