紅葉を探し求めて歩いた  志賀高原
       
(高天ケ原温泉連泊で、4日間、志賀高原をあちこち歩く)





本白根山展望所



赤石山山頂


●場 所 長野県下高井郡山ノ内町 
群馬県吾妻郡嬬恋村
●標高 本白根山(もとしらねさん) 2171m 「ほんしらねさん」とも呼ばれる
芳ケ平 1832m  渋峠 2172m
渋池 1800m  四十八池湿原 1880m  
赤石山 2109m  大沼池 1694m
琵琶池 1396m  高天ヶ原 1670m
蓮池 1600m
●山行日 2012年10月11日(木)~14日(日)
●多治見から
  登山口まで
多治見駅ー名古屋駅=一宮IC=名神=中央道=長野道=上信越道=信州中野IC=R292=県道471=志賀高原「高天ケ原 志賀パークホテル」へ
 
※ ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス
●参加者 丹羽、磯部、他36名(クラブツーリズムのバスツアー)  但し、行動中はフリー


    周辺地図はこちら
   
                  
                   


  1日目     2日目    3日目    4日目  


   1日目 10/11 (木)  周辺散策                  コース図はこちら

多治見駅6:44発ー名古屋駅7:30~8:10=「志賀パークホテル」13:40頃着~14:30発・・・一ノ瀬・・・ファミリースキー場・・・上条用水路沿いを散策・・・「志賀パークホテル」16:30頃着(泊)

「志賀パークホテル」
ここを利用するのは3回目

利用したツアーは、フリープラン

どこの山を登るか、どこをハイキングするか
お気に召すままなのが好き

その上、バス代1000円で1日乗り降り自由で
登山口へ行けるというのも気に入っている
バス停へ、3分で行けるのも魅力

紅葉の時期も良いが、初夏も良かった




ツタ(蔦):ブドウ科
(ホテルの敷地内で)

バスでここへ来るまでの景色は
昨年と大違いで、緑が殆んど

ええっ~、時期が早かったのか?
今年の夏の暑さで紅葉が遅れているのか?
・・・と、がっくりしていた

あの素晴らしい紅葉をもう一度!と願って来たのに・・・
毎年、素晴らしい紅葉にはならないものなのかも・・・



イチイ(一位):イチイ科
(ホテルの敷地内で)

赤い実がたくさんなっていた



オオカメノキ(大亀の木):スイカズラ科

散策中、真っ赤な実が目に留まった

撮影意欲があったのは、これのみ

昨年、素晴らしい紅葉を堪能した上条用水路沿いの
コースへ行ったが、期待とは大違いで、
緑の多い景色だった

がっかりして帰ってきた

1600m辺りで、まだ紅葉が始まっていないなら
もっと上を歩く明日に期待しよう




   
  2日目 10/12 (金)  本白根山~芳ケ平~渋峠 
緑色はバスで移動コース図はこちら

  
「志賀パークホテル」・・・高天ヶ原BS8:11発=蓮池BS8:26~8:44=白根火山BS9:25~9:35・・・登山口10:00発・・・本白根山展望所10:45・・・鏡池11:15・・・弓池12:10・・・白根火山BS12:25~12:40・・・芳ケ平13:50~14:00・・・渋池BS15:30着~16:03=蓮池BS16:33~16:49=高天ヶ原BS16:58着・・・「志賀パークホテル」(泊)
 
 
 バス停近くの温度表示板では、5℃ じっとしていると寒い!

白根火山行きのバスで、高度が上がるにつれ、周りに赤色や黄色が増えてきた
白根山に近づくと、外の温度は0℃だとアナウンスが入った

バスの終点で降りると、強い風と共にブルブル震えがくる寒さ
早々に出発

今回は「逢ノ峰」を登らない山道コースをとった




   
白っぽい山肌の白根山が見える

背の高い赤っぽい木はナナカマド


登山口に着いた

ここから右回りに進む
(反対周りだと距離も時間も長い)





ゴゼンタチバナ(御前橘):ミズキ科

重そうな実をつけて、皆、傾いていた




マイヅルソウ(舞鶴草):ユリ科

ルビーのような真っ赤な粒



コケモモ(苔桃):ツツジ科

これも、重そうに傾いでいた




ツルリンドウ(蔓竜胆):リンドウ科




コケモモ(苔桃):ツツジ科




クロマメノキ(黒豆の木)別名アサマブドウ(浅間葡萄)
:ツツジ科


今回、あちこちで実を見つけた





ここをクリックすると大きく見えます
左手に火口を見ながら歩く

右側のザレた斜面には、
しおれたコマクサの葉っぱがたくさん




展望所の高台が見えた

その下は、中央火口(水はない)

