周回コースを歩く   
風越山(かざこしやま)
        




御岳



シロバナエンレイソウ

●場 所 長野県上松町萩原
●標高 1699m 
●山行日 2012年5月12日(土)
●多治見から
  登山口まで
多治見=R19=ねざめホテルの角を右折=よしの橋を渡る=吉野集落=木曽古道=路肩に駐車・・・風越山登山口
 
※ ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス
●参加者 丹羽、守山
●コースタイム 多治見
駐車スペース
登山口
A・Bコース分岐
カヤト境

風越の頭

風越山山頂
展望地
Bコース分岐
登山口
駐車スペース

6:00発
8:00〜8:10
8:40
8:45
9:50〜10:00
10:25
10:40
10:50〜11:20
12:00
13:00
13:20着
* 花の写真を撮りながらゆっくり歩きました
 周辺地図はこちら
 コース図はこちら  緑色は車で通った道です


吉野集落の外れの路肩に駐車
近くに道標はなし



ヒメオドリコソウ:シソ科

赤紫色が見事な群生




林の中に入る手前で振り返る




林の中に道標

もっと見やすい位置にあるといいのに・・・




ヤマブキ:バラ科

散り始めている




林道を進めば、車で登山口まで行けるが
それでは歩きたりないので手前に駐車している

ここから林道をショートカットする




林道に出た

ショートカットの山道はまだ続く




ニリンソウ:キンポウゲ科-1

こんな出会いがあるから山道は楽しい
(行きは下向きだったが、帰りはぱっと開いていた)




シロバナエンレイソウ:ユリ科-1
別名 ミヤマエンレイソウ

また、珍しい花に出会った


花のアップ




数回林道を横切ったあと、舗装道路に出た

ここから100mで登山口
登山口




すぐ、新しくできた分岐を通過

いつものコースへ進む(Aコース)




タチツボスミレ:スミレ科-1
スミレの仲間:スミレ科

左のスミレとは雰囲気が違う
スミレサイシンっぽい




ナガバモミジイチゴ:バラ科




ハルトラノオ:タデ科
ワチガイソウ:ナデシコ科

こげ茶色のおしべの「葯(ヤク)」がくっきり見えて美しい





急坂が約1時間続いた後、やっと緩やかになった




エイザンスミレ:スミレ科-1

切れ込みの入った大きな葉

このあたりだけに何株も咲いていた




エイザンスミレ:スミレ科-2




「カヤトの境」

狭いが、やっと座って休憩できる平地になった




「カヤトの境」から少し登ると・・・
御岳が大きく見えた!




カヤトの間を登る
ヤマエンゴサク:ケマンソウ科-1

稜線の左側には、あちこちにヤマエンゴサクが咲いていた

ピンク系・ブルー系などた〜くさん!




「カヤトの丘」

角材が積んであった  階段を作るのだろうか・・・




カエデの仲間:カエデ科

ここ1600mあたりはまだ葉が開ききっていない
「風越の頭」

好展望地




山頂を目指して少し下る






風越山山頂

展望もなく、稜線の登山道の通り過ぎ地点

ここから約5分で展望地点




ゴヨウオウレン:キンポウゲ科ー1

山頂を過ぎると、急にゴヨウオウレンの群落が出てきた
ゴヨウオウレン:キンポウゲ科ー2

花の盛りを過ぎて、種の準備中




中央アルプスの「展望地」

木々が切り払われて、1ヶ所だけ綺麗に見える




ゴヨウオウレン:キンポウゲ科ー3

展望地もゴヨウオウレンの群落
左、宝剣岳   右、三の沢岳




さあ、下山

ぱったりと知人に出会った

Bコースから登ってきたそうで、
分岐の位置を教えてもらった
(Aコースはぬかるみがあるのでイヤだと)

はっきりした分岐の標識がないそうなので
気をつけて下ることにする




ニリンソウ:キンポウゲ科-2

登る時にはまったく気づかなかったが
ぱあっと花が開いていた

陽が当たっていなかったのでつぼんでいて
気づかなかったのだろう
ニリンソウ:キンポウゲ科-3

咲き始めは、花びら(に見えるが本当はガク)の先が薄桃色で初々しい
つぼみがピンクがかって見えるのはそのせい




ヤマエンゴザク:シソ科-2


シロバナエンレイソウ:ユリ科-2

種?かと思ったが、つぼみかも?

回りは皆シロバナなので、これもシロバナかも




シロバナエンレイソウ(別名 ミヤマエンレイソウ):ユリ科-3

咲き初めで葉もまだ伸びきっていない

「延齢草」という漢字名を持つが、有毒だそうな




サンカヨウ:メギ科

縮れたような葉っぱがたくさんあった
何だろう?カニコウモリの葉っぱかと思っていたが
この白いつぼみで「サンカヨウ」と分かった

咲きそろえば素晴らしい群生地になる




コバイケイソウ?:ユリ科







ここをクリックすると大きく見えます
「風越の頭」から御岳を望む

山頂付近の雲が取れてどっしりとした山容




同じく「風越の頭」から

滑川を見下ろす


「Bコース」へ

途中で出会った男性に分岐の場所を尋ねたが
イマイチ分かりづらい

下の方に見える標識を目当てに
薄い踏み跡を辿って進む




これが上から見下ろした標識

これ以後、こんな標識がいくつも設置され
赤テープもたくさんついていた




上を見上げると「カヤトの丘」斜面




「カヤト」は乾いて滑りやすく要注意

ここをクリックすると大きく見えます
「カヤト」の下りが終わると、気持ちの良い尾根歩き

確かにAコースのようなぬかるみが無いので
歩きやすい
特に下山にお勧め




シラカバの向こうに白い御岳
「風越山登山道 ←林道  頂上→」
と大変シンプルな標識

「オオマキ」と書いてあるが地名だろうか?




尾根が終わるとトラバース道になる

「カヤト」の丘からずいぶん左に振っているので
トラバースで戻る・・・といった感じ




輝くような新緑

青空を振り仰ぐと、新緑が眩しい




タチツボスミレ:スミレ科-2





ここをクリックすると大きく見えます
スミレの仲間:スミレ科




眩しいほどの新緑

葉の下に、花の名残がくっついていた


葉の形
シロモジのように3裂しているが、切れ込みが浅い
ダンコウバイらしい




分岐に戻った  登山口はすぐそこ




アケビ:アケビ科

ここから山道に入る




ミツバツチグリ:バラ科

フデリンドウ:リンドウ科   

登りでは気づかなかったが、陽の光を浴びてぱあ〜っと花開いていて見事!

この付近だけ、あちこちに咲いていた  「副裂片」がよく分かる




吉野の里に到着  13:20




  山行記録(2011年〜現在まで)へ戻る