~565mの亜熱帯から、ラルキャ・ラ(ラルキャ峠)5160mを越えて~
   マナスル一周トレッキング(テント15泊)


全行程
1・2日目10/18・10/19 出国~カトマンズへ 3日目10/20 アルガートバザールへ
4日目10/21 トレッキング①ラプベシへ 5日目10/22 トレッキング②コーラベシへ
6日目10/23 トレッキング③ジャガットへ 7日目10/24 トレッキング④フェリムへ
8日目10/25 トレッキング⑤ビヒ・フェディへ 9日目10/26 トレッキング⑥ナムルーへ
10日目10/27 トレッキング⑦ローへ 11日目10/28 トレッキング⑧サマへ
 12日目10/29 サマ滞在氷河ハイキングへ 13日目0/30 トレッキング⑨ソムドゥへ 
14日目10/31 トレッキング⑩ダラムサラへ  15日目11/1 トレッキング⑪ラルキャラ~ビムタンへ 
 16日目11/2 トレッキング⑫ティリジェへ 17日目11/3 トレッキング終了ダラパニへ  
 18日目11/4 カトマンズへ移動 19・20・21日目11/5・6・7 予備日・出国・帰国 


   18日目 11/4(土) カトマンズへ移動
   ダラパニ(1963m)→カトマンズ(1400m)ホテル泊

 5:45 カトマンズまでは遠い  早い出発のため、早めの朝食


 6:18頃、四輪駆動車が4台やってきた
6:28 スタッフたちは、荷物の積み込み
我々は、車と同乗のメンバーをくじ引きで決めた
4台目 北海道と栃木県の女性と一緒
トレッカーは助手席1人・後ろ2人と、ゆったりした配置
籾山さんとスタッフたちは、荷台へ


まだ古びていない新しそうな四輪駆動車で出発 6:45
舗装は勿論していない
猿投山の帰りに、オフロードを走っているバイクや車に出会ったことがあるが
あの道と同等かそれ以上の凸凹道
座席に座っていても、揺られに揺られて、ハンドグリップにつかまっている手がしびれてしまった・・・


 8:15 途中休憩で、車外へ出たはいいが、まっすぐ歩けない
しばらくの間、地面が揺れているような妙な感じを味わっていた
荷台に乗っていた人たちは、我々以上にきつかっただろう・・・



Water Fall Restaurantの前で休憩

ここをクリックすると大きく見えます
レストランの名前通り、大きな滝が谷の向こう側に見えた


  休憩時に周りを見ていると、紫色の花が目に付いた  花の長径2cm程
ハグロソウの仲間:キツネノマゴ科
下唇の上に雄しべ2本と雌しべ1本が乗っている面白い形↑
8日目(10/25)には、この花の1/3くらいの小さな白いハグロソウ↓に出会っている



10:45
チェックポイントで手続きをしてもらってる間、トイレを拝借した
そこで変わった黄緑色の花(よく見るとつぼみのようだった)を見つけた
調べ中

   
 
 これもチェックポイントの玄関先に咲いていた
木の枝の股に花が咲いていた  
パパイヤの花らしい:パパイヤ科


   
 11:20
四輪駆動車はここまで
ここからツーリストバスに乗り換える
「要らない荷物は、バスに乗せておいてもいいよ」
と言われたので、適当に座席の上へ置いておいた
ランチ場所は、このすぐそばだと思って
軽い気持ちで歩き始めたが、なかなか着かない
坂道を登って、
どんどん行った町並みの中のお店がランチ場所
こんなところで歩かされるとは予想外だった


ベシサハールの町並み
バスに乗って、ランチ場所の前まで
乗せて行ってくれればいいものを・・・なんて思った
実際、このお店の前まで四輪駆動車で送ってもらった
グループもあった

 
   
 ネパールの国民食 ダルバート


12:12
さっきのバスが来るのを待つ
通りが混雑しているので、
バスを待たせておくにはいかないらしいと分かった
さあ、カトマンズに向かって出発~と思ったら
ガイドのテンジさんが乗っていなかった!
彼を乗せて出発


   
16:50  途中休憩の場所で、鮮やかな黄色い花を見つけた
調べ中  
ホテルのそばにも咲いていたから、庭木かな?


 
 19:35
ホテル「ヤク&イエティ」に到着
6:45に出発したので、約13時間の移動時間

記念撮影・お別れの握手の後、スタッフ達とはここでお別れ
(パトナさんは空港まで見送りできるって)


   
夕食は、日本食レストラン「古都」へ
「サパナ」のツアーでは、毎回美味しい日本食だったので
カトマンズへ帰ってからは、日本食以外の食べ物をリクエストしたが
今回は、おいしい日本食を食べたくて仕方がなかった
他の人は皆、「スキヤキ定食」を希望したが、
ネパールで牛肉?美味しいかどうか不安だったので、「串揚げ定食」を希望したところ
「串揚げ」と「焼き鳥」がてんこ盛り!
とても食べきれず、パトナさんに貰っていただきました


  
 21:10
久しぶりのシーツのあるベッド
さて、お風呂に入ろうと思ったら、バスタブなし シャワーのみ
ま、年中シャワー党の私だから構わないけれど、シャワーの調子が良くない
手が届かない高さにシャワーヘッド1つ
その少し下(手の届く高さ)に1つあったが
上と下のシャワーヘッドの切り替えができず、
上からは径1cm程の水がそのまま落ちてくる(シャワーにはなっていない)ので痛い!
下のシャワーヘッドは直径10cm程  一応シャワーになって出てくるが勢いが弱い

ま、ここまでは仕方がないとあきらめたが、シャワー室部分と洗面所の間には
下の方が30cmは空いたシャワーカーテンだけ   縁の高さは1cm程
こんなんではシャワーのしぶきは殆んど洗面台近くまで飛んで、床はびしょぬれ!
このシャワーを2晩も使うかと考えるとげんなり・・・

翌日、他のメンバーの話を聞くと、皆バスタブ付きの部屋だったとか
笑い話で、「バスタブのお湯が黒くなった・・・」「髪の毛がたくさん抜け拾いたくなった・・・」
「抜けた髪は、ピンクッションができるほどの量だった・・・」などなど
幸い、シャワーしかなかった私は、その悲惨な場面を見ることはなかった

  次のページへ