1年ぶり・・・
    霊 仙 山      



北霊仙直下

雪が光ってまるで北八ツのような風景


●場 所 滋賀県坂田郡山東町
●山行日 2007年1月20日
多治見から 
     目的地まで
多治見ー金山ー柏原・・・登山口
※ ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス 飛行機 
●参加者 丹羽 中山
 日  程
多治見駅
金山駅
柏原駅
登山口
1合目
4合目
6合目
北霊仙山頂
お猿岩
1合目小屋
醒ヶ井バス停
6:58
7:27〜7:33
7:57〜8:00
8:31着〜8:45発
9:30
10:05〜10:10
11:05
11:50〜12:00
13:25
14:55
16:00着
地図はこちら


1合目

雪が少ない
今年は暖冬


4合目

伊吹は雲の中
5合目

ダブルストックの威力はすごい
歩幅が広くなって
1本のストックでは、追いつけれない




6合目

この雪の深さならぐるっと周れそう


6合目

分かりにくいけれど楽しい冬道にするか
安全だけど面白くない夏道にするか
相談する

ここから雪はぐんと深くなり
ずぶっともぐってしまい前進できない




6合目

輪かんをつけて冬道へ
8合目

尾根道はずいぶんと歩きやすく
伐採されていた

迷いやすい尾根も
よくよく注意してクリア


8合目

8合目手前で谷へ降りる夏道に合流

雪が少ないからできたこと
うるし滝との分岐

新しい標識ができていた
上丹生バス停前の西出商店の
おじさんの字だった

霊仙のあちこちを整備してくださる
本当にありがたい




小屋手前の稜線

展望が良くなった




避難小屋 もうすぐ北霊仙
北霊仙頂上から小屋を見下ろす


北霊仙頂上から
本峰を望む


新しく、お猿岩から
展望のいい回り道ができていた

『眺めがよく、歩きやすくて、近道です』
・・・と書いてあった

これも西出商店のおじさんの字

旧の登山道は『キケン』だと

踏み跡はほとんど
この安全な道へと続いたいた




1合目の小屋で、バスの時刻を聞くと
たっぷりすぎるほどだったので
勧められるままに
ストーブの前で休ませて貰った

長年霊仙に来ているけれど
小屋の中に入ったのは初めて

醒ヶ井のバス停で
バスの発車まで1時間ほど
待ち時間があったので
1軒だけ開いていた店に入り
熱燗と鱒のフライを注文した

お店が開いていてよかった
お客用のトイレも新設されていた

誰にも会わない静かな山行でよかった〜

青空フリー切符は
2040円→2500円に値上がりしていた
ただ、距離は少し長くなってはいた




3合目

お猿岩から5合目までは
ずるっと滑りやすい雪や
泥道だったが
ここまで来ると雪はなし


登山口の看板と休憩舎

このルートはあまり使わないので
こんなものが新設されていることに驚いた





トップページへ戻る