日本勤労者山岳連盟30周年記念
   天山山脈トレッキング・ハイキング
       (Eコース  天山ハイキングとイシククリ湖)
 
     (ハバロフスク〜アルマアタ〜カルカラキャンプ〜アルマアタ〜ハバロフスク)


前 日  8月 9日 
1日目  8月10日
 

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
8日目 9日目 10日目 全行程 あれこれ


前 日  8月 9日
新潟で花火見物

新潟空港集合が8:00なので、前日に新潟まで行くことにする。
多治見、8:12発。新潟駅、13:58着。約5時間40分の行程。

町ではちょうど花火大会があるというので、
日ごろ人ごみを嫌う我々も、旅先での時間を有効に使おうと花火見物に出かける。

1日目  8月10日
小さな飛行機でハバロフスクへ

7:12、予約したタクシーに乗って空港へ。
小さな空港である。

      
   新潟空港 小さい
    しかし、清潔で敏速ということが帰ってきてしみじみと思った

  

  これから搭乗  台風のため風が強い

窓ガラスの外には、アエロフロートが何機か待機している。9:40、搭乗。
飛行機の中はガソリン臭?か、くさいのには閉口する。
お世辞にもきれいとは言いがたい機内である。
9:57発。約10分で水平飛行に移る。
ハバロフスクまで約2時間・・・とのこと。

これがソヴィエトか・・・

11:00に昼食が出たが、おいしいのはソーセージのみ。
まあまあ食べられるのが、生サケ・ソフトサラミ・トマト・・野菜の類で、
ハムはまずかった。

  
   もうすぐ着陸 広々とした工作された大地
    

着陸態勢に移ると、広々とした耕作地、くねくねと曲がって流れる河が窓から見える。
11:45着(現地時間、13:45)。

小さな空港で日本人ツアーの客だけで満員。
ザックを取りにいくのも3人ずつくらい順番に通路を通って取りにいくはめ。

  
   外国人向けの空港

「プレゼント」と言われ・・・

ザックが出てくるのを待つ間に、少年が近寄ってきて
小さなバッジを差し出し「プレゼント」と言う。
「えっ??」と一瞬思ったが受け取ってしまった。

さあ、そうなるとお返しをしなければ・・・と思い、
あれこれ探すが適当なものがなく、
新潟で貰ったばかりの労山バッジを渡してしまった。

  
   ハバロフスク空港前 

バッジの正体

落ち着いてよく考えれば彼らはていのいい物貰い。
あちこちで「プレゼント」だの「チェンジ」だのを連発して交換している。

後でホテルの売店で見つけた彼らに貰ったバッジは
日本円にしたら1円ぐらいのものだった。

林さんによると、空港事務官らしい人に
厳しく追い払われていたと言うが、彼がいなくなるとまた群がってくるそうだ。

私ばかり狙って声をかけてくるので閉口する。

街中は年代ものの薄汚れた大きな建物ばかり

やっとザックが運び出され、それをトラックに積み込む。
Dコース・Eコース共にバスでインツーリストホテルへ向かう。
通訳はパシャ。日本語が達者でちょっと乗りすぎの感じがする公務員。


ハバロフスクの町は、大きな木立がずーっと左右に続き、
薄汚れた建物が並んでいる。
個人住宅は見かけず、大きな建物ばかり(それも年代物)。

  
   インツーリストのバスでホテルへ向かう
    Dコース28人 Eコース14人で

手続きに時間がかかる

ホテルはゴキブリホイホイホテル(パシャの言葉)ではなく
10階建ての外国人向けのホテル。

  
   ハバロフスク インツーリスト・ホテルで

フロントのロビーでまたまた待ち時間。
コンピューターが入っていないので
手続きに時間がかかるのだろうとのこと。

ホテルの中

照明はつけないので暗い。明かり取りの窓からの明るさだけ。
かろうじて文字が判別できるくらい。

外貨で支払う売店(ほんの小さなスペース)を見ても
品物はチープなプラスチックの髪留めのようなものばかり。

やっと手続き完了。
部屋割りの後、キーを貰う。林さんとの相部屋。もうこれで15:50。
エレベーターは「閉」がないので、閉まるのをじっと待っている。

能率・サービスとは無縁・・・

ザックが手元に来たのは17:00前。
部屋においてからフロアーでミーティング。
17:00〜18:00。

ザックが遅くなった理由は、
飛行機が着いたら運ぶのではなく、
1日2便分が着くのを待ってまとめて運び込んだから・・・
だそうである。気の長い話。

1分単位で時間は動かず、30分、1時間単位で動くようである。

  
    ホテルの部屋から眺めたアムール川
    泥色できれいとは言いがたい  
    ここで水泳もするとか

  
   ホテルの非常口から眺めたアムール川

役割の紹介

イーストコーポレーションの添乗員の野口さん
(後で野口さんの息子さんと判明)。
リーダーの安藤さん。
副リーダーの馬場さん。
A班、B班に分かれ、我々はB班。B班のリーダーは馬場さん。
医療・写真・記録・レク・事務局などの分担を決める。
この旅行の意義は・・・

『この旅行は労山30周年記念の行事であり、国際交流の1つである。
ソ連は、個人で気ままに旅行できない国で、当局の監視下で行動する。

副次的サービスをあまり期待してはいけない
日本は副次的サービスがいように発達した国である』
・・・と懇々とお説教があった。

  
 非常口から見た公園(多分)の噴水
  水は抜いた状態で時々出ている

お湯が出ない・・・

食事まであと1時間。
シャワーを浴びることにして林さんを先にする。
彼女が終わって次に入るともうお湯が出ない
聞くと「ぬるいお湯が出たよ・・・」と。

結局それで今日の分は終了になったらしい。
水でざっと汗を流してから出る。

シャワールームはこんな具合

シャワールームには、バスタブはなく、カーテンとレンガの床のみ。
シャワー口は高い所に固定してあって動かない。
石鹸は青色の3×4cm大が2個。泡立ちはよい。
コップは1個口が欠けている。
タオルも洗いざらしで色とりどりの寄せ集め
トイレットペーパーはざらざらした厚手のロール。

食事はこんな具合

食事は19:00〜。
ミネラルウオーターの瓶は、テーブルに置いてあるだけ全部
ウエイトレス(国家公務員?)が栓を抜いてしまう。
下痢の話を聞いていたので怖くて飲まないことにする。
シャンペンをこっそり頼む。ホテルだから手に入るとか。

水差しの瓶の底を見ると沈殿物
そこで「プリーズ、ホットウオーター」と頼むと、
ワゴン車の上へ置いてという身振り。

ワゴン車の上に乗せておくと、お湯を入れて
またもとの場所においてくれるが愛想はない。
ズラリと大小さまざまな水筒やテルモスが置かれているのは壮観である。

近くを散歩

空模様がおかしいので傘を持って出かける。
アムール川の川岸まで行ってみる。広い!!
向こう岸は見えるけれど湾のような具合。


こんな泥水で水泳なんてとても考えられない・・・。

川岸はどうも運動公園らしい。
運動をしているレリーフが門にはめ込まれているし、体育館もある。

車道と同じくらいの幅で歩道があり、
大きな木が植わっていて並木道になっている。
植えっぱなしでどんどん大きくなって
剪定なんて一度もしたことのないような大木ばかり

雨が降ってきたのでホテルへ戻る。21:00、まだ明るい。
民族舞踊のオプションが23:00からあるとかで
それまで一眠りのつもりが、とうとう起きれず寝込んでしまった。


次へ続く