スリランカで     野鳥と花の観察


全行程 (2/3~2/11)

1日目 2/3 
出国→コロンボ→ニゴンボのホテルへ
2日目 2/4
ニゴンボ→ミンネリヤ国立公園へ
3日目 2/5
シギリヤ→ポロワッサのエコ・ロッジへ
4日目 2/6
ポロワッサ→ヌワラエリヤのホテルへ

5日目 2/7
ヌワラエリヤ→ヤーラのホテルへ
6日目 2/8
ヤーラ→シンハラジャのバンガローへ
7日目 2/9
シンハラジャのバンガロー→シンハラジャのホテルへ
8日目 2/10
シンハラジャ→コロンボ空港
9日目 2/11
→成田空港→中部国際空港→帰宅


 4日目 2月6日(火)   【ポロワッサ→ハクガラ植物園
                              
ヌワラエリヤのホテルへ】


   朝食前に、エコ・ロッジ周辺の野鳥観察
エコ・ロッジのスタッフの案内で出発 6:30

右側のロッジが昨夜の我が宿
こんなロッジがパラパラの間隔で立っている
お隣さんとは、かなりの距離

上ばかり見ていたら、「花が咲いていますよ」と教えてもらった
あらま、気づかなかった

カラー:サトイモ科
白い部分は「仏炎苞」 真ん中にある直立した部分が、花・・・肉穂花序(にくすいかじょ)
日本では黄色が一般的

コーヒーノキ:アカネ科
この実、マナスルツアーの宿で見て、名前を教えてもらった
どんな花だろうと検索してみたら、なんと!花は、これ  ↓  よく見かけた
近づくとい~い香りがする  
ん?この香りは?と思って周りを見回すとこの花が咲いていた
花はたった2日の命だって
 
   
   
   
   
朱色と緑が鮮やか~

   
3枚の花びらから首をもたげたような形  鳥にも見える

   
   
ユリ科かな?

   
 背丈30cm程
木の花

  
ジャックフルーツ:クワ科パンノキ属
この実もい~い香りがすることに気づいた

   
   
   
 近くの樹にこんな大きな鳥がとまっていれば、私のコンデジでもきれいに撮れる
一羽がとまっていました → そこへもう一羽が来ました →
二羽はすぐ気が合って愛を交わしましたとさ

そのほか観察できた花 ↓
   
   
   
   
 
   
 リキシャがやってきた

いったんロッジへ戻ってからレストランへ
これがレストランへ行く道

  
朝食 9:15

   
   
部屋へ戻って、パッキングの用意
荷物を外へ出してお迎えが来るのを待つ
左上  手作りの格子 タオル架けや棚も手作りだった
右上  布製のシュラフ
左下  テラス この策も手作り   右下  テラスから見える湖

   ヌワラエリヤへ出発
   
 ジープにバッグと7名を乗せて出発  10:30

約10分で、車の待っている場所へ
ドライバーのインディカさんは、ここで泊まったとか

   
 トイレ休憩を兼ねてスーパーへ
スーパー駐車場の傍の、ピンク色の花

「food city」=スーパーのこと  11:53
ここが入口

 
 
スーパーの外で、他の人を待つ
若い女性に、「どこから来ましたか?」と尋ねられて、少しの間おしゃべりをした

   
車の中から  あの黄色い花は何だろう??

  
ランチ場所は、急な坂道を降りた滝の見えるレストラン  13:57
帰りは、あの急な坂道を登るのかと思っていたら、シャトルバスに乗って登った

  
 ここも、ビュッフェ・スタイル  14:14
辛そうなものは敬遠して選ぶ

   ハクガラ植物園
 
 植物園入り口  ショートコースを歩くことになった  14:40頃

  
   
この面白い実、どこかで見た
花がこんなだとは知らなかった

   
標識は3色ある・・・とガイドのマンジェラさん
黒は、外国から来た植物
赤は、スリランカ固有種
もう一色は見つからなかった

  
日本由来の樹 THEACEAE=ツバキ科のことらしい

その他の花 ↓
   
   
   
   
   
   
   
   

鳥と猿も ↓
 
   
   
  
ホテルに着いた 17:20 
   
マイルーム
洗濯をしようとしたら、洗面ボウルの栓がない
フロントへ出かけてクレームを言うと、スタッフが2人来て、延々30分もかかって修理してくれた
今度はプッシュ式ではなく、レバー式になった

  
 夕食  19:30

 次のページへ

 トップページへ戻る