キタダケソウに会いに行ったのに・・・
北岳 (広河原〜肩の小屋往復)


●場 所 山梨県南アルプス市
●標高 北岳    3192,4m
●山行日 1998年6月27日〜6月28日
●コース 広河原〜肩の小屋〜広河原
●多治見から 登山口まで 多治見=韮崎IC=広河原
※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス
●参加者 丹羽 中山恭 平野明
●コースタイム 1日目 6月27日(土)
多治見
韮崎IC
夜叉神峠
広河原
肩の小屋
4:05発
6:50
7:35
8:05〜8:20
14:00着

2日目 6月28日(日)

肩の小屋
白根御池小屋
広河原山荘
温泉
韮崎IC
多治見
5:15
6:55〜7:10
8:55〜9:30
10:20〜11:10
11:45
14:20着
地図はこちら


1日目 6月27日


キタダケソウの見頃は6月始め

6月初めに北岳山荘へ問い合わせた所、
キタダケソウは今が見頃・・・の返事。
もう今頃遅いかも?と思いながら日程を決める。

多治見を4:05発。
八ヶ岳のSAで高速の運転を中山恭さんから平野さんに代わる。
2人で交代で運転してもらう。有難い。


天気予報はそれほど悪くなかったが・・・

出発までに何度も地方気象台に電話をかけ予報を聞いた。
『確立40%で薄日がさす』を期待していたが、
広河原への林道に入ると雨。

8:05、4時間で広河原に着。車はおよそ80%の入り。
車から降りて用意をしようとすると雨脚が強くなってきた

雨の中、8:20、出発。


引き返すパーティーもいる

見慣れた懐かしい風景。今日はどんな花に出会えるかと楽しみ。

強い降りの中、下山してくるパーティーがいる。
「もう頂上へ行ったのですか」と尋ねると『雨が強いので帰る』とのこと。
ええっ、そんなあ・・・。
我々はどこまで行けるのか心細くなってきた。

天候が悪くても二俣から小太郎尾根伝いにぐるっと周って帰ってこれる・・・と踏む。

堰堤を迂回する際、強風に煽られて水飛沫が舞い上がっているのを見かけ、
美しさと共にこれからの行程が心配になってくる。


雨が弱くなってきた!

しかし、雨はだんだん弱くなり雨具が邪魔になるほどになってきた。

登山道はいつも以上に谷川風になり涼しさいっぱい。

ミヤマハナシノブが咲いている。
この花は丁度見頃。

後ろを振り返ると早川尾根がくっきり見え始めた。

迂回路の手前で休憩、9:20〜9:30。
流れの激しい川を渡り、向こう岸に取り付き登る。

コマドリの赤いおなかと喉を震わせてなく姿をすぐ近くで観察


二俣の手前で雪渓

水場でおいしい水も味わってまた向こう岸に渡る。
どーどーと流れている。
前回ここには1滴の水もなかったことを思い出す。

岩ゴロゴロの薄暗い道を登る。
左側は、まだ葉っぱがぺたっとへばりついて、雪が溶けたばかりの様相。

二俣手前で休憩、10:20〜10:30。

いよいよ雪渓にかかる。
以前、キタダケソウを見に来たときには、登山道に雪はぜんぜん無かったのに
今回はどっさり残っている。



天気が良くない時は、どうすべきか??

二俣の手前でカモシカか?横たわって死んでいるのを発見。
近づこうとするパーティーがあったが、雪渓の下はゴーゴーと流れる大樺沢。止めて当然。


前方に8本歯のコルへと続く雪渓が見えるが、稜線はガスの中。
予定通り直進するか、それとも右へ曲がるか、決めかねる。

8本歯のコルからのトラバースは風に吹かれると危ないし滑りやすい・・・。
二俣を右へ行けば肩の小屋まで危険な所は無い・・・。
悩んだ末、安全な方を取る

これらのことを二俣で相談しながら休憩、11:05〜11:20。


咲き始めの花に出会う

こちらの道は花いっぱいで楽しい。
しかし、まだ咲き始めが多く花盛りとはいえない。
ミヤマハナシノブ・タカネグンナイフウロ・ヨツバシオガマ・サンリンソウ・サンカヨウ・コイワカガミなど。

途中、登山道の脇で休憩。
オレンジのおすそ分け。ジューシーでおいしい。
やっぱ、果物は元気になる薬。12:10〜12:20。


下ってきた人に上の様子を聞くと、『尾根はびゅんびゅん』だとか。
草すべりの花を見ながら小太郎尾根へ向かう。
シナノキンバイ・ハクサンイチゲ・キバナシャクナゲが増えてきた。

上は寒いだろうと尾根の下で休憩、13:18〜13:25。


稜線はすごい風!!

