日本勤労者山岳連盟30周年記念
   天山山脈トレッキング・ハイキング
       (Eコース  天山ハイキングとイシククリ湖)
 
     (ハバロフスク〜アルマアタ〜カルカラキャンプ〜アルマアタ〜ハバロフスク)


9日目  8月18日


1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
8日目 9日目 10日目 全行程 あれこれ


バスに乗る・・・支払いは?

起床、8:00。9:00の朝食後、2人でベリョースカへ(外貨専門店)。
トロリーバスに乗り、オートラルホテル付近へ行くことにする。
1人5ペイカを出口で払おうとすると、おじさんが「いいよいいよ」と手真似。
えっ?結局ただ乗りしてしまった
前払いらしいと聞いたが払う所なんてないし、
後払いの場所もない不思議な乗り物だった。

なかなか通じない

10:00過ぎているのに、並んでいる人だけでまだデパートは開いていない。
誰かに聞いてみようと、「スカジーチェ パジャールスタ(ちょっとお尋ねしますが)、
グヂェ ムイ ナボーヂムスヤ?(ここはどこですか?)」と言って地図を見せる。
何とか話せても聞き取りができない

日本語を勉強している女性に出会う

たまたま出会った女の子に聞くと、母親をつれてきてくれた。
そして、「私は日本語をテープで聞いて勉強しています
と言うことを英語で話してくれた。
うーんと、うーんと思い出す風で「こんにちは」と言ってくれた。
後は英語。ベリョースクの場所を聞くと、トウー ビルディングだって。

重いけれど本を買う

あった、あった。建物2つ先の2階に。分厚い本がずらっと並んでいる。
「パガジェータ ヴォット エータ(あれを見せて下さい)」とあれこれ出してもらって選ぶ。
文字が少なくて写真のきれいな物を探す。
「スコーリカ エータ ストーイット?(これはいくらですか?)」と聞くと、
ルーブルで書いてくれる。
安い安いと思ってレジへいくと、まずドル換算してから円換算
安くなかった・・・。5600円ほど。高いが日本並みか・・・と考えて買うことにした。

土曜日の午後はお店はお休み。ルーブルを使う所がない
ホテルへ帰る。

お別れ昼食会

14:30、下のロビーでバスが来るのを待つ。
ウラジミール氏は初めて時間に遅れる。
結局ナンバー『1』氏が来てパスポートの手続きをしてくれた。

バスで昼食会場へ。
豪華な会場。ソ連側スタッフも同席
本来なら、B・D・Eコースがそろうはずが,Dの姿はなし。
挨拶・挨拶・乾杯!!

いつまで続くのだろうと思っていると、ビクトル氏の誘いに乗って、
あっという間にリーダーと東京組が赤い車に乗って買い物に出かけてしまった!。
残されたものはあっけ!!

ところがまたまた変更があって、これから空港へ行くということになり人数不足のまま空港へ

B・Dコースと情報交換

空港にはDコースの人たちがいて、1時間ほど前に着いたとか。
もちろん昼食なしで。
いろいろ情報交換をして分かったことは、
・ 天候が悪く私たちがイシククリ湖へ飛んだ日は、ヘリは飛ばずじまい。
・ 次の日も待機。
・ その次の日にやっと飛んで、氷河へ少しの間下りて、またすぐとんぼ返りだった・・・とか。

飛ばないといっても、まだかまだかと待機しているので
ハイキングへ行くこともできなかった・・・とか。

散々だったんだ・・・

BコースはBコースで、カルカラの出発が送れ、
飛行機に間に合わず、空港で夜明かし。
次の日はホテル泊となったが、
3日に1度しか飛行機が出ないので市内観光をして待っていた・・・と。

ハイキングが1日できなかったとぶつぶつ文句を言っていた
Eコースの我々がなんだか後ろめたい気分になってきた。

ハバロフスクへ

19:25離陸。
イルクーツク、22:40着。00:05発。
ハバロフスク、翌日の03:25着。


次へ続く