快晴 トレースあり 硬い雪
   南 木 曽 岳      




快晴!!
冬の南木曽岳で
御岳がこんなによく見えるのも珍しい!!
●場 所 長野県木曽郡南木曽町
●山行日 2006年1月29日
●多治見から 
    目的地まで
多治見=南木曽岳駐車場・・・登山口
※ ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス 飛行機 
●参加者 丹羽、守山、高田、西部、KT、KJ、中山
 日  程
多治見
南木曽岳駐車場
登山口
第1鉄塔過ぎたところでアイゼンを着ける
巨大樹の森入り口手前
急坂を上がった所で
御岳の見える尾根の手前で
避難小屋上の展望台
第1鉄塔でアイゼンを外す
登山口
6:10発
7:40〜7:55
8:00

8:25〜8:35
9:25〜9:35
10:20〜10:30
11:20〜11:30
12:20〜12:55
15:25〜15:35
15:45
地図はこちら




南木曽岳駐車場

いつもの無料駐車場ではなく
最近作られた駐車場へ停める


もともとは田圃だったっところが
整地されてできた所

風の通り道で寒い寒い!!
冬は考えもの


年末に同じルートで登った人に寄れば
1mは溶けている・・・そうで
輪かんをつけて登った時とは
打って変わって、足跡もたくさんある

雪も硬くて第1鉄塔を過ぎたところで
アイゼンを着けた





ここをクリックすると大きく見えます
乗鞍岳と穂高

雪は硬く、トレースもあり、天候は快晴
・・・で、すいすいと避難小屋上の
展望台に早々と着いてしまった

ただ大岩を通り抜けるところからは
雪も多く、雪の重みで倒れている木々が
邪魔をして、歩き難いことといったら!!

四つんばいで潜ったり、
木の枝を渡ったりと苦労した




中央アルプス

本当に良く見える!!

でも、新しくできた看板が
丁度景色をさえぎるように
2枚も立てられているので
惜しい!!

山の形と山の名を
比べながら見るにはいいのだが・・・


中央アルプス全体を入れようと


雲1つない青空!!

せっかくなので、
ゆっくり休憩を取ることに決める

休んでいても、風も無く、寒くも無く
ぽかぽかといい陽気でまるで春山!

ここをクリックすると大きく見えます
下りもすいすいと下って
15:45には登山口に着いてしまった


頂上(本当の頂上は
展望もないところなので
冬季は、小屋の上を、
我々は勝手に頂上と決めている)まで
行けたことは良かったが
人の踏み跡をついて行くだけの
山行は何か物足らない・・・
避難小屋を見下ろす

小屋の後ろにある碑まで行って
帰ることにする


南アルプス

ちょっと上がっただけで
先ほどの展望台からは
よく見えなかった南アルプスも
良く見えるようになった





昨年(2006年)1月29日は、




昨年も同じ1月29日に来ているが
これはその写真


一番の巨大樹 栃の木
看板にはまだ、
幹の周りと樹齢は空欄のまま

昨年も同じ1月29日に来ているが
これもその写真

二番目の巨大樹?は
倒れてこれで3年目になる

行きはこの下を四つんばいで
潜って通り抜けたが
帰りは乗り越えた

曲がり角にある
下の方だけ残っている太い幹は
やはり穴がいっぱいあいていて
痛々しい・・・



トップページへ戻る