南木曽岳縦走 (尾越バス停〜南木曽駅)




ゴヨウオウレン(バイカオウレン)



南木曽岳山頂

●場 所 長野県南木曽町町

●標高 1677m

●山行日 2016年4月30日(土)

●コース 尾越バス停・・・蘭(あららぎ)登山口・・・金時ノ洞窟・・・山頂…展望台…上の原分岐・・・曲がり角・・・第2鉄塔・・・上の原登山口・・・JR南木曽駅

●多治見から
  登山口まで
JR多治見駅ーJR南木曽駅=バスで尾越場バス停へ・・・蘭登山口
 
※ ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス

●参加者 丹羽、中山

●コースタイム JR多治見駅
JR南木曽駅
尾越バス停
山荘あらゝぎ
遊歩道入口
登山道合流
蘭登山口

金時ノ洞窟上
高野槙群生地
山頂
展望台
曲がり角
上の原登山口
南木曽駅

6:55発
8:09〜8:15
8:30〜8:40
9:30〜9:40
9:50
10:10
10:30〜10:45
11:10
11:50〜12:00
13:25
13:50〜14:00
15:35
17:10
17:45着〜17:58発

周辺地図はこちら    
  


                                     2015年5月9日の南木曽岳はこちら

                                     2014年5月17日の南木曽岳はこちら

尾越バス停

南木曽駅から15分ほどで到着  300円

乗客は5〜6名

ここで下車したのは我々の他に1名

行動食を食べてから出発




車の来ない農道を選んで歩く

のどかな田園地帯

「どん坂のいぼ地蔵」

真っ赤なシャクナゲは去年と同じ

オオヤマフスマ(別名ヒメタガタデソウ)かな?
:ナデシコ科


道路脇に小群落を作っていた




センダイハギ:マメ科

毎年同じ場所に咲いている

植栽らしい




タチツボスミレ:スミレ科




 「蘭諏訪神社」


後ろを振り返る

緩い登りで、ここまで来た

もうすぐ車道と合流

追い越し・すれ違いの車に何台も出会った




ヤマツツジ:ツツジ科

麓近くでは満開

登るにつれ、つぼみが多くなり、
登山口から上では、まったく出会わなかった

今年は花が1週間か10日早い・・・と思って
計算してやってきたが、
この山では、例年通りの咲き具合のようだった




山荘あらゝぎ

昨日は休日

キャンプ場もここも、お客でにぎわっていた




大きな堰堤を振り返る




  
 ウスギヨウラク:ツツジ科

「ウスギ(薄黄」というより「シロ」に近い色だった

1/25000地形図を見ると、このあたりからショートカット風の登山道が右折している

「遊歩道」の古い標識もあるので、右折して、踏み抜きそうな木橋を渡って山中へ入ってみた




 
1
 
2
 
3

4
 コチャルメルソウかな?:ユキノシタ科

1・2・3  何か面白いものはないかと探しながら進んでいくと、
背丈15cmほどのチャルメルソウの仲間に出会った

4  多治見で出会った多チャルメルソウの仲間  比較のため借りてきた

・・・・

チャルメルソウの見分け方のポイントは、

@ 
外側に張り出しているものは花びら  それが幾つに裂けているか → 7裂(多治見の花は9裂)

A 
花茎に幾つくらい花をつけているか → 4〜5個(多治見の花は10個以上)

B 
萼裂片が直立しているか、横に開いているか → 分かりにくくはっきりしない(多治見の花は直立している)

↓  ↓  ↓

チャルメルソウは、『花の裂け方は3〜5裂 花は15〜35個  萼裂片は直立』     

コチャルメルソウは、『花の裂け方は7〜9裂  花は7〜8個  萼裂片は平開〜反転

ミカワチャルメルソウは、『
花の裂け方は7〜9(11)裂  花は6〜15個  萼裂片は直立』         

↓  ↓  ↓

消去法でいくと、

ここのチャルメルソウは、花数が5〜6個と少ないので、チャルメルソウではない

萼裂片が直立していないので、ミカワチャルメルソウではない

↓  ↓  ↓

コチャルメルソウかな?