背の低い赤いものは、クロマメノキの紅葉らしい




120度パノラマで撮った本白根山

手前は、中央火口




展望所のあるゴツゴツした岩


右折すると、本白根山最高点を経て
万座温泉へ行ける

展望所へは左折

吹きっさらしの稜線なので
体がふらつく程の強風にあおられる




展望所へと続く道

展望所直下の階段は、特に要注意
姿勢を低くして耐える





到着!

天気が良くて無風ならのんびり休憩するのだが
強風と寒さで、とてもできない
早々に、ハイマツのある所まで避難




ガスが切れたわずかの隙に、
草津側の風景が見えた


ハイマツの間から展望所を振り返る

赤いものは、クロマメノキの紅葉




樹林の中に入ると、嘘のように風が収まった




鏡池を見下ろす

ここも火口湖





ここをクリックすると大きく見えます
ここからが、私のお気に入りの木道コース

これが終わると、長い長い階段下り

そして、たらたらコースへと続く




白根火山ロープウェイ山頂駅が近づいてきた

シラカバの幹が美しい
白根火山ロープウェイの鉄塔

下草も刈り取られ、スキー場の準備らしい




車道から弓池へ降りる

やっと青空がのぞいてきた




 120度パノラマで撮ってみた

左手に「蓬莱岩」、奥に白根山

我々は、白根山の麓を右手へと進み、芳ケ平へ行く計画




 
ここをクリックすると大きく見えます
 
弓池はぐるりと回れるようになっている

「湯釜」へ登る道がよく見える




弓池の水の色は青弓池の水の色は青




弓池の向こう側に「逢ノ峰」




弓池の畔は、黄緑色

もやもやの「藻」らしい




 風と寒さに震えながら、ベンチで昼食後、芳ケ平へ出発

白い山肌が印象的




   
時折、火山ガスの匂いがしてくる

ロープが張られていて、立入禁止




クロマメノキ(黒豆の木)別名アサマブドウ(浅間葡萄)
:ツツジ科


『クロマメノキは、天然記念物のミヤマモンキチョウの食草で
採取は禁止されています』
という注意書きの立て札があちこちにあった

その効果があったのか、今年は
たくさん実が残っていた

直径1cm以上もある「ブドウ」のような実もあった




 白根山を見ながら歩く

紅葉は、クロマメノキ、黄色はダケカンバか




   
オフロード車が通れる道




斜面に、点々と赤いナナカマド


白根火山のバス停から芳ケ平まで
のんびり歩いて約1時間




芳ケ平ヒュッテの赤い屋根が見えてきた




ここをクリックすると大きく見えます
白根山のあちこちから
白い火山性ガスが吹き上がっている




緑のチシマザサ、赤いナナカマド

不思議なことに、
ナナカマドの実が1つも見あたらない




芳ケ平湿原
水のない湿地と枯れ草ばかりなので
今回もパス




湿原が終わると登りになる

ついさっき、歩いていた芳ケ平湿原を見下ろす



遠くに白根山と白い火山性ガスを望む

1時間前は、あの麓を歩いていた




 渋峠へは、ずっと登りが続く

こんな階段も多い
ここが、芳ケ平と渋峠の中間地点
新しく作られた標識




シラタマノキ(白玉の木):ツツジ科

登山道の両側のあちこちに生っていた




あと1km




渋峠に到着 15:30
白根火山バス停から約2時間半




渋峠ホテル前にバス停がある

この建物の半分は長野県、半分は群馬県だって

16:03発までベンチに座って待つ
じっとしていると、さむ~い




高天ヶ原に到着

バス停からスキー場を見上げる

夕陽にあたって金色に輝いている



 3日目 10/13(日)  赤石山~大沼池   コース図はこちら 緑色はバスで移動
「志賀パークホテル」・・・高天ヶ原BS8:11発=蓮池BS8:26~8:44=硯川BS8:57着・・・リフト乗り場ーリフト終点9:15発・・・渋池9:20・・・四十八池湿原10:05・・・横手山分岐10:10・・・忠衛門新道10:20・・・大沼池分岐11:45・・・赤石山山頂12:30~12:35・・・大沼池分岐13:00・・・大沼池13:50~14:00・・・大沼池入口BS15:30着~15:54=高天ヶ原BS16:03着・・・「志賀パークホテル」(泊) 
 
