この時期、花にはまだ早い    城 山  


●場 所 長野県木曽福島町
●標高 1281m
●山行日 2002年3月21日
●コース 郷土館入り口バス停〜紅葉ケ丘〜福島城跡〜頂上〜権現滝〜木曽福島駅
●多治見から  登山口まで 多治見駅ー木曽福島駅=タクシーで郷土館入り口バス停(登山口)
※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス
●参加者 丹羽 中山 林  
●コースタイム
多治見駅
木曽福島駅
郷土館入り口バス停
頂上
登山口
木曽福島駅
6:56発
8:52着
記録無し
記録無し
12:00過ぎ
13:24発
地図はこちら


体調はイマイチでも

昨日は、風邪と鼻炎の合併症。おまけに朝起きたら目が真っ赤。
眼科へ出かけた後はおとなしく家にいて今日に備えた。


木曽福島駅からタクシーで郷土館入り口まで。
バス停で身支度していると、この前乗ったバスが素通りしていった。お客無しで。


期待していた所に花はなし

ラショウモンカズラがたくさん咲いていたところに花はなし。
ダンコウバイの黄色の花は多い。

鼻炎のせいか、頭に霞がかかったようで元気が出ない。先頭を林さんに譲る。

城跡で休憩。寒い〜。

ヤマシャクヤクの咲いていたところにも花はなし。


ハイキングコースでは物足りない

たらたらのハイキングコースの物足りない。
あっという間に権現滝の分岐に出る。

ここから沢に沿って尾根へ出る。前面に雪が出てきた。
途中で山腹に取り付きジグザグに登っていく。


セリバオウレンの大群生地!
  
おや?花が・・・目立たないセリバオウレンの群生!!
雪の中から突き抜けて出ている花もある。踏んでしまいそうなほどのたくさんの花!!
こんな時期に咲いていたんだね〜〜

稜線に出ると強風。フリースと冬の帽子を身に着ける。たらたら歩いて頂上へ。

周りの木が少し切ってあるが、小屋の裏から御岳は見えず。

稜線にいては吹かれるので下りることにする。
少し下りただけでえらく違うこと!


今度は小鳥の大群!

風に舞う木の葉?と思ったらたくさんの小鳥だった!!

さあーっと一団となって空中回転したり、地面に下りたり、木に止まったりと集団行動。
しばらく見とれていた・・・
「アトリ」かもしれないと中山さん。


あとはどんどん下るだけ。ヤマエンゴサクか?ジロボウエンゴサクか?少し咲いていただけ・・・・


2段のおそばを食べて帰る

12時過ぎに登山口着。

中山さんの提案で、行人橋たもとのお蕎麦屋さんへ寄る。
ざるソバとビールで反省会。ザルは2段。

ころあいを見て店を出て予定の電車に乗る。

「今年は花が早い!」と言われていたが、ここ木曽福島はまだまだ春が遠かった。



トップページへ戻る