積雪期2人だけで上の原から
       南木曽岳





中央アルプスの展望台から見た山々


●場 所 長野県木曽郡南木曽町
●標高 1677m
●山行日 2005年3月29日
●コース 上の原・・・巨大樹の森入り口・・・避難小屋・・・ピーク
・・・巨大樹の森入り口・・・上の原・・南木曽駅
●多治見から
     登山口まで
多治見ー南木曽=タクシーで上の原登山口へ
※ ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス 飛行機
●参加者 林 丹羽  
●コースタイム 多治見駅
南木曽駅
上の原登山口
第1鉄塔
巨大樹の森入り口
中央アルプス展望台
避難小屋
ピーク
巨大樹の森入り口
上の原登山口
南木曽駅
6:56発
7:58着
8:08〜8:15
8:43〜8:55
10:00
12:05〜12:15
12:50
12:55〜13:20
14:55〜13:05
16:00着
16:23着〜16:34発
地図はこちら


昨日は1日中雨
今朝は打って変わった
いい天気になるはず

タクシーでここまで690円
見上げる山には谷間に雪が少々




民家の横を通らせてもらう
いつものように犬に吼えられる
紅梅と白梅が並んでいる
まだ蕾が多く4分咲き・・・といったところ



伊勢山方面
雲がどんどん上がっていく



第1鉄塔から見下ろす南木曽の町
川がきらきら光って見える



第1鉄塔から
ここは風の通り道で寒い!




尾根に出たところ
雨で葉っぱが洗われきれいになった



巨大樹の入り口
ここから雪が多くなるだろう・・・と
予想したとおり



雪が多くなった

凍っている所もあるし
ずぶりと潜る所もあって歩き難い・・・



昨日夕食で食べた牡蠣にあたったらしく
おなかの調子がよくない
雪が多くなってずぶりと潜った足を
引き上げるのに体力を消耗
トップを変わってもらう




快調な足取りのトップ
2番手はなんと気楽なこと!

でも、足跡をたどっていっても
私だけずぶりともぐることも度々で
油断がならない


わかんを着けることにする




やっと中央アルプスの展望台に着いた

まだ12時少し過ぎたばかりなので
今日こそ避難小屋まで行けるか?
と期待に胸が膨らむ



木の陰で休めば風もなく
ぽかぽか陽気で真っ青な空
言うこと無しの上天気



右端の山は越百山方面か?
と思いながら休憩を取る

でもここから下って
大岩の横をよじ登る所からが
一番の難所

何度ここまで来て
時間切れで引き返したことか・・・


左右から雪の重みで倒れ掛かっている
木々をまたぎ、乗り越して
大岩の横を通過



何度も四つんばいになって
木の下を潜ったり
木の上をまたいだりして
あの稜線まで登れば小屋が見える
・・・という鞍部までやっと来た

あと少し!
何度も足の付け根まで落ちては
足を引っ張り上げやっと見えた!
避難小屋!

小屋の前には多数の足跡が残っている
蘭からの登山者の方が多いようである




上の原からの登山者の跡はなし!
そこを2人だけで登ってこれた!

満足満足・・・・



小屋を過ぎてピークまで登ると
またまた中央アルプスの山並みが見えた

時刻もまだ13時前
ゆっくり休むことになった



今まで木に隠れていた御岳も
少々かすんでいるがよく見える!



雪の上にシートを敷いて
目の前の素晴らしい景色に見とれる

積雪期、こんな天気のいい日に
南木曽岳に登ったのも珍しい





分岐の標識
「蘭方面へは1時間40分で登山口」
「上の原は3時間10分」とある
倍の時間かかるんだ・・・・




「南木曽岳40分」
「上の原130分」とある
しかし、積雪期は
そんな時間ではとてもいけない



行きに偵察しておいた鹿の寝床

笹がびっしり敷き詰められ
前回よりは小さくなっていたが
体の丸みに凹んで快適そう

帰りにもう1度見ると
日が当たってぽかぽかと暖かくなり
今日の夜はほかほかお布団で眠れそう





このページの始めに戻る


トップページへ戻る