定光寺自然休養林
  (瀬戸市)
 
                              2017年4月12日


                           『       』内は、図鑑やネット検索からの引用です

ヤブツバキ:ツバキ科

たくさん花が咲いて、花もたくさん落ちていた




   
オオカメノキ(別名ムシカリ 虫狩):レンプクソウ科

地面に白い花が落ちていた  見上げると・・・この花  白い部分は萼




   
タチツボスミレ:スミレ科

丸っこいハート形の葉っぱ




  
シハイスミレかな?:スミレ科

タチツボスミレより花期が少々早い




   
アオキ:アオキ科

左  雌花  雌しべだけが目に付く(雄しべは見えない)  雌木

右  赤い実がよく目立つ  雌木




  
   
スルガテンナンショウ:サトイモ科

上  まだ、先端がぴんとしている

下左  仏炎苞(ぶつえんほう:ぺろりとして覆いかぶさっている部分)が現れると
いつもめくって中の肉穂花序(にくすいかじょ・棒のような部分)を観察することにしている

下右  白くて、先端が丸くなり、やや傾いているのが、スルガテンナンショウの特徴




   
ショウジョウバカマ:ユリ科

花の盛りは過ぎていた



 
 ナガバモミジイチゴ:バラ科

花が咲き始めていた

斜上する茎には、鋭い棘




  
   
 ミツバアケビ:アケビ科

大きくてワイン色の花が雌花  にゅっと突き出ているのは雌しべ

垂れ下がっているのが雄しべ  まだ開いていない




   
   
コバノミツバツツジ:ツツジ科

多治見はまだつぼみが多いが、ここでは真っ盛り

雌しべの先端が赤くなっているものもあった




   
   
コバノミツバツツジ:ツツジ科  白花

白花は珍しい




   
  
ニホンタンポポ:キク科

上  総苞外片、内片ともに「角状突起」ががっしりしているので、
トウカイタンポポかな

下  上の画像程がっしりしていないので、
カントウタンポポかも




 
 セイヨウタンポポ:キク科

総苞外片が反り返っているので、セイヨウタンポポ




  
調べ中

地面に白い花がたくさん落ちていた

ヒサカキならつぼんだ花なのに、花が開いていた

???と思って見上げると、この花   何だろう?




   
ここをクリックすスと大きく見えます
ハナノキ:カエデ科

地面にいっぱい雄花が落ちていた  見上げると、この花




   
 ドングリ(シラカシ?アラカシ?)ブナ科

コナラのドングリなら、これだけの数落ちていれば、1割は根が出ている

でも、このどんぐりは1つも根が出ていない  その違いに驚いた




 
   
ソメイヨシノ:バラ科

多治見はちょうど見頃  風が吹いても雨が降っても花びらはしっかりくっついている

ここでは、すでに花吹雪が始まっていた

雌しべと雄しべの様子が可愛い




  
オオシマザクラ:バラ科

白っぽい花




   
 クサイチゴ:バラ科




 サンシュユ:ミズキ科

『花びらは4枚で後ろに反りかえる

雄しべは4本、雌しべは1本』

花びら・雄しべは落ち、残っているのが雌しべ
ろうそくのように立っている




   
   
   
シデコブシ:モクレン科  雌しべ先熟

真ん中に立っているのが、雌しべの集まり  下の方にあるへら状のものが雄しべ

雌しべ先熟なので、最初、雌しべは緑色の柱から離れている

その後、雄しべが開いて花粉を出すようになると、雌しべは緑色の柱に集まるようになる

これらの画像は皆、雄しべが活躍する雄性期
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雌しべが開いている様子 ↓  比較のため借りてきた


2015/4/9 撮影  雄しべはまだ寄り集まっている




 
 ここをクリックすスと大きく見えます
 
ここをクリックすスと大きく見えます
 
   
サクラの仲間:バラ科

ソメイヨシノのように花をいっぱいつけていたが、
花色が微妙に異なっているサクラがあった  園芸種だろうか??




  
ソメイヨシノ:バラ科

花盛り〜




   
   
ヒメハギ:ヒメハギ科

地面にへばりつくように咲いていた  面白い形で私のお気に入り
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓  分かりやすい画像を探した  2016/4/16撮影
   
 左  両側に羽のように出ている部分は、『側萼片』 2枚

萼は5枚あるらしいが、あとの3枚は、分かりにくい・・・

右  「羽」の間にあるのが花びらでくるっと丸まって筒状になっている
・・・背中(?)の部分がその合わさった部分

花びらは3枚  そのうち2枚は、先端が耳のようにそり返り、
もう1枚はぴらぴらしている部分  下側にある花びらの先端で『附属体』という名前だって

どうやら、虫がこのぴらぴらに誘われてこの上に乗ると、ぴらぴらは重みで下がり、
中には、雄しべと雌しべがあり、受粉を助ける…という仕組みらしい




 
スミレの仲間:スミレ科

側弁に毛がある  葉柄は、「翼がある」とは言えない・・・




   
 スミレの仲間:スミレ科

側弁の毛は確認できず  葉にびっしり毛がある  葉柄に「翼」はないが、巻き込んでいる





ここをクリックすスと大きく見えます
 
タチツボスミレ:スミレ科

大株になっていた  茎は枝分かれしていて櫛の歯状の托葉がある




 
ここをクリックすスと大きく見えます
 
ここをクリックすスと大きく見えます
 ショウジョウバカマ:ユリ科

直径30cmを超える大きな株があった

よく見ると、いくつもの葉先に子どもができていた




 
ハコベかな?:ナデシコ科

背丈が30cmもあったので、ウシハコベかな?・・・と思ったが、
雌しべの先が3つに分かれているので、ハコベ(ミドリハコベ)  茎も緑っぽかったし

ウシハコベの雌しべは、5つに分かれている





  Walking2017のページに戻る