   
 ゴヨウオウレン(別名バイカオウレン・ゴカヨウオウレン)
:キンポウゲ科


5枚の葉なので「ゴヨウオウレン」と呼んでいたが、
正しくは「バイカオウレン」
別名が「ゴヨウオウレン」らしい

それも「ゴカヨウオウレン」が正統派らしい

大きな種ができていた




ミヤマシキミ:ミカン科

真っ赤な実が遠くからでも目を惹いた

 
   
 キブシ:キブシ科

雌雄異株だが、これはどちらだろう?




 蘭登山口手前にあった「金時の産湯」の看板

この看板の裏に小さな池がある


 
 ここをクリックすると大きく見えます
蘭登山口

ここから南木曽岳まで2.2km  その約2倍の道のり(4.2km)を歩いてきた  つ・か・れ・た〜〜




   
左  立派な橋ができていた

右  昨年はまだ橋が架かっていなかったので、赤ペンキに導かれて沢を渡った

以前は小沢だったところが、2014年7月の「南木曽岳豪雨」の痕で、大きな谷になっていた

上流から下流までずっと、大岩がゴロゴロ、流されてきた立木が山積みになっている




   
  下山道との分岐

一方通行を勧める標識

殆どの人は、この標識に従っている

おかげで、後ろからの追い越しもなく
マイペースで歩けるのでうれしい




 分岐を過ぎるとすぐ
「金時ノ洞窟」を真下に見下ろす場所に出る


   
 ここにも立派な橋ができていた

いったん涸れ沢に降り、大岩をよじ登って対岸へ




ここも、少し手を加えて歩きやすくなっていた

修理してあったのはここまで

これ以降は昨年と同じ
壊れかけの梯子や桟道が連続する




  
ゴヨウオウレン(別名バイカオウレン・ゴカヨウオウレン):キンポウゲ科

アカヤシオやオオカメノキやイワカガミを期待していたが、
春はまだ遠く、このゴヨウオウレンばかりが咲いていた




 トサミズキ:マンサク科

薄黄色の花がたくさんぶら下がって見事だった!




   
「喉の滝」の古びた看板

頂上から流れてきた水が、
この滝壺で地下に浸透することから、
「喉」を持つ滝と言われたそうである

喉の滝より下流に水がないことは分かったが
ここより上流で、水が流れているのは
見たことがないなあ・・・




 古びているうえに、
板と板の間に隙間があるので、緊張する


   
 フイリフモトスミレ:スミレ科




   
 テンナンショウの仲間:サトイモ科

1週間前に鎌ケ岳で出会った
茶色の筋があるテンナンショウにそっくり




タムシバ(別名カムシバ):モクレン科

遠くの山の斜面に点々と白い花

遠すぎて、コブシの特徴である
『花の下に葉が1枚ある』かどうかが分からない

ちょうど手の届くところに咲いている花を引き寄せると、
花の下に葉はないので、「タムシバ」とした

「花びらを噛むと甘いそうだって」・・・
同行者は一枚食べて「甘い」・・・の感想

私は、ちょうどキャンディーを舐めていたので
実験に参加できなかった




   
ゴヨウオウレン(別名バイカオウレン・ゴカヨウオウレン):キンポウゲ科

足元は、この花ばっかり

大きな白い花びらのようなものは、萼

本当の花びらは、小さな黄色いスプーン状の部分




   
 アカヤシオ:ツツジ科

今年は春が早いからと、慌ててやって来たが
アカヤシオの花が咲いていたのは
鎖場付近まで

登っていくと、こんなつぼみばかりになってしまった




かぶと岩

ここから15分ほどで山頂になるはず

連続の登りは、あと少しだけ

 
 
 南アルプスが見える展望地から   白い山並みが4つ見えた




   
 山頂  13:25着

歩き始めてから4時間45分

三角点の背が高いこと




 見晴岩から南木曽の町を見下ろす


 
ここをクリックすると大きく見えます
 
 ゴヨウオウレン(別名バイカオウレン・ゴカヨウオウレン)
:キンポウゲ科


山頂付近でも、花は盛りが過ぎ、
実の準備中のものばかりが 群生していた




避難小屋と中央アルプスが見えた!


