花が呼んでいる
白馬岳 (猿倉〜白馬岳〜栂池



白馬岳の頂上で
ガスで何も見えない




三国境付近から雪倉・朝日方面を望む
ガスが切れてやっと遠望ができる




●場 所 長野県
●標高 白馬岳    2932m
●山行日 1998年6月13日〜6月14日
●コース  猿倉〜白馬尻〜村営頂上宿舎〜白馬岳〜
小蓮華岳〜白馬大池〜栂池
●多治見から
   登山口まで
多治見=猿倉
※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス
●参加者 丹羽 中山恭 平野明
●コースタイム 1日目 6月13日(土)
多治見
猿倉
白馬尻
お花畑(看板)
頂上宿舎
4:05発
7:25着〜8:00発
9:00〜9:20
12:45〜12:55
14:00頃

2日目 6月14日(日)

頂上宿舎
白馬岳頂上
三国境
小蓮華岳
栂池
5:20
6:05
6:40
7:25
11:30着
地図はこちら


1日目 6月13日


ハクサンイチゲが満開の情報

乗鞍岳のハクサンイチゲが、6月7日に満開と言う新聞記事を見て
矢も盾もたまらなくなった
花の好きな平野さんを誘い、3人で出かける。

朝、多治見を4:05発で、7:25には猿倉に着。

『梅雨前線は南の方にあるから、北にある白馬は少しはいいかな?
雨の中でも花が見れればいいわ・・・
と自分を納得させて出発。8:00発。


もう花に出会えた

猿倉のトイレはまだ扉が閉まっていて使用不可。
猿倉荘の中では1パーティーが食事中。

懐かしい1年前の記憶を辿りながら歩く。
山はガスの中で何も見えない。

林道で見る花はタニウツギオオバミゾホウズキくらい。

狭い登山道に入るとキヌガサソウサンカヨウシラネアオイが咲いている。
私は初見ではない。2人は初めてなので感動が新たでいいなあ・・・


その他、ここまでに見た花
ニリンソウ サラサドウダン ムシカリ ハクサンチドリ シナノキンバイ
ウワミズザクラ ズダヤクシュ コミヤマカタバミ ユキザサ



白馬尻の小屋からアイゼンで

白馬尻の小屋はまだ建設中。トイレもなし。
小屋の横でアイゼンを着ける。私は8本歯、平野さんは私が貸した4本の軽アイゼン。
雨具を着て出発。

前後していた夫婦パーティーはここまでらしい。
前には外人さんが1人のみ。

べんがらを辿って登りに徹する。
下ってくるパーティーもいる。

落石の危険のないところで休憩。

上手にグリセードで降りてきた人に「お上手ですね」と声をかけ、
雪がどこまであるか尋ねると「稜線まで」と言う返事。わあお!!。


葱平も花が咲いていた!

まだまだ雪渓は続いているが、
階段状のところで一度土の上に出るように登山道ができている。
アイゼンを外し、段差の大きい階段を上がっていくと
ミヤマガラシウルップソウシナノキンバイ、ミヤマオダマキが咲いている。

雪が溶ければ、即、夏なんだ!!
『あなた達を待っていたわ・・・・』というように、きれいに並んだミヤマオダマキ
本当に今が見頃!。


小雪渓も雪・・・

雪渓が溶けた水が流れているガレ場を登って、またアイゼン着ける。
今度は小雪渓のトラバース。

先ほどバテて、横になっていた2人パーティーと、
付かず離れずの外人さんの計3人の足跡があったおかげで歩きやすかったが、
滑れば一巻の終わり・・・の急斜面。


平野さんに「気をつけてね」と声をかける。
彼女はストックもなしの4本歯で、ぴったりくっついて歩けてしまうから凄い!!


ハクサンイチゲ登場!!