上の稜線へ出ると予想したよりももっとびゅんびゅん・びしばし・ひゅーひゅーの世界
このまま行ってもどうせ頂上へはいけない。
なら、白根御池小屋で泊まってもいいのでは?と思わせるほどの強風。

しかし、このまま行けばもうすぐ小屋。
思い直して前進。
花は久しぶりのイワウメがどっさり。チシマアマナ・ハクサンイチゲも。

雨と風を防いで下を向いて歩く
時々前方を見て小屋が見えないか探すがなかなか近づかない。

やっと、14:00、肩の小屋に着。


小屋の中には大勢の人

中は薄暗く大勢の人がひしめいている。
『べたべたの雨具やザックはビニールシートの上に置いて』と言われまず水を切る。

自炊場は外。屋根だけかけてある所。
ええっ!?北岳山荘とはえらい違い。
一つ星と四つ星の差くらいの違い。仕方ない・・・・か。

ストーブの前で暖を取るが、周りでタバコを平気で吸っているので嫌になる。
我々の布団のそばでは、中高年団体の宴会中で近寄れないし・・・。
中山さんは『寒い・・・』と言って着替えをする。
その後も食欲がなく、高度障害かも?


風の吹きつける場所で自炊

平野さんと2人で炊事することにして外へ出る。
雨脚はそれほどでもないが、風が強くガスの火がなかなかつかない。
ついても吹き消されそうなので、
新聞紙で囲ったり、タオルで囲ったりして風を防ぐ。


今回ガスを2つ持ってきたので、あっちとこっちで能率よく出来上がった。
それをテーブルの所へ持ってきて早い夕食を始める。
中山さんの食欲が無いので余ってしまった。

『夕食ですから開けてください』の声の頃には
ほとんど終わっていてラッキー。


宴会も考えもの・・・

ストーブも消してしまったので布団の方へ場所を移す。
まだ宴会をしているが、中山さんの具合が悪そうなので布団を敷き横になるように勧める。
具合が悪い人もいるんだから、周りの人のことも考えて欲しい。

ラジオの音がうるさい。「消してください」と声をかける。
聞きたかったらイヤホーンで聞いてほしい。

普通の布団の半分大の大きさの幅なので、
頭と足を交互にして休むことにする。
隣のうるさい中高年は、私のおなかの横に頭を並べている・・・・。




2日目 6月28日



暖かい朝食をとる

4:00、起床。
そっと抜け出し、平野さんと2人でお湯を沸かして雑煮を作る。
外のトイレは風が吹き込み寒い!!

布団の片付けは後回し。
すぐ出来上がる。部屋の中へ持ってきておいしく食べる。
隣では冷たい弁当を食べているパーティーがいる。

もう一度お湯を沸かして暖かいコーヒーやミルクを飲む。う〜ん、おいしい〜。


頂上はまた今度にして下山

5:15、栽培されているキタダケソウを見てから出発。
頂上はまた今度。

尾根から外れると嘘のように風が無く穏やか

分岐からすぐ下に白根御池小屋があると思っていたが、なにがなにが・・・。
草すべりをぐんぐん降りる。


キバナアツモリソウ・・・これで2回目

ラッキーなことはキバナアツモリソウを数株見つけたこと。
先頭の私は見過ごしたものを、2番手の中山さんが見つけた!
こっちのルートにもあるんだね!!


6:55、やっと白根御池小屋に着いた。
新しく増築されている。
増築小屋の屋根の下で行動食をおなかに入れる。
屋根付きは有難い。


エスケープルートの尾根道を取るので始めての道となる。
どんな道だろう??。いつもながら胸がふくらむ。7:10発。

樹林の中なので、キソチドリ・ゴゼンタチバナ・カニコウモリなどのおなじみの花。
木曽駒や南駒の様な道を下る。
違いは梯子が何度も出てくること。


着替えしないまま温泉へ

二俣との分岐に8:30着。今回の山行も終わりに近づいてきた。
この道を登ってくる人がいる。大樺沢の方が花がきれいで明るいのに何で?と思ってしまう。
白根御池小屋どまりの人か?とあとで納得。


広河原山荘に8:55着。
バス停で温かい飲み物を飲んで車に戻る。

「温泉へ入っていこうよ」と勧めたので、着替えもしないで出発、9:30。

村営の温泉はこれで2回目。
浴場の窓から山並みが見える。気持ちいい〜。
さっぱりして山菜そばを食べて帰路につく。10:20〜11:10。


多治見に14:20着。






トップページへ戻る