台風の翌日
  近くて安全に登れる山 高峰山   
   





高峰山頂上広場にあるお堂


●場 所 岐阜県中津川市苗木
●標高 945m
●山行日 2004年12月5日
●コース ちんの峠〜高峰山〜ちんの峠
●多治見から登山口まで 多治見=中津川=夜明けの森=ちんの峠(P)

※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス
●参加者 丹羽 守山 林
●コースタイム

多治見
ちんの峠(P)
高峰山頂上
ちんの峠(P)
9:30発
10:55〜11:05
12:05〜12:20
13:05
地図はこちら


前日は12月の台風で雨風強し

翌日天候は回復すると言ったが、いつ頃からの回復か分からない

出発を遅らせればよくなることもあろうか・・・と近場の山で、大雨の後でも、雨が降っていても安全に登れる山を探す


インターネットのありがたさ・・・
新情報(中津川からの林道は峠まで舗装されている)を得て、姿かたちの美しい前々から気になっていた高峰山に決める



結果

あまり短すぎて晩秋の山に浸るには物足りなかった

登る途中、笠置山の右横にきれいな三角形の山が見えた!

あれ?19号線から見える
きれいな三角形の山(高峰山)に登っているはずなのにあの山は何???

岩山か?



夜明けの森を抜けて
どんどん林道を登る

このまま頂上まで
行ってしまうのでは?
と、思うほどどんどん登る


峠を少し下りた所で駐車

この先からは未舗装になる



ここが登山口

何の標識もないので
ふと見ただけでは登山口とは分からない

お参り用?の杖が置いてある

インターネットの情報で
迷うことなく探すことが出来た




頂上の標識

左が坂下町 右が中津川市
その境界の尾根をどんどん登る

踏み跡はしっかりしているが
誰にも合わなかった


頂上のお堂の中の石仏様




トップページへ戻る