トラバースが終わるとお花畑になるはずの所は、まだまだ真っ白い雪の下
花はなしか・・・とちょっぴり残念。

ハクサンイチゲがやっと登場!!。
まだ背も低く、咲き始めたばかりの初々しさ


新しくできた避難小屋は、どーどーと流れる水場の前にあり快適そう。
先ほどのバテバテパーティーは、ここが今日のねぐららしい。

1株のミヤマシオガマの赤色が目立つ。


雨の中、村営宿舎に着

雨がぽつぽつ降っていたが、
雨脚が強くなりそうなので大きな看板のあるところで雨具を着る。

小屋の見える辺りから、稜線上の花が目立ってきた。
チシマアマナ・ウルップソウ・ベンケイソウ・キバナシャクナゲ・オヤマノエンドウなど。


小屋の宿泊手続きは平野さんにしてもらう。
自炊は「土間」と聞いて「上の小屋へ行こうかな」と口から出てしまった。
上の小屋の自炊室は快適だったから。

ま、いいか・・・と思い直す。
客が多ければ土間なんてできっこないが、
どうやら私達が始めてのお客らしく混みそうもないと判断する。


その他、ここまでに見た花
ショウジョウバカマ ミヤマキンバイ キバナノコマノツメ ミヤマカラマツ ミヤマキンポウゲ
ベニバナイチゴ ベンケイソウ エンレイソウ オヤマノエンドウ テングクワガタ



今日のお客は4人のみ

さっきの外人さんはテント場へ。
しかし、風が強いので結局は小屋泊まりに変更。
我々を含めお客は4人のみ。

「白馬鑓の方へ行けるか」と電話と同じ質問をすると
「行けます」と言う同じ答え。

でも、雪渓の途中であった人から「向こうへはいけない」と聞いている。どうしようか・・・。

着替えをして濡れたものを乾かしながらストーブの前でビールをあける。
ストーブがあってこその飲み物。
ついでに花の復習を、図鑑を使って平野さんに調べてもらう。


白馬鑓方面は無理・・・

年配の男性が雨の中を登ってきた。どうやら小屋の人らしい。
白馬鑓方面の話をすると
「まだ雪が多く、いつものルートと違うコースになっている。
ペンキもはっきりついていない。
以前雪渓で道に迷い夜中の10時頃小屋へ着いた」
と言う話を聞いてエスケープルートに変更することに決める。

そっちはしっかりペンキがついているとのこと。


匂いを撒き散らして豪華夕食・・・

さあ、寒い土間で夕食つくり。
外は風がビュービューと吹きすさんでいる。
.お湯が沸くのが待ち遠しい。

手際よくご飯、サラダ、ステーキと作って食べる。
土間へ入ってくる人がみんな「あっ、いい匂い」と声をかけて通り過ぎる。


たっぷり食べて片付け。あとは寝るだけ。

終わりかけに外人さんが自炊道具を持って土間へ降りてきた。
彼は綿の半ズボンにゴアではない雨具。
白馬は2回目らしいが山には詳しくないようである。


夜中、風強し・・・朝には止んだ

19:00前には夢の中。夜じゅう風がビュービュー.朝方風は収まったらしく静かになった。




2日目 6月14日


ガスで展望なし

4:00起床。中山さんは早々と身支度。
窓の外に山が見える。ラッキー。
朝食は雑煮。簡単にできてしまう。

さあ雨具を着けて出発。5:20発。
すぐ雪渓がありベンガラがついているが、
「稜線を通れば雪がない」との中山さんの進言で方向転換。

なるほど雪はひとかけらもなく夏道と同じ

両側にハクサンイチゲ・ウルップソウ・ミヤマキンバイを見ながら頂上を目指す。


ツクモグサに出会った!!

その途中、ハクサンイチゲの蕾に似ているが、
純白ではないつぼんだ花を見かける。

最初はハクサンイチゲかと思っていたが、
黄色っぽい花びらが開いているのを見つけてからは
立ち止まって図鑑を調べたりハクサンイチゲのつぼみと比べたりして
これがあの「ツクモグサ」と分かる!!。

