公開山行 北霊仙山まで行けた!
   霊 仙 山      





北霊仙山頂上
寒い寒い!
早々に下山


●場 所 滋賀県坂田郡山東町
●山行日 2005年2月26日
●多治見から 
    目的地まで
多治見ー金山ー岐阜ー柏原・・・登山口
※ ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス 飛行機 
●参加者 丹羽 高田 林 加藤 若尾 川浦 鈴木 
一般参加者5名
 日  程
多治見駅
金山駅
岐阜駅
柏原駅
登山口
1合目
4合目
6合目
北霊仙山
霊仙小屋
4合目
柏原駅
6:58
7:28〜7:33
7:57〜8:00
8:33着〜8:55発
9:30〜9:40
10:15〜10:25
11:05〜11:15
12:00〜12:15
13:45〜13:50
14:15発
16:05〜16:20
17:40着
地図はこちら


柏原駅前
関ヶ原を過ぎても周囲に雪無し
ミーティングと準備体操の後
ロングスパッツだけ着けて出発




登山口へ向かう
畑の梅の蕾がほころび始めている
遠くの山の稜線はうっすら白い!


橋の手前の登山口
最近少し雪が降った跡が
葉っぱの上や地面の上に残っている



画面をクリックすると大きく見えます
登山口から1合目までが遠い
汗びっしょりで到着


4合目から望む伊吹山
2合目を過ぎると雪がぐんと増え
雪山らしくなってきた


6合目から望む北霊仙山の方向
雲が早いスピードで動き
ほんのちょっぴり小屋が見えた!
本当にあそこまで行けるのかどうか
はるかはるか先・・・
トップを歩くには
わかんがあった方がいい・・・と
ここでわかんを着けることになった
その間に1パーティーが先へ進む





画面をクリックすると大きく見えます
先ほど追い抜いたパーティーは
夏道を選んだが
我々は冬道の稜線へ向かう
わかんを着けた人や
パワーのある人を前の方へ移動させ
真っ白な踏み跡のない雪面へ向かう



稜線伝いに
北霊仙山と対峙する尾根へ上がった所

ここから下って行くと
うるし滝分岐にぶつかる
先ほどのパーティーは
右の尾根へ入った跡があった
以前我々も誤って踏み込んだところ

小屋が見えたから・・・と言って
修正して後から登ってきた

ところがここから
左折していくではないか!
が、すぐ引き返して先行して行った




9合目から小屋を目指す

先ほどのパーティーは
分岐で休憩するらしい
その間に我々は小屋を目指す

分岐から9合目までは夏道を無視して
歩きやすい所を進んでもらう

9合目からは、
霊仙山とは思えないほどの
雄大な景色が広がる
笹は皆雪の下になってどこでも歩けそう





画面をクリックすると大きく見えます
雪桜(いいネーミング!才木作)が
あちこちに咲き急登の苦しさを
忘れさせてくれる



ここを登りきれば小屋
あと一息!
引き返しのタイムリミットが迫っている
しかし、小屋から山頂までは
ほんの10分!




小屋の手前の雪桜

一気に山頂まで行って
下りてからコーヒー・ケーキタイムとしよう




画面をクリックすると大きく見えます
私はここでもう満足・・・
という人に、あと10分で頂上ですよ〜
と誘って、ザックは置いたまま出かける





北霊仙山山頂

山頂直下の数分のみ凍っていたが
わかんがなくても
右側のふわふわの斜面から
登って到着!

寒い寒い!


北霊仙山山頂付近のえびの尻尾

強風のため立派な尻尾に育っている

雲はめまぐるしく動き
小屋は見えたり見えなかったり

先ほどのパーティーが
登って行くのとすれ違う

小屋でコーヒーと
チョコレートケーキを頂きおなかも満足

失くしたサングラスも無事出てきて
気分よく出発





画面をクリックすると大きく見えます
遠くに小屋が見える
雪面が光って、すぱらしい展望!

帰りは踏み跡もしっかりしているので
交代交代にトップの気分よさを
味わってもらう

目の前に人の背中がなくて
画面いっぱいに景色が写るのは
いいでしょう〜〜



6合目の上

もうこの景色とお別れ・・・

4合目で休憩した後は
電車の時刻が気になって
登山口までノンストップ

だんだん冬山から春山に
変わっていくのがなんだか寂しい・・・

発車の15分前に到着
お疲れさま〜〜〜





トップページへ戻る