頂上は強風地帯!!    蓼科山
      




蓼科山  山頂にて

●場 所 長野県茅野市
●標 高 2530m
●山行日 2009年2月22日
多治見から 
  目的地まで
多治見=土岐IC=諏訪・茅野IC=白樺高原スキー場(P)

※ ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス 飛行機 
●参加者  丹羽、荒木、鈴木田、長谷川、水野マ
日 程
多治見
諏訪・茅野IC
白樺高原スキー場P
上のゴンドラ降り場
将軍平
山頂
将軍平
上のゴンドラ降り場
下のゴンドラ乗り場
6:10発
8:10
9:10着
10:00発
12:10〜12:20
13:00〜13:15
13:30〜13:40
14:40
15:00

 地図はこちら


スキーを楽しむグループと分かれ
白樺高原スキー場のゴンドラに乗り込む

ゴンドラの窓からスキー場を見下ろす




 ゴンドラの降り場(御泉水自然園駅)前で
身支度を整えて出発




蓼科神社の鳥居をくぐって
しばらくはたらたら道を歩く
まだノーアイゼン

しかし、風の来ない所で
しっかりアイゼンを着けたいので
前方の坂を上ったで着けた





 
標識には「天狗の露地」とあるが
ずっと樹林の中を歩く

12:00頃、携帯の着信音が聞こえた
スキーグループはランチタイムらしいが
こちらは、まだまだ山荘の手前




将軍平の蓼科山荘に着いた  12:15

ここへ、輪かんやスノーシューなど
ここから山頂までに必要ないと思われるものを
まとめて置いておくことにする

シュリンゲなどで頑丈に縛っておいた





山荘前で、蓼科山の山頂をバックにして
出発前の記念写真 

ここから、覚悟していた急登が始まる
身軽になって足取りも軽くなった




山荘から1つ目のピークは
風もない穏やかな地帯




頂上直下の急登の始まり

見上げると、吹き荒れている雪煙が見える





登りの途中、ビューッと吹き付ける
雪煙を顔を下に向けて我慢し、また進む

もうすぐ、山頂




向こう側の山が見えてきた
双子山方面か?




特徴のある岩ゴロゴロ地帯になった
山頂も間近





13:00  山頂着

蓼科山荘から40分で到着

頂上標識の立っているところへ辿り着くまでが大変
ひゅーっと吹き付ける強風で体がふらつく

油断しているとバランスを崩して転んでしまう

体を低くして、しっかり足を踏ん張って
ダブルストックをしっかりついて
やっとのことで全員が到着




周りを見回す余裕も無く
吹き飛ばされないようにだけ注意して引き返す




遠くに見えるのは
硫黄岳、両天狗と横岳らしい

見極める余裕も無く
とにかくシャッターだけは押す





山頂ヒュッテの周辺

葉っぱが凍り付いている木
ガラスがぶら下がっているような感じ




山頂ヒュッテの周辺-3

樹氷というより、雪が少し融けて
また凍りついたダケカンバ




13:20   下山
ここから急に傾斜が急になるので
足元に注意して下る




あっという間に(15分ほど)将軍平に着いた

スキーグループに、「将軍平に着いた」と
携帯で連絡をしてもらう

デポしておいた輪かんなどをザックにつける
ずっしりと重い・・・

だが、下りはすいすい楽々で歩ける





7合目  14:25
ここから、800mほどでゴンドラ乗り場

約束の15:00には、下のゴンドラ乗り場に着けそうで
ほっと一安心



林道を数回横断しながらゴンドラ駅へ向かう

スキーを楽しんだメンバーとは
駐車場で合流
「お待たせしました〜」

お互いに情報交換しながら帰る








トップページへ戻る