なあーんだ。さっきからいっぱいあったんだ!。
そういう目で見ていけば区別ははっきり分かる


またもや頂上はガスの中・・・

6:05頂上着。
頂上で記念写真を撮って、食事中の若者パーティーを横に見て稜線漫歩。

右も左もお花畑。ツクモグサもどっさり。

右の切れ込んだ崖下はどっさりの雪。
ペンキに導かれて三国境へ。
その手前でさあーっと遠くの山並みが見え始め
「シャッターチャンスですよ」と声をかける。

雪倉も朝日もバッチリ。雪の模様が夏山らしい


その他、ここまでに見た花
オヤマノエンドウ チシマアマナ ベンケイソウ キバナシャクナゲ



三国境から小蓮華までも初夏の花がいっぱい

三国境からはザレた山肌が続く。
ここは以前、強風に吹かれまくった所。
ミネズオウ・ツガザクラ・ウラシマツツジの小さな花が足元に咲く。

雪渓を回りこんで、夏道の登山道とは離れるが、ちゃんとルートはできている。

アップダウンの連続で白馬大池へ下っていくと頭の中にコースが入っている。

ミヤマアズマギク・ミヤマダイコンソウ・アオノツガザクラの先始めに出会う。
7:05、暑くて雨具を脱ぐ。

小蓮華岳に7:25着。先ほど脱いだ雨具をまた着込む。


この季節人がいない

ここらにコマクサが咲いているはず・・・、
ここらでライチョウを見たからいるかも??の予想がぴったり

コマクサも咲き始め。
囲われた石の間で5cmにもなっていない背丈なの、にちゃんと咲いている。

ライチョウもまだ冬毛がまだらに残っている。

白馬大池の手前は雪が一面。
ハクサンコザクラやイワイチョウが咲く湿地も雪の下。

ぎょっとしたのは、我々の前に歩いた足跡がはっきりしないこと。
今日は勿論、昨日も歩いていないよう・・・・。
その上白馬大池山荘も戸締りがしてありメロンを食べる予定が食べれない。
(メロンは平野さんがボッカで持ち上げている!!!)
休憩もできない状態。

この先登山道が雪解けの水で埋没していないかと不安が胸をよぎる。


その他、ここまでに見た花
ハクサンコザクラ ハクサンイチゲ ウルップソウ ミヤマキンバイ ミヤマヤナギ



白馬大池から白馬乗鞍岳へ

「ペンキを忠実に。踏み外さないように」と声をかけて池を回りこむことにする。
ぬれた泥の上に足跡がくっきりついているのを見てほっ。

池の水は多くもなく、いつものように岩場渡りをして行けばちゃんと向こう側へ出た。
稜線へ出た所で休憩。
雨の中、立ったままで行動食をおなかに入れる

白馬乗鞍岳の山頂付近は平坦なので、岩の頭を跳んで歩く。
下ったところが雪渓。


雪渓はアイゼンがあると心強い

始めはアイゼンなしでもいいか・・・と思い足を踏み出したが、
やはり傾斜が急。
途中でアイゼンを着ける。

このあたりにジムカデがあるはず・・・と思っていたらピンポーンありました!!。

すれ違う登山者に出会うが「乗鞍岳まで」と言う返事。

天狗原の木道が見下ろせる。
大きな岩・岩のあたりも雪・雪・・・・。
登ってきた人の足跡を踏んで下る。
岩の間を水の流れる所も所々雪。

ショウジョウバカマがいっぱい蕾をのぞかせている。ここはまだ春なんだ・・・。


メロン休憩  持ち上げてくれた人に感謝・・・・

雨も止んできたので下りきった所でメロン休憩。
甘くてジューシーでおいしい!!。ここまで担ぎ上げた苦労が報われる。


ここまでくればゴールは間近い。
あとはどうやって車の所まで戻るか。

木道で、まだ小さいミズバショウを見る。
チングルマ・イワナシ・リュウキンカ・コイワカガミも。
最後まで花の道

登山口に11:30着。


その他、ここまでに見た花
アオノツガザクラ ツガザクラ ヒメイチゲ ミツババイカオウレン ズダヤクシュ
ベニバナイチゴ ムラサキヤシオツツジ ムシカリ



ゴンドラ・リフト・タクシーを使って猿倉へ

栂池へ下りると今日はサイクリングの大会らしく、
観光客に混じって漕ぎ上がってきて、座り込んでいる人たちが大勢いる。

ゴンドラ・リフトを乗り継いで下界へ。
バスはすぐにはなく、タクシーの運転手さんに聞くと、「猿倉まで6000円くらい」だと。
「お願いします」と言って車中の人となる。

折から雨も強くなってきて濡れなかった幸運を喜び合う。
近道を通って猿倉へ。

多治見に16:35着。



トップページへ戻る