 
   
ショウジョウバカマ:ユリ科

背丈5cmでも、花が咲いている




   
  避難小屋とトイレ(使用:可だった)

ペダルを踏んで水を流す方式




 上の原分岐

ここから下山するが、まずは展望台へ

上の原へは、「約3時間10分」とあった




 
中央アルプスの山並み

左から、木曽前岳・木曽駒ケ岳・三の沢岳(黒っぽい)・宝剣岳・熊沢岳(黒っぽい)・空木岳・南駒ケ岳・仙涯嶺・越百山

御岳方面は雲の中で見えず




中央アルプス連峰展望板

誰もいない静かな展望台で、遅い昼食をとる   14:00発




 
   
5月以降の上の原コースは、笹が背丈以上に伸び、笹の中に突入して泳ぐように笹をかき分けて歩く覚悟がいる

サングラス・手袋・頬かむり用のバンダナが必携品(だった)

下段  2015/5/9の南木曽岳上の原コース  比較のため借りてきた

そうならない前に・・・と、慌ててやって来たが、なんと!笹はきれいに刈り取られていた  上段

それも、下山口の上の原までずっと  2〜3mの幅で!!

大勢の人と日数を要したことだろう
刈ってくださった方々のご苦労に感謝!!感謝!!




   
 オオカメノキ:レンプクソウ科

下り始めて40分

やっと、つぼみに出会った




ギンリョウソウ:シャジクソウ科

昨年は、たくさん咲いている花に出会ったが
今日は、このつぼみ1株だけ・・・

 
   
  
 カナクギノキ:クスノキ科

今が花の真っ盛り




   
 ウスギヨウラク:ツツジ科

これも今が花の真っ盛り   たくさんの株があった




   
 オオカメノキ:レンプクソウ科

ちらほら咲き始めた




  巨大樹の森は、見る影もなくなった

下の方は、枯れているような様子だが、
梢を見上げると葉が茂っている!生きている!




  
曲がり角  ここからほぼ直角に曲がる




   
キランソウの仲間:シソ科




 
 コバノミツバツツジ:ツツジ科

ミツバツツジの雄しべは5本  ここのツツジは10本




   
オトコヨウゾメ:スイカズラ科

まだつぼみしかないのか・・・と思ったら
すぐ下で、咲いている株に出会った




ヤマツツジ:ツツジ科

第2鉄塔あたりまで下ってくると
花が咲き始めた

 
 
第2鉄塔で最後の休憩




   
スルガテンナンショウ:サトイモ科

多治見にあるテンナンショウと同じ




   
オトコヨウゾメ:スイカズラ科

優しい風情の花が咲いていた

コバノガマズミと似ているが、こちらはふわりとした感じ




   
  おやまあ、モノレールができていた

この下をくぐって、人家横の登山口へ降りる




 17:10  上の原登山口に到着

あらまあ、登山口の看板がずり落ちていた

南木曽駅発の電車は、17:58発

駅までまだあと30分舗装路を歩かなければならないが、
農道脇には、春の花がいろいろ咲いていて
楽しみながら歩ける




  
 ハルジオン:キク科

ピンク色のかわいい花




   
オオヤマフスマ(別名ヒメタガタデソウ)かな?:ナデシコ科

「どん坂のいぼ地蔵」周辺で見かけた花と同じ

農道の脇で、小群落を作っていた





山行記録(2011年〜現在まで)へ戻る