コルからUターン 西穂高岳 






●場 所 長野県
●標高 m
●山行日 1992年3月20日〜3月22日
●コース 八方池山荘・・・第3ケルンまで
●多治見から
   登山口まで
JR多治見駅ーJR白馬駅⇒八方⇔ゴンドラとリフトで第一ケルン・・・八方池山荘
※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ⇔その他
●参加者 谷口、黒宮、林、丹羽    佐藤ファミリー
●コースタイム 1日目 5月3日(水)
JR千種駅
JR木曽福島駅
田の原
8合目

7:16発
8:36〜9:00
10:30〜12:25
13:20

・・・八方ケルンまで下見・・・ 八方池山荘(泊)
2日目 5月4日(木)
八方池山荘
午後近くを散歩
八方池山荘(泊)

14:50〜15:35

3日目 5月5日(金)
八方池山荘
第3ケルン
八方駅
640発
7:55
10:30
            周辺地図はこちら  八方尾根ルート地図


1日目  3月20日(土)

あっという間の1時間で雪の世界へ

   









    

    








アダムという名前のゴンドラ。伊吹山にあるものと同じタイプの6人乗り。
荷物料金は、10キロを越えると100円。10キロごとに100円増し。14キロだった。
食料、ガスなどが入っているが、新しいザックのせいか、日頃の訓練のせいか重いとは感じず。

それ程待つこともなく乗車。我々以外は皆、スキーヤー

林の上をぐんぐん登って行く。雪の上には、兎の足跡がくっきり。
16分ほどでうさぎ平。ここからは、リフト利用。ちょうど、選手権大会のようで、
選手がこないのを見計らって通行可。

料金所まで、たくさんの人、人、人。
ザックを担いでいるのは、前の方に2人のみ。
  



  












  


















  「山行記録1991年〜1995年」に戻る

  トップページに戻る