バス停近くの温度表示板は3℃

今日は、6月にあきらめた赤石山へ

膝を労わってリフト利用とする
リフト約5分(歩きだと約40分)




前山ペアリフト(300円)



山頂駅から前山湿原を見下ろす

雨がぱらついたので、今日はザックカバーを着けている

昨日より天候が良くない




渋池
広い遊歩道のような道を歩いて
四十八池湿原へ

真っ白なガスで、池も何も見えず

天気が良ければ
木道を歩いてみようかと思っていたが、パス

大小60余個の池沼があるとか




少し引き返して横手山方面へ進む

ここから、赤石山~大沼池間、誰にも会わなかった

今回は2人なので、熊よけ鈴は持ってこなかったが・・・




横手山分岐

ここから赤石山まで、2.8kmとある




笹塀か笹壁のような稜線の道

笹が刈ってあるのでありがたい

獣が笹に潜んでいても分からないほどの背丈なので
用心のためにストックを打ち合わせながら歩く




大沼池が見えてきた
11時近くになって、やっとガスが晴れてきた




正面の山が赤石山らしい




 大沼池分岐

四十八池湿原から約1時間半




ヤマハハコ(山母子):キク科

まだ咲き残っていた


 
   
 これが赤石山?
岩の緑なのに?




 樹林を抜けたので、風がビュービュー

よろめきながら登る
緑岩を右から巻いたその奥が頂上らしい




   
 緑岩の陰から出ると
またまた強風にあおられる


赤石山に到着~  この岩も緑


山頂標識




 
ここをクリックすると大きく見えます
 
 山頂から先程歩いてきた道を見下ろす




同じく、山頂から大沼池を見下ろす


 
   
 こちらは南


こちらは南


 
   
 緑岩のすぐ向こうに三角点
(山頂標識のある緑岩より少し低い)

寺子屋山や東館山への分岐
(昨秋、岩菅山への途中で通過した)




大沼池

前方は、裏志賀山か
(6月に登ったが、ガスで何も見えなかった・・・)

今日は、池の色があまり良くない・・・




   
 黄葉も、ぼちぼち




大沼池の中に立つ鳥居


 
   
ここをクリックすると大きく見えます
 上から眺める位置だと、池の色も良くなってきたが、
6月の方がうんときれいだった


2012/6/6 大沼池




大沼池のほとりを歩いて池尻へ




 
 
ここをクリックすると大きく見えます
 
 池尻からは林道歩き

右も左もきれいになってきた


 もこもこしたシラカバの黄葉-1
ちょっと色が薄いが・・・

このもこもこが大好き!




 
ここをクリックすると大きく見えます
 
 もこもこしたシラカバの黄葉-2
ここも、ちょっと色が薄い・・・




林道歩きにも飽きた
山道らしい道へ入る

こちらの方が10分ほど林道歩きより短くて
同じ場所に出られる




   
 また、ストックを打ち鳴らしながら歩く




 下山口
ここからバス停まで約5分




 
ここをクリックすると大きく見えます
 
 後ろから追いついてきた単独行の女性と
バス停へ




大沼池入口バス停付近の紅葉

1日目、バスで通った時はこんなにきれいではなかった

急な冷え込みで、一気に紅葉が進んだのかも・・・




 4日目 10/14(日) 琵琶池~一沼~水無池  緑色はバスで移動 コース図はこちら
 
「志賀パークホテル」・・・高天ヶ原BS8:11発=蓮池BS8:26・・・琵琶池・サンバレー分岐9:05・・・一沼9:20・・・旭山分岐9:30・・・R292・・・「峠の三十三観音コース・・・沓打名水公園9:55・・・R292・・・水無池10:20・・・琵琶池10:30・・・蓮池BS12:00~12:20=高天ヶ原BS12:33着・・・「志賀パークホテル」で昼食後14:20発=名古屋20:20着~20:28-多治見駅21:03着 
 
   
 最後の日になってやっと晴れた朝を迎えた
(ホテルの前から)

2000mだと葉が落ちている
高天ヶ原1600mでは、まだ紅葉には早い

どこへ出かけるときれいな紅葉に出会えるか
いろいろ考えた

琵琶池を計画していたが、標高は約1400m

高天ヶ原より低いから、
紅葉は遅れているのではないだろうか?

しかし、顔見知りになった人から
「琵琶池はきれいだった」と聞き、
結局、行き先は予定通りとした




 高天ヶ原バス停から秋空を見上げる
   
 

蓮池バス停から歩き始めた

色づいている!  これは期待できそう!




 琵琶池へ行く「サンシャイントレール」の入口


   
 しばらくは遊歩道風




 ノコンギク(野紺菊):キク科


   
 琵琶池への途中で-1

赤色があるじゃない~




 琵琶池への途中で-2

シラカバの木も結構色づいている~


   
 琵琶池への途中で-3

ナナカマドもきれい~




琵琶池への途中で-4

笹の緑とシラカバの白もいいなあ~


 
   
 琵琶池への途中で-5

グリーンシャワー




 オオカメノキ(大亀の木):スイカズラ科
琵琶池への途中で-6


   
 アケボノソウ(曙草):リンドウ科
琵琶池への途中で-7

花が終わって実ができ始めている




 琵琶池への途中で-8

陽があると、格段に美しくなる


   
 琵琶池が見えてきた




 左折してサンバレー方面へ-1


   
 左折してサンバレー方面へ-2

黄色のグラデーションのカエデ




左折してサンバレー方面へ-3

真っ赤なカエデ


 
   
 一沼への途中で-1

青空にシラカバの幹が映える




一沼への途中で-2


 
   
 一沼に着いた

大勢のカメラマンが列を作っていた




旭山方面へ-1

ここから人も少なくなり、静かな山となった


 
   
 旭山方面へ-2

紅葉は青空にふさわしい




 旭山山頂はきれいではなかった・・・と聞き
今回はパスして旭山駐車場へ降りる

   
 旭山駐車場から沓打名水公園へ
そこのトイレを借りるつもり

アスファルト道(R292)は膝にくるので、
脇道の静かな小道に入った

地図を見ると、方向的に間違っては
いないようだが、微かな不安感

途中の標識で
「峠の三十三観音コース」だと分かった




 いったん車道(R292)に出て
路側帯を歩いて沓打名水公園へ

   
 沓打名水公園

昔、ここで牛馬の藁沓(藁靴)を取り替えたことから
こんな名前がついたとか

この看板の後ろに小さな滝があった
それが、名水?

広い駐車場ときれいなトイレがあった




また、車道を(R292)少し戻って
今度は、水無池へ

 
   
 マユミ(真弓)別名ヤマニシキギ(山錦木):ニシキギ科

赤い実がいっぱい




 水無池

『たまり水でできているが、底の一部に
水の流れる場所があり、
豪雨の後でも満水になることがない』ことから
こんな名前がついたとか




   
 池の周りをぐるりと回れるようになっている




 再び、蓮池へ行く車道に出るとすぐ、
琵琶池の遊歩道に入る




   
 蓮池への途中で-1

朝とは、光線の具合が異なるし
同じ道でも見る方向が異なるので
なんだかきれいになった!




 ガマズミかな?:スイカズラ科
蓮池への途中で-2

赤い粒が光っている

   
 蓮池への途中で-3

白い幹が美しいシラカバ




 蓮池への途中で-4

   
 蓮池への途中で-5

眩しいほどの艶やかさ




 「サンシャイントレール」の出口(入口)

この看板の前の車道を渡って蓮池へ

   
 蓮池の周りで-1

一段ときれいになった!

確か1日目にバスでここを通り過ぎた際
こんなに赤い葉っぱ類はなかった




 ナナカマド(七竈):バラ科
蓮池の周りで-2

ナナカマドの実を初めて見つけた

   
 蓮池の周りで-3

黄色もいいねえ~




蓮池の周りで-4

やっぱり、カエデもいいなあ・・・

 
   
 蓮池の周りで-5

大きな葉っぱに筋模様
蓮池の周りで-6

左の葉がもっと赤くなると、こんな感じになる


筋のある葉っぱ




   
 蓮池の周りで-7




 蓮池の周りで-8

   
 蓮池の周りで-9

 蓮池の周りで-10

十分堪能して、バス停へ




【教訓】

*標高は低くても紅葉のきれいな場所はある

*1~2日で、紅葉は進む

*『10年に一度、15年に一度』といわれるようなすばらしい紅葉があるのなら、 そうでない年のほうが多いということ
 昨年を10としたら、今年は7.5かな

  2011/10/11~10/14の様子

  2012/6/4~6/7の様子

 


  山行記録(2011年~現在まで)